健康・家庭の医学

「幸運と成功を引き寄せる潜在力の生かし方」

人生を成功に導くための、日常生活での具体的方法をやさしく、楽しくお伝えします。心の法則、自己啓発の方法、ストレスの癒し方、瞑想法、脳トレ、ビジネスに応用するイメージ・トレーニング、朝夕の心得など。

全て表示する >

「幸運と成功を引き寄せる潜在力の生かし方」

2005/01/14

 ************************************************************
   テキスト型メールマガジン 毎週(火)発行

  ┓…[第12号]…            ┏
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
→→「幸運と成功を引き寄せる潜在力の生かし方」←←
  ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
  ┛                   ┗
 ************************************************************

以前、目の前に起こる現象は良いも悪いもなく、
全て無色中立ということをお話ししました。
このことは何度言っても言いたりないので、
今日は例をあげて説明しようと思います。

例えば、今あなたが電車に乗っているとします。
いつの間にかいねむりをして、降りる駅を乗り過しました。
目の前に起こる現象、という点からいえばこれは無色中立で、
ただ乗り過したというだけのことです。

ところがここで、「しまった。急いでいたのに」とか、
「チェッ、何をやってるんだオレは」とか、ネガティブな思いが出てきます。
こういう否定的な思いからは否定的な結果しか生じません。

一方、肯定的に考える人は、例えば「ここで乗り過したということは、
何か意味があるのだろう」と思ったりします。
そこには否定的な気持ちはなく、平静でいるでしょう。
そして次の駅で降りたとき、会いたかった人にバッタリ会ったり、
必要な情報を発見したりするのです。
シンクロニシティが起こる可能性が増えるのです。

実は、これはただの話しではなく、世の中はそのようにできています。
私たちの周りに起こる出来事は上の例から推察できるように、
他のあらゆる出来事とつながっています。

従って、私たちが現実に過している人生というものは、
無限にある可能性の中から、選び出しているということです。


==[PR]=======================================================
 ※お申込みはこちら↓でお願いいたします。

【まぐまぐ】http://www.mag2.com/m/0000141278.htm
【melma!】http://www.melma.com/mag/21/m00125521/
【Macky!】http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=4033

==[PR]=======================================================
「メルマガを宣伝しましょ!」 
 貴メルマガの紹介文を下記メールまでお送り下さい。
               --------------------------------------
                  <相互メールマガジン紹介募集中!>
       「相互紹介」でmusic@jila.co.jp 迄、ご連絡ください。
               --------------------------------------
==============================================================
■また今号の配信が遅れました事をお詫びいたします。m(_)m
==============================================================
「幸運と成功を引き寄せる潜在力の生かし方」
 発行/編集:国際芸術連盟
 東京都新宿区新宿1-34-8 新宿御苑前ビル2階
【ご意見・ご希望・ご感想はこちらへ】music@jila.co.jp
 http://www.jila.co.jp 
 発行人/編集人:服部和彦
==============================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-10-15  
最終発行日:  
発行周期:毎週火曜日発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。