環境

JSPB NEWS★LETTER

(財)日本鳥類保護連盟のメールマガジンです。季節や自然の情報、野鳥を中心とした保護活動情報、中国トキ情報、機関誌紹介、本部主催の自然観察会や環境教育イベント情報、各地で開かれるイベント情報などを紹介しています。

全て表示する >

自然とともに、野鳥とともに… vol.60

2005/03/15

◇◆◇自然とともに、野鳥とともに…──────────────────
   JSPB MAIL NEWS vol.60           2005. 3.15発行
                        http://www.jspb.org/
───────────────────────────────────
今回の内容:
▽調査室スタッフ交代について
▽全国野生生物保護実績発表大会記録
▽特定外来生物等の選定についてのパブリックコメント
▽機関誌「私たちの自然」3月号


▼調査室スタッフ交代について─────────────────────
2月をもちまして調査室 室長・矢作英三と調査研究員・本村健が退職
いたしました。3月より村井英紀と井上武亮が調査研究員となりました。
どうぞよろしくお願いいたします。


▼全国野生生物保護実績発表大会記録──────────────────
昨年12月に実施しました,第39回全国野生生物保護実績発表大会の記録が
出来上がりました。ご希望の方に無料(送料別)でお分けいたします。
また.第33〜38回の大会記録(発表内容)の在庫もあります。これらを
ご希望の方は,送料分の切手(1冊/140円,2冊/180円,3〜5冊/210円)
を下記担当までお送りください。
 担当:井上(雅):inoue@jspb.org


▼特定外来生物等の選定についてのパブリックコメント──────────
2月3日より環境省・農林水産省にて募集していました「特定外来生物等の
選定に係る意見の募集」について,当連盟では下記の通り意見を提出いた
しました。

1 意見の対象となる種
 ソウシチョウ、ガビチョウ、カオグロガビチョウ、カオジロガビチョウ

2 意見の概要
  基本的に指定に賛成。但し、ソウシチョウ、ガビチョウには異論はあり
 ませんが、他の2種を指定をするのであれば、むしろ、インドクジャク、
 ワカケホンセイインコ、ハッカチョウを含めるべきと思います。

3 意見および理由
・カオグロガビチョウは、1980年代は各地で観察されていたが、近年は
 分布域が縮小、余り見られなくなった。
・カオジロガビチョウは、群馬県の一部のみで確認され、分布が限られ
 ている。
・インドクジャクについては、細かく審議された経緯があるが、現在、
 環境省・沖縄県・沖縄県立博物館・琉球大学が八重山諸島におけるイ
 ンドクジャクが生態系に与える影響調査が進められている。日本全体
 から見れば限られた範囲であるが、八重山諸島は日本有数の希少動物
 の生息地であり、その影響は甚大なものがあると予測できる。調査の
 結果を待ち、是非指定をしていただきたい。
・ワカケホンセイインコは、東京都を中心に増え続けている。森林性移
 入鳥類ではないため、自然生態系への影響は少ないと思われがちだが、
 都市の生態系への影響は大きいと思われる。樹木への影響(花や実を
 大量に食し、幹に穴をあける。)、ムクドリやシジュウカラなどの
 繁殖環境の競合する在来種への影響が当然予測できる。

◇この意見に対するご質問・お問い合わせ:
 担当:坂本:sakamoto@jspb.org


▼機関誌「私たちの自然」3月号 ────────────────────
主な内容:
・「野鳥保護のつどい」にむけて:宮崎県の自然 第2回
 御池のカモたち/上谷川則男
・観察しよう:高尾の1年 第10回/うじいえきえこ
・市民を主役にした自然保護 福島潟/小松隆宏
・生きものつながり雑学コーナー:エナガ・ウメノキゴケ・クモ類
・シリーズ「猛禽類との共存をめざして」第1回/由井正敏
・(イラスト)海岸に舞う3 ズグロカモメ/箕輪義隆
・ジュニアのぺぇじ:春の市街地 ツバメ/川内 博
・第39回全国野生生物保護実績発表大会報告

きれいなキレンジャクの表紙です。
目次など詳細は下記サイトをご覧ください。
 ○2005年3月号目次:
  URL:http://www.jspb.org/watazen/watazen2005/200503contents.html
 ○私たちの自然について:
  URL:http://www.jspb.org/watazen/watazen.html


◇編集後雑記─────────────────────────────
先日、オオタカの生息調査に参加してきました。日の出前から野外に立ち、
雨が降っても雪が降っても休むことはありません。なかなかハードな仕事
ですが、希少な猛禽類や自然環境を守りたいと思えばこそ耐えられる仕事
です。…なんて、他にもいろいろな鳥が見られるのが楽しいから、だった
りして? (by 赤雀)

◇会員募集中!────────────────────────────
連盟では野鳥・自然を守る仲間を募集しています!
年会費は1年間5,000円(個人会員)から。
入会資料のご請求・会員についてのお問合せは、会員担当までお気軽に
ご連絡ください。
担当:神崎:kanzaki@jspb.org
───────────────────────────────────
財団法人日本鳥類保護連盟
 URL:http://www.jspb.org/
 E-MAIL:webmaster@jspb.org
 TEL:03-5378-5691 / FAX:03-5378-5693
────────────────────────────────◇◆◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-06-20  
最終発行日:  
発行周期:概ね月間  
Score!: 80 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。