日本語

日本語って難しい? やさしい?

「外国人からの質問」「気になる日本語」「これってどういう意味?」など、日本語に関する様々な話題を紹介したり、読者と一緒に考えたりする読者参加型マガジンです。また毎回ことばに関するクイズも出していきます。

全て表示する >

日本語って難しい? やさしい? 第416号

2004/03/11

       ▼『日本語って難しい? やさしい?』はここから ▼
■*****************◇***********************************◇****************■
     『日本語って難しい? やさしい?』〜 Let's study Japanese!〜
               【2004年3月11日(木)第416号】
□------------------------------------------------------------------------□
 注:このメールマガジンは等幅フォントに設定し、全角38文字(幅)でご覧下さい。
■------------------------------------------------------------------------■

  あれやこれやと忙しくしており、先週はとうとうMMを配信できず、今週も既に週
の後半になってしまいました。楽しみにしてくださっていた皆さん、申し訳ございま
せんでした。

★///// ことばクイズ「間違いさがし No.45」////////////////////////////////

 ・次の慣用句にはそれぞれ間違いがあります。正しい言い方にしましょう。
 
  1.寄ると集まると  2.頭に留める     3.一目と見られない

  4.論議を醸す    5.頭を突き合わす   6.顎であしらう

/////////////////////////////////////////////////////// 解答例は最後 /////

★目次★
  
  冒頭.ことばクイズ「間違いさがし No.45」

   1.シリーズ「気になることば」(No.76)
     「〜が〜していただく」〜【うららさん、中村光男さん】

   2.反響メール
     (1)「主体性」について4〜【TOMさん、midokaさん】
     (2)「沈黙は金」について〜【nabeさん、地方在住者さん】

   3.お知らせ・・・しばらく休刊します

-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-

★1
  シリーズ「気になることば」(No.76)

  当MMのサポートサイトの掲示板にいただいたご質問とご意見をご紹介します。

 「〜が〜していただく」
 --------------------------------------------------------------------------
 【うららさん】の書き込み                   (1月28日)

 前からずっと気になっている言葉で、「〜が〜していただく」というのがありま
 す。例えば、「今日はたくさんの方が来ていただいてます」とか、「これは、○○
 さんが書いていただいたレポートです」とか、こういう言い方する人、結構多いん
 です。

 私は、「していただく」なら「〜に」ではないかと思うのですが。教えていただけ
 れば幸いです。

 --------------------------------------------------------------------------
 【中村光男さん】の書き込み                  (2月16日)

 うららさんが例にあげていらっしゃる2点は、私もおかしいと思います。
 「〇〇さんが書いていただいたレポート」では、〇〇さんが誰か他の人に頼んで書
 いてもらったことになってしまいますからね。

 これらはいわゆる「サボり敬語」の一種ではないでしょうか。「来る」を「いらっ
 しゃる」「おいでになる」「お越しになる」などと言い換えることがとっさにでき
 なくて、「来ていただく」で済ましてしまう。それを繰り返し使ううちに、おかし
 さを感じなくなってしまう。といった経緯を想像いたします。

 ただ、「〇〇に、〜していただく」という言い方だと、話し手が〇〇さんに、「お
 願いして」してもらった感じがするので、単に「〜が」を「〜に」に直すよりは、
 「〜していただく」のほうをそれぞれ直したほうが良いように思います。

 --------------------------------------------------------------------------
                            (以下、かつみーこ)

  私も最初は、うららさんがご指摘のように、「に」との言い間違いだと思ってい
 たのですが、テレビ等で少しこうした言い方を観察してみたところ、中村さんのお
 っしゃるように、「〜ていただく」のほうの問題とも考えられるなぁと思えてきま
 した。ただ、話者の気持ちを察すると、中村さんがご指摘の「サボり敬語」の可能
 性の他に、「〜てくださる」と言いたいのかもしれないとも感じました。

 ☆★☆ うららさん、中村光男さん、書き込みありがとうございました ☆★☆
-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-

★2
  反響メール

  (1)「主体性」について4        【関連号:第411・413・414・415号】
 --------------------------------------------------------------------------
 【TOMさん】からのメール

