個人ニュース

生きづらさな時代

てっちゃんが仕事上関心がある「生きづらさ系」や子どもの権利などのコラムや評論。発行人は単行本や雑誌のライタ−で、現在は、自殺未遂や性的虐待などを取材している。

全て表示する >

【てっちゃんNEWS<melma版>】050427360

2005/04/24

◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

◇ てっちゃんニュース
■         関連ホームページ http://homepage3.nifty.com/sbtetuya/
◇                           投稿や問い合わせ QZV10765@nifty.ne.jp              
■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇
ーーーーーーーーーーー目次ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【「男女の生活と意識に関する調査報告書」ができました】
【毎日新聞Web版でインタビュー掲載】
【「ネット心中」で情報提供手続きの簡素化】
【「ひとり暮らし自己防衛マニュアル」発売】
【「子どもとインターネット」に関する取材への協力を】

 てっちゃん@Hatena  ← 日記です。
 http://d.hatena.ne.jp/hatesbtetuya
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【「男女の生活と意識に関する調査報告書」ができました】

 昨年の9月のメルマガでお知らせした、第2回「男女の生活と意識に関する調査報告書」
が完成しました。まだ熟読していないのですが、興味深い結果がいくつかでています。

 「セックスへの関心」を聞くと、女性よりも男性の方が高い。一方、「異性とのかかわりへ
の関心」を聞くと、男性よりも女性の方が高いのです。
 それは「初めてのセックス」の捉え方にも反映されています。「かなり重大」と考えるのは、
男性では33.0%であるのに対して、女性は54.1%で差が見られます。
 こうしたことは、やはり、「はじめてのセックスの相手」との知り合い方にも出ています。男女
ともに最も多いのは「友達・知り合いの紹介」が多く、男性27.7%、女性31.1%となってい
ます。
 ネットでの出会いにも、差が見られます。特に「16〜19」歳には、男女の差が顕著です。
 この年齢層の男性は「出会い系」が9.1%で、女性は0。一方、「趣味や個人のホームページ」
は、男性が0。女性は6.3%で、男性は「出会い系」でセックス目的、女性は「趣味等」で、
内面重視ということでしょうか。それは、「セックスへの関心」が男性多く、「異性との関わ
りへの関心」が女性に多いことにも比例しているように思えます。

 ただ、その女性も20代となると、違うのです。焦るのか、「出会い系」が増えます。
 「20〜24」歳では、3.8%。「25〜29」歳でも2.1%います。
 逆に、男性は、その年齢層では、「20〜24」歳は0。「25〜29」歳は1.1%です。

 そのほかにもいろいろ興味深いデータがありますが、今回はとりあえず、特報ということで、
お許しください。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【毎日新聞Web版でインタビュー掲載】

 毎日新聞のweb版のみですが、私のインタビューが掲載されました。
 拙著「男女七人ネット心中 マリアはなぜ死んだのか」(新紀元社)を執筆した動機や
インターネットコミュニケーション全般、あるいは自殺などをテーマにしたものです。

 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/net/morals/news/20050422org00m040008000c.html

 ちなみに、「男女七人〜」は、品薄状況です。
 Amazonや楽天では品切れが続いています。
 Webで購入の場合は、セブンアンドYか、bk1でのお買い求めください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【「ネット心中」で情報提供手続きの簡素化】

 「ネット心中」に関連して、警察庁の有識者会議「総合セキュリティ対策会議」(委員長、前田
雅英・首都大学東京教授)は、自殺予告などを情報提供を求める手続きを簡素化しました。
 これに関連して、私のコメントが毎日新聞に掲載されています。

http://www.mainichi-msn.co.jp/search/html/news/2005/04/21/20050421org00m300089000c.html

◇より巧妙化する可能性も

 ネット自殺に詳しいジャーナリスト 渋井哲也さんの話 今回の報告書で自殺志願者の心に
一時的にブレーキがかかる効果は期待できる。しかし、チェックにかからずに仲間を募るた
め、他人のメールアドレスから発信するなど、より巧妙化する可能性も否定できない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【「ひとり暮らし自己防衛マニュアル」発売】

 新刊「ひとり暮らし 自己防衛 マニュアル」(池田書店)が発売されました。
 私を含めた3人の「ひとり暮らし応援団」で書いたものです。
 現在3刷のようです。

目次は、
 ★危険予測ビジュアルレッスン
 ★家計&契約入門
 ★鉄壁の賃貸ライフ
 ★体も心もハッピーに
 ★愛し愛される人間関係術
 ★新・働く入門
 ★新世紀サバイバル

といった感じです。
 ひとり暮らしの初心者から、長年のひとり暮らし、さらにはひとり暮らしではない方にまで
きっと役にたつはずです。
 

http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31490331&introd_id=Xmo46Wk9o36m9m9Gi81GiiXX65G13X6A&pg_from=u

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【「子どもとインターネット」に関する取材への協力を】

 私は2005年に、子どもとインターネットに関する書籍で、中高生向けの本を執筆する予定です。
そこで、取材できる人を探しています。対象年齢は22歳ぐらいまで。自分とインターネットの付き
合いについて話せることがあれば、ご協力をお願いします。
 内容的には、オンラインゲーム、チャット、掲示板、出会い系サイト、「有害」サイト、メール、ホーム
ページ作成などに関することや、インターネットへの接続時間、トラブルなどです。実際に会えない
がメールでなら協力できるという方でも歓迎します。
 特に、出会い系サイトやメル友サイトの利用者、あるいは、ブログや個人のホームページでメル友が
できたという経験のある人を募集しています。

http://homepage3.nifty.com/sbtetuya/kyouryoku.html



株式会社汐文社 編集部 
 http://www.choubunsha.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このメ−ルマガジン(【てっちゃんNEWS】)は
インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
http://www.mag2.com/ 
ID:0000009683
と、
広告付きメ−ルマガジン「melma」(発行者推奨)
 http://melma.com
ID:m00000123

を利用して、発行しています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 著作権は「てっちゃん」にあります。無断での転載を禁じています。
もし、転載を希望する場合は連絡ください。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-02-10  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。