環境

JSPB NEWS★LETTER

(財)日本鳥類保護連盟のメールマガジンです。季節や自然の情報、野鳥を中心とした保護活動情報、中国トキ情報、機関誌紹介、本部主催の自然観察会や環境教育イベント情報、各地で開かれるイベント情報などを紹介しています。

全て表示する >

【日鳥保連】自然とともに、野鳥とともに… vol.107

2008/12/15


◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   自然とともに、野鳥とともに…       www.jspb.org/
   JSPB Mail News vol.107          2008.12.15発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今号のもくじ】
◇2008年度 中国トキ保護観察団の報告
◇平成21年度愛鳥週間用ポスター原画コンクール 入賞者決定!
◇日本の野鳥カレンダー2009 発売中!
◇野鳥ちょっとコラム・ハチクイモドキ
◇蚕糸の森フィールドノート・11-12月
◇「私たちの自然」12月号(No.542) 目次
………………………………………………………………………………………

◆2008年度 中国トキ保護観察団の報告
└────────────────────────────────
 今年の中国トキ保護観察団は、10月9〜16日の間に実施しました。
 現在中国におけるトキの個体数は、野生と人工飼育をあわせ約1000羽
 になりました(野生約500羽)。
 この度の訪中時に、中国側からトキのカラーリング(300個)の支援
 要請があり当連盟では、来年の繁殖期に間に合うように協力する予定
 です。


◆平成21年度愛鳥週間用ポスター原画コンクール 入賞者決定!
└────────────────────────────────
 10月22日(水)審査会が行われ、受賞作品が決定いたしました。
 総裁賞には、香川県の高等学校3年 造田千帆里さんの作品が選ば
 れました。この作品を元に来年の愛鳥週間ポスターを作成いたします。
 また、その他の受賞者の作品はホームページをご覧ください。
 受賞されたみな様、おめでとうございます!!

 ○募集状況
  応募総数:78,322点(小53,995/中22,363/高1,964)
  参加校数: 5,369校(小3,267/中1,805/高297)

 ⇒URL:http://www.jspb.org/aipo/aipo.html
 □神崎:kanzaki@jspb.org


◆日本の野鳥カレンダー2009 発売中!
└────────────────────────────────
 日本各地で撮影された野鳥の美しいカレンダーです。
 ご自宅のお部屋やオフィスに、また贈りものにもどうぞ!
 新しいカレンダーで新年を迎えましょう!

 ○サイズ:B3判(52cm×36cm)
 ○金具を使用しない紙綴じ製本
 ○再生紙・大豆インクを使用

 □価格:1,300円(税込み)
 □梱包送料:1〜2部:480円、3〜5部:780円、6〜19部:1,000円、
      20部以上:無料

 ご注文の際は、郵便振替用紙、郵便小為替、現金書留のいずれかで
 ご送金下さい。機関誌1・2月号、6月号、10月号、12月号の巻末に
 郵便振替用紙を張り込んでいますので、ご利用下さい。

 贈りものとして別送をご希望の場合は、〒住所・氏名・電話番号を
 お知らせ下さい。

 ⇒URL:http://www.jspb.org/shohin/cale09/cale09.html

 ○─────────────────────────────○

 日本の野鳥カレンダー2010 写真募集!

 2010年の野鳥カンレンダーに掲載する写真を募集します。
 野鳥の生き生きとした姿の作品をお待ちしております!
 応募条件など詳細は下記ホームページをご覧ください。
 
 □募集期間
 2008年11月1日(土)〜2009年2月28日(土)消印有効

 □選考数
 表紙および1月〜12月の13点を採用致します。
 
 ◇撮影時、野鳥や生息環境、周りの人への配慮が大切です。
  マナーを守って撮影をお願い致します。

 ⇒URL:http://www.jspb.org/info/care10.html
 □岡安:okayasu@jspb.org


◆野鳥ちょっとコラム・ハチクイモドキ
└────────────────────────────────
 鳥が鳥たる所以の一つとして、羽を持っていることがあげられます。
 鳥はクチバシや脚以外を羽で覆い、防水、防寒、飛翔などに役立てて
 います。逆に言えば、全てを羽で補っているのです。例えば、ヒゲの
 ような触覚機能も羽の羽軸が発達したものです。また、サギの飾り羽、
 オシドリの銀杏羽根、ヤマセミの冠羽もやはり羽です。鳥たちは羽軸
 と羽枝からなる羽の構造を保ったまま進化させ、それぞれの種の独創
 性を表現してきたのです。そして海外では、伸びた羽に手を加える鳥
 もいます。エクアドル等に生息するハチクイモドキという鳥です。
 彼らは伸びた尾羽の先端から少し手前の羽枝をむしり取り、先端を
 独立したウチワのような形にします。なぜこの形がいいのか分かりま
 せんが、彼らにとってはこれがおしゃれなのかもしれませんね。


◆蚕糸の森フィールドノート・11-12月
└────────────────────────────────
 落ち葉も冷たい雨にいっせいに散りました。
 
 …………………………………………………………………………………
 -11.20 オナガガモが60羽くらいに増えました。人を見ても逃げ
     るどころか近づいてきます。
 …………………………………………………………………………………
 -12.10 「チャッチャッ」とウグイスの声がしますが、姿はなか
     なか見えません。
 …………………………………………………………………………………

 ★ブログものんびり更新中!
 ⇒URL:http://sanshi.exblog.jp/


◆「私たちの自然」12月号(No.542) 目次
└────────────────────────────────
 ○特集:里山の猛禽を類を守る
 ・オオタカを守る
  −NPO法人オオタカ保護基金の活動紹介−/遠藤孝一
 ・「豊田市自然観察の森」のサシバの保護活動の紹介
  −サシバのすめる森づくり−/大畑孝二
 ○随筆:「メタボガモ」から考える/小川潔
 ○愛鳥コラム:ところ変われば 〜香港探鳥会編〜/永井真人
 ○ジュニアのぺえじ:冬の海岸 砂浜の野鳥たち(冬)/桑原和之
 ○猫の鳥談義:VIVA!日本のアイランド
   −今世紀最高のフィーバー 飛島−/江戸家小猫
 ○表紙:オオタカ(♂成鳥)/土橋信夫

 ⇒URL:http://www.jspb.org/watazen/watazen.html
 □山本:editor@jspb.org


─────────────────────────────────
【あとがき】
 今年の冬は、関東ではアトリ、関西ではイスカが多いようです。
 蚕糸の森にもアトリが来ないかな〜と楽しみにしています。

 今年も残り少なくなりました。
 連盟事務局の年内の業務は12/29までです。(赤雀)
-----------------------------------------------------------------
【会員募集中!】
 日本鳥類保護連盟では野鳥・自然を守る仲間を募集しています!
 年会費は5,000円(個人会員)、10,000円(特別支援会員)、
 3,000円(児童・学生)です。入会資料のご請求・会員について
 は、会員担当までお気軽にお問い合せ下さい!
 □神崎:kanzaki@jspb.org
-----------------------------------------------------------------
 (財)日本鳥類保護連盟
 -Japanese Society for Preservation of Birds-
 〒166-0012 東京都杉並区和田3-54-5 第10田中ビル3F
 TEL.03-5378-5691/FAX.03-5378-5693
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-06-20  
最終発行日:  
発行周期:概ね月間  
Score!: 80 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。