 なかなか楽しい議論になってきましたね。反論というより、こういう論議は日本人
 や日本語の理解の上で意外と重要なことかもしれません。

 前回のコメントの中で私が触れたアジアでの会議ですが、実はひとつ気付かされる
 ことがあるのです。例えばインド人。実は彼らは日常においては日本では想像でき
 ない言論の制限があると聞いたことがあります。つまり社会的な背景の角度から見
 た「主体性」ですね。同時にいわゆる「識字能力」の問題、つまり教育問題です
 ね。「主体性」を「自己主張」という表面だけの問題でなく、もう少し広い考えで
 感じてみることも必要でしょう。ちなみに日本の「識字能力」の達成割合は世界で
 もトップに近いはずです。

 ところが「アイデンティティ」、つまり「自分が他の誰でもない自分自身であるこ
 と」を自覚し、表出する能力については日本の教育は非常に遅れているように思い
 ます。「自己表現能力」とでもいいますか…。最近教育界でやっと一般用語として
 普及してきた「個性の尊重と育成」は、それでもまだ産声の段階ではないでしょう
 か? 自己のオリジナリティが中々見つけられず、周りを見渡して自分が平均の中
 にいることで安心するというのは日本の国民性という考え方でもあるでしょうが、
 社会的な、あるいは日本の教育があえて進めてきた意図の延長線上にある姿ではな
 いか感じたりもします。用意された項目から選択することだけが意思表明の方法で
 ないことは当然なのですが、それを先に出すか後にするかという工夫は今後あって
 いいかもしれませんね。

 例えば先のような複数の国々での議論の場では反対であろうと、異質であろうと、
 その人の発言は 100%尊重されます。逆にかつみーこさんが紹介されていたように
 沈黙している人に対する批判の目は確かに存在すると私は思います。日本人の社会
 では大勢を占めた意見に反論する存在をその後も根強く「村八分」にする傾向が強
 いですが、海外などでの国際会議では大激論の場で正反対の意見を持つ人が会議が
 終われば抱擁を交わし、歓談をしながら共に食卓を囲む姿はごくごく当たり前の風
 景です。

 「主体性」とは何だろう? という話はこれからの日本人のあり方を考える上でと
 ても興味深い話題ですね。

 --------------------------------------------------------------------------
                            (以下、かつみーこ)

  さて、この件に関連して、【midokaさん】からは「主体性」ということばの本来
 の意味とこれまでの議論について考えるご意見をいただきました。

 「主体性とsubject」
 --------------------------------------------------------------------------
 【midokaさん】からのメール

  こういう問題に潜む普遍的な問題を指摘しておきます。

 使いにくい言葉は多くの場合、明治時代に欧米の言語を翻訳するために発明された
 単語である場合が多いのです。この場合「主体」は「subject」の訳語で、「客体
 ―object」と対になって、きちんとした意味を持ちます。もちろん、学術文献の中
 で使うために考案された語です。

 しかし「主体的」とか「主体性」とかに応用されて現実に会話や柔らかい文章でも
 使われるようになれば辞書的意味とは離れてしまい、シソーラスで確率論的に分析
 するしかない用法が生まれます。ですからこういう単語はその語だけをいくら取り
 上げてもあまり生産的な議論は成り立ちません。

 二字漢字熟語を使いにくいと感じたときは多くの場合、もとになる西洋語があり、
 それが多義語である場合が多いので、必ず和英辞典と英和辞典を参照して中心の語
 感を自分で掴むようにするといいと思います。

 --------------------------------------------------------------------------
                            
  ☆★☆ TOMさん、midokaさん、メールありがとうございました ☆★☆
============================================================================

  (2)「沈黙は金」について

  第415号、「主体性」についての私(かつみーこ)のコメントで「日本には『沈
 黙は金』ということわざもあるくらいですから、…」と書いた部分があったのです
 が、それについてメールをいただきました。
            
 --------------------------------------------------------------------------
 【nabeさん】からのメール

  これを言ったのは、古代ギリシャのデモステネスという人らしいです。「沈黙は
 金」の後に、「雄弁は銀」という言葉が続くのですが、当時は銀本位制で、金より
 も銀の方が価値が高かったので、沈黙もそれなりに価値があるが、雄弁のほうがも
 っと価値があるという意味なのだそうです。へぇ〜!
      
