環境

JSPB NEWS★LETTER

(財)日本鳥類保護連盟のメールマガジンです。季節や自然の情報、野鳥を中心とした保護活動情報、中国トキ情報、機関誌紹介、本部主催の自然観察会や環境教育イベント情報、各地で開かれるイベント情報などを紹介しています。

全て表示する >

【日鳥保連】自然とともに、野鳥とともに… vol.145

2012/02/15


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 JSPBメールニュース                  2012.02.15

        ”自然とともに、野鳥とともに…” vol.145
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●○●〜 愛鳥標語 『蹲踞(つくばい)の 水を飲む鳥 浴びる鳥』
                  田村秀子さん・高知県 〜●○●
 
【 今号のもくじ 】  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◇中国トキ保護観察団報告
 ◇ワカケホンセイインコの情報募集
 ◇谷津干潟観察会
 ◇「美術館でバードウォッチング ラリックの鳥の世界」
 ◇蚕糸の森フィールドノート


【 活動 】中国トキ保護観察団報告
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 2011年9月10日〜16日の日程で、中国トキ保護観察団を実施しました。
 
 11日:西安を出発し、野生のトキが生息する洋県へ。夕方、ねぐら
    にもどるトキを観察しました。
 12日:午前は陝西トキ救護飼養センターを視察、午後はトキの採食地、
    夕方はねぐらを観察しました。
 13日:早朝ねぐらから飛び立つトキを観察。午前は地元の小学校を
    訪問し交流を深めました。
 14日:西安市内・兵馬俑坑博物館・大雁塔などを見学しました。
 
 12日に陝西トキ救護飼養センターを訪問した際には、中国トキ保護支援
 基金より、バイク2台、パソコン2台、GPS2台を贈りました。
 これらの機材が今後のトキ保護のために使われることを期待します。

 ◆中国のトキの現状
 2011年12月現在、陝西トキ救護飼養センターなどで飼育されている個体が
 約600羽、野生の個体が約1,000羽ほど生息しています。


【 活動 】ワカケホンセイインコの情報募集
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ワカケホンセイインコの目撃情報を募集しています。
 これまで東京都大田区を中心に都内18区、16市、横浜市などで観察され
 20km以上も離れた厚木市や伊勢原市、入間市などでも見られています。
 庭のエサ台にやってくる、公園の木の実を食べている、群れで飛んで
 飛んでいるなど情報がありましたらお寄せ下さい。

 ◆ワケホンセイインコ
 全長約42cm。体は明るい緑色で、雄は首に黒色とピンクの輪があります。
 尾羽が長く、直線的に飛び、複数羽で移動していることが多い。キャァ 
 キャァ、キュイキュイと大きな声で鳴きます。リンゴや梨などの果実、
 ヒマワリの種などが好物。
 
 ■情報等連絡先:保護共生室:fujii@jspb.org
 ⇒URL:http://jspb.org/wakake/wakake.html


【 イベント 】谷津干潟観察会
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 そろそろ旅鳥たちのシーズンがはじまります。多くの野鳥が羽を
 休める谷津干潟でシギ・チドリの仲間、カモメの仲間に期待して。
 
 日時:3月23日(金) 10:00〜14:00頃 雨天中止
 場所:谷津干潟  集合:JR京葉線「南船橋駅」10:00
 定員:20名  費用:会員無料、非会員500円
 持物:双眼鏡、飲み物、弁当、帽子、防寒具、筆記用具、図鑑など
 申込:TEL、FAX、E-MAILのいずれかにて、会員番号、住所、氏名、
    年齢、電話番号、FAXをお知らせ下さい。
    着順で定員になり次第締め切ります。

  ■担当:観察会係 : kanzaki@jspb.org
      TEL:03-5378-5691 Fax:03-5378-5693


【 イベント 】「美術館でバードウォッチング ラリックの鳥の世界」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 箱根ラリック美術館では、特別企画「美術館でバードウォッチング
 ラリックの鳥の世界」を2012月4月28日(土)〜9月30日(日)まで
 開催します。フランスを代表するジュエリーとガラスの工芸作家、
 ルネ・ラリックの作品を展示する箱根ラリック美術館は、2012年3月
 で開館7周年を迎えます。

 特別企画概要
 今回の特別企画では、鳥をモチーフにしたラリックの作品をバードカー
 ビング作品や鳥のイラストなどと共に展示します。

 期間:4月28日(土)〜9月30日(日)
 会場:箱根ラリック美術館(常設展示室・企画展示室)
 出展作品:ルネ・ラリック作
       櫛「孔雀」−本邦初公開
       ペンダント「二羽の白鳥」
       香水瓶「三羽のツバメ」 など30点
       ※水上清一作バードカービング作品、齊藤壽作イラスト
        レーション作品 各約20点
 協力:一般財団法人自然公園財団(箱根ビジターセンター)、NPO法人
    ウッドボイス、神奈川県生命の星地球博物館、公益財団法人日本
    野鳥の会、財団法人日本鳥類保護連盟、財団法人山階鳥類研究所、
    齊藤壽、水上清一


【 その他 】蚕糸の森フィールドノート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 まだまだ北風が冷たい季節ですが、梅のつぼみもふくらみはじめ
 小さな春を感じます。
 ----------------------------------------------------------------
  2012.1.30:ツグミが1羽林の下でエサをとっていました。ようやく
       姿を見ることができました。
 ----------------------------------------------------------------
 2012.2.3:エナガの群れがにぎやか。この冬はエナガを見ることが
      多いようです。
 ----------------------------------------------------------------


【 あとがき 】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 先月募集した会員証用写真は6名の方から17点の応募をいただきました。
 ありがとうございます! どれも素敵な作品で、1点に絞るのが大変で
 した。会員証は機関誌4月号でお届けします。どうぞお楽しみに!(赤雀)
--------------------------------------------------------------------
 ☆ 会員募集中! ☆
 日本鳥類保護連盟では野鳥・自然を守る仲間を募集しています!
 年会費は5,000円(個人会員)、10,000円(特別支援会員)、
 3,000円(児童・学生)です。入会資料のご請求・会員について
 は、会員担当までお気軽にお問い合せ下さい!
 ■担当:神崎:kanzaki@jspb.org
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
 日本鳥類保護連盟
 〒166-0012 東京都杉並区和田3-54-5 第10田中ビル3F
 Tel.03-5378-5691 / Fax.03-5378-5693
 URL.http://www.jspb.org/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-06-20  
最終発行日:  
発行周期:概ね月間  
Score!: 80 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。