その他健康

若々しくあるために!

若さ・健康を保つには、身体の隅々まで血液がたっぷりと流れる身体をつくる事が必要です。
少しでも老いを遅らせ、若々しくいられるようにと、願っている方たちのアドバイスになれば幸いです。



全て表示する >

若々しくあるために!

2004/11/30

♪^^^^^^^^^^^^^^^^^^

          若々しくあるために!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^♪
女性も男性も、「若々しく歳を重ねたい」「いつまでも若くありたい」
と、願う気持ちは変わりません。 その為には血液をサラサラに
し、身体の隅々まで血液がたっぷりと流れる身体をつくる事が必要です。

ここでは、「サラサラ血とは?」「どうすれば良いのか」
「ドロドロだと?」など、少しでも老いを遅らせ、若々しくいられるよう
な「血」の作り方をお伝えしたいと思います。

          ^^^^^^^^^^^^^
・血液の状態。

血管がちゃんとしていなければ、サラサラ血は流れません。
血液は心臓を起点として、身体の隅々まで送り出されてはまた、
心臓に戻ってきます。 その間、大動脈・小動脈・毛細血管などの
太さも長さも違う様々な種類の血管を通ることになります。
まず、この血管が丈夫で長持ちしなければ、血液はサラサラとは
流れません。

血管は、柔軟性と伸縮性に富み、元来はとても丈夫な組織。
しかし、それも年とともに失われて硬くもろくなっていきます。
この状態が動脈硬化です。
動脈硬化といえば、老化現象の代名詞みたく言われていますが、
実際には、食生活・運動不足、ストレスなどが原因で若年の人にも
見られています。

動脈硬化が起こると、血管が切れたり破れたりします。
そして、血液中にコレステロールや脂質が多くなると
高脂血症となり、コレステロールなどの脂質が血管の内壁に
付着し血管を狭くするとともに、血管の柔軟性が失われるのです。

動脈硬化が進行すると、動脈の内側にある内皮細胞が傷つけられ、
これを修復しようと凝血作用が起こり血の固まりが出来ます。
これを血栓と言います。 血栓はサラサラ血の大敵です。

血栓は、小さいうちは傷口をふさぐ働きをしますが、
その一方で凝固抑制作用も働くので、傷が修復されれば
溶けてなくなってしまいます。 ところが、動脈硬化を起している
人の血液はドロドロ血ですので、粘り気が強く固まりやすい状態
です。 ですから、血管壁はいつも傷がついていて、血栓ができたり
それが溶けたりを繰り返すのです。

♪サラサラ血のために♪

・脳を目覚めさせれば、身体も血管も起きます。
そのためには、朝食をきちんと摂らなければなりません。
脳は、皮下脂肪として保存されていたような古いエネルギーは
使いません。 食べたままグリコーゲンになったフレッシュなエネルギー
しか利用出来ないのです。 つまり、朝食を食べないと午前中の脳は
栄養不足! これでは、脳からの指令で働く全身が目覚めきれず、
血液がサラサラと流れる状態は出来ないのです。

・全身運動であるウォーキングを日課にするのも良いでしょう。
手荷物を最小限にし、運動靴に履き替え歩きます。
ウオーキングすることで、血液中の余分な脂肪も消費し、
ドロドロ血を解消出来ます。 さらに血行を促進し、血液の
流れが速くなり、サラサラと流れる効果もありますよ。

        ※コツ※
ウオーキングは、自分のペースで。
周囲の景色を見る余裕をもって、面白いものを見たら笑えるニコニコペース
で歩きましょう♪ 慣れてきたら、自分なりのフォームを作るのも良いでしょう。
日ごろから運動不足の人は、普段より多めに歩く事を心がけてくださいね。

       ※ポイント※
週3回・1回20分が目安です。

       ※注意※
無理をせず、その日の体調に合わせて歩く事が大事です。

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
配信者          risa

アドレス   nazearaiguma@infoseek.to

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-10-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。