 --------------------------------------------------------------------------
                            (以下、かつみーこ)

  他に、【地方在住者さん】からも「『沈黙は金(、雄弁は銀)』は西洋のことわ
 ざです。英語ではSilence is gold(en).」というメールをいただきました。ありが
 とうございました。

  「沈黙は金」を日本のもののような書き方をしてしまい、すみませんでした。日
 米の比較の中で、日本では(アメリカに比べ)沈黙が重んじられているということ
 が書きたかったわけですが、適切な表現ではありませんでした。

  日本では、「沈黙は金、雄弁は銀」は雄弁よりも沈黙のほうがまさっているとい
 うたとえで使われていますが、nabeさんの情報からすると、元の意味では雄弁のほ
 うが価値があるとされていたようですし、英語では "Speech is silver, silence 
 is gold."(「雄弁は銀、沈黙は金」)の語順で言うということは、西洋社会の中
 では今でも雄弁のほうが価値があるというたとえで使われることもあるのでしょう
 か。

  さて、前回コメントで書いた沈黙の日米比較の話について、少しご質問をいただ
 きましたので、最後に、参考までに東照ニ著『社会言語学入門』から引用しておき
 ます。
  ........................................................................

  …特にアメリカでは沈黙は否定的なサインと考えられているようだ。
   沈黙というのは物理的にはなにもない時間的空間なのだが、アメリカ社会で
  は、沈黙することによって相手に否定的なメッセージを伝えようとし、また相
  手も否定的なメッセージを受け取ることになる。実際、社会言語学者のタネン
  (D.Tannen)は「沈黙は同意できないという意思の極度にはっきりした表明」
  (extreme manifestation of disagreement)といっている。 
  ........................................................................

   ☆★☆ nabeさん、地方在住者さん、メールありがとうございました ☆★☆
============================================================================
           ご意見やご感想、ご質問などはこちら
                  ▼
 ----------------------------------------------------------------------
 ☆【書き込み】■ 掲示板 ■(*メールアドレスの記入は任意です)
  サイト『日本語って難しい? やさしい?〜 Let's study Japanese!』
    http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/5504/    

 ☆【メール】katsumieko@sings.jp (かつみーこ)
 ----------------------------------------------------------------------
       ☆★ サイトでバックナンバーも検索できます ★☆
-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-

★3
  お知らせ

 ・休刊のお知らせ

   誠に勝手ながら、都合により、しばらく休刊いたします。ご意見やご感想、ご
  質問は当サイトの掲示板(上記)へお書き込みいただければ幸いです。メールで
  ももちろん結構ですが、すぐにお返事が出せないかもしれません。ご了承くださ
  い。     
 
                      発行者:かつみーこ m(_ _)m
===========================================================================
///// ことばクイズの解答例  ///////////////////////////////////////////////

  1.寄ると【触ると】 2.【耳】に留める   3.【二目】と見られない

  4.【物議】を醸す  5.【ひざ】を突き合わす  6.【鼻】であしらう

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆ 皆さんの投稿やご感想、ご意見などをお待ちしております。その際、掲載される
 可能性があることをご了承の上、ハンドルネーム等をご明記ください。また掲載は
 困るということであれば、その旨お書きください。
  掲載に際して事前にご連絡を差し上げておりますが、記号の変更や誤字・脱字の
 訂正などの編集については、最終チェックの段階で事前にご連絡できない場合があ
 ることをご了承ください。無断で投稿内容を変更することは一切ありません。

★ 発行に際し、誤字・脱字等十分気をつけておりますが、もし見つけられた方がい
 らっしゃったら、ご遠慮なく発行者までご連絡ください。

★☆ 当メールマガジンは、「読者とともに考える」を基本姿勢に、楽しく役立つ
  メールマガジンを目指しております。ご協力よろしくお願いいたします ☆★

★★  このメールマガジンは、
    『melma』http://www.melma.com/ を利用して発行しています。
 
       ★ ご協力ありがとうございます m(_ _)m ★
★重要★ 
  メールマガジンの解除は、下記のURLからご自分で行ってください。
 (注:登録時のメールアドレスを打ち込まないと、解除されません)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
  電子出版:『日本語って難しい? やさしい?〜Let's study Japanese!』
     
  発行者:かつみーこ  

  『協力』(マガジンID)⇒ 登録変更・解除URL:
    『melma』( m00012422 )⇒ http://melma.com/mag/22/m00012422/ 

  ご意見・ご感想・ご質問:katsumieko@sings.jp
             http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/5504/

   ** 転載、複写などの際はご連絡ください。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

▼以下は広告

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-06-20  
最終発行日:  
発行周期:毎週月曜日  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。