ボランティア

祭前夜

戦争のない新しい時代の創造者は私たちです! 一歩づつ平和を実現していくための情報を届けます。

全て表示する >

〔祭前夜〕vol.6

2005/01/05

                      2005-1-5_ vol.6
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
    日本平和委青年委員会  MAIL MAGAZINE
          ☆ ☆ 祭 前 夜 ☆ ☆
       http://blog.melma.com/00125334/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◎全国106人にお届けしています

みなさんはどんなお正月を過ごしましたか?日一日と膨らむスマト
ラ沖地震&津波の被害の大きさに、素直に「あけおめ」とは言えな
かったのが正直な気持ちですが、とにもかくにも新しい年が始まり
ました。今年もよろしくお願いします。一日も早く地球上のすべて
の人におだやかな暖かい春が訪れますように。(ゆ〜じん)

【目次】
◆青年委員からメッセージ
◆インドネシアスマトラ島沖地震・津波緊急支援募金

============================================================
◆青年委員からメッセージ(青森・しゅん)
============================================================

PEACE Egg 2004 AOMORIから、100日とちょっとが過ぎました。「帰
ってからがピースエッグ」してますか? 現地事務局は報告集づく
りをがんばっています。エッグ参加の皆さんには、報告集の前にハ
ートフルなお届けものがあります。楽しみに待っていて下さいね。
日本平和委員会青年委員会は、12月に『9条の会』事務局長の小森
陽一さんを招いて、憲法が世界で果たす役割や、僕たちの世代にと
っての憲法、9条を守るためにどういう運動が大切か、ということ
を学びました。
ほんとにたくさんの人の力で、しかもディフェンスではなくて9条
で攻めていかなきゃと思うんです。オフェンスで大事なのはまずチ
ームワーク。そして一人ひとりが力を発揮することだと思います。
「9条ってこんな力があるんだ!」とか「自分も何かしたい!」っ
ていう思いを広げていく仲間をどんどん増やしていくこと、自分に
できる、人の心に届くやりかたで無尽蔵にやっていきましょうよ!
青年委員会のメンバーは、チームのひとりとしてめちゃめちゃ頑張
ります。みんなの頑張りや経験を教えてくださいね。

▼▽ 平和新聞の、小森陽一さんと高遠菜穂子さんの憲法対談は必
読です! 新春特別号と新年第二号で連載中 ▽▼
◎新聞申込みは日本平和委員会、またはお近くの平和委員会まで
tel03-3451-6377 fax03-3451-6277 E-mail:info@j-peace.org

============================================================
◆インドネシアスマトラ島沖地震・津波緊急支援募金
============================================================

JANIC(国際協力NGOセンター)http://www.janic.org/のメルマガ
「国際協力NGOナビ」http://www.janic.org/otayori.htmlから、
緊急支援に関する情報を抜粋・転送します。

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  国際協力NGOナビ 2004/12/28 号外
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■あなたの気持ちをぜひ形に!!
◎インドネシア・スマトラ島沖地震 緊急支援情報
http://www.janic.org/sumatra.html

災害が起きたとき、「現地に行って活動したい」と思う方は多いと
思います。しかし、開発の知識、経験に加え、現地の人々とコミュ
ニケーションが取れない人が行っても、逆に足手まといになってし
まうのが現実です。例えば、その人のために道案内や通訳が必要に
なるように。
国内の被災地支援であっても、現地に来るボランティアは多いが、
その人々をチームとしてまとめられる人の不足などが指摘されてい
ました。
では、日本にいる我々にできる事は何でしょうか? それは「プロ
フェッショナルを信頼して、自分の気持ちを託す」ことです。具体
的にはプロフェッショナル=NGO(ま、赤十字でも良いですが)が
一番必要とする、現地での活動資金を集めることになるでしょう。
緊急支援には渡航費を含む交通運賃や食糧/医療物資の購入など大
きな経費がかかります。1人でも多くの方の生命・生活を守るため
には、相応のお金が必要なのです。
しかし、多くのNGOは、突然の災害に使えるような資金をプールし
ておく余裕がありません。走りながらお金を集めなければいけませ
ん。
1000円でも良いのです。あなたの寄付は、現地の人々と共に活動す
るNGOのきめ細かい支援活動に必ず活かされます。
JANICのウェブサイトでは、情報を随時アップしていきます。
ぜひご覧のうえ、あなたが信頼できると思うNGOを通して、あなた
の気持ちを現地の人々に伝えて下さい!

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
今日の一歩は明日につながる そんな気持ちを語りたい
        ☆ ☆ 祭 前 夜 ☆ ☆
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【発行】日本平和委員会青年委員会
【編集】siohigari
mailmagazine@j-peace.org
◎感想や、要望など寄せてください。一緒に作りましょう。
読者の皆さんから寄せられたメールは、事前の告知なく掲載させて
もらうことがあります。匿名などの希望があれば、明記してくださ
い。また、掲載を望まれない場合も、そのことを明記願います。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
☆ぜひ平和委員会の会員になってください。
平和委員会は、会員が主役。47都道府県で活躍する平和NGOです。
http://j-peace.org/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-10-08  
最終発行日:  
発行周期:月1以上  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。