個人ニュース

生きづらさな時代

てっちゃんが仕事上関心がある「生きづらさ系」や子どもの権利などのコラムや評論。発行人は単行本や雑誌のライタ−で、現在は、自殺未遂や性的虐待などを取材している。

全て表示する >

【てっちゃん NEWS

1999/12/27


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
_/ 
_/
_/       ◆◇◆てっちゃんニュ−ス◆◇◆
_/          
_/
_/関連ホ−ムペ−ジ   http://member.nifty.ne.jp/~sbtetuya  ━━━━
 投稿や問い合わせは  mailto:QZV10765@nifty.ne.jp  ━━━━━━━ _/_/
 主な過去の記事      http://member.nifty.ne.jp/~sbtetuya/tetunews.html
                       購読者総数311人 (99/12/27現在)
              「まぐまぐ」利用の購読者は76人
          「CLICK INCOME」利用の購読者は205人(発行者推奨システム)
              「Pubzine」利用の購読者は30人
================ ◆目次◆ ===================
【オフ会報告】
【「ドキュメント オウム真理教」発売!】
【おわびと予告】

〜今年最後の発行です!Y2K問題に備えましょう!〜

※緊急連絡用のe-mailを取得
  (但、150字程度しか読めません)
   私の携帯電話の番号@sky.tu-ka.ne.jp
===========================================
【オフ会報告】
 〜「生きづらさ系」&「自傷ら−の館」の合同オフも含めて

 「生きづらさ系」オフの参加は5人 

 12月23日は、わたしのHPにある掲示板の一つ「生きづらさ系のフォ−ラム」の第1回
オフ会がありました。掲示板にも少し報告していますように、参加者は、希望者12人のうち
5人(主催者の私を含む)でした。来なかったある人は、初めて会う人へのプレッシャ−か
ら欠席したようです。また前週に新宿ゴ−ルデン街の飲み屋で知りあった人が無断欠席など。
場所は、新宿の東口の某茶店です。
 さて、来た人のうち3人は、どこかのル−トですでに会ったことがある人で、残りの1人は
お初でした。1人は家出中の女子高生Aさんで、「親を嫌いになりたくないための家出」とい
うことです。彼女は、同年代の人たちと話が会わないらしい。ただ、学校は好きだったようだ。
全く従来の家出人とはイメ−ジが違う子だ。25日のテレビ番組で取材されていたものを見たの
ですが、レポ−タ-も首をかしげる感じでした。
 またお初の人Bくんは、親が官僚らしく、「世の中は官僚がいなければダメ」とか言っていたし、
本(メディア)からの知識はある程度あるんですが、現実と遊離し、自分の言葉で語っていない
ような人でした。しかし、彼は、「自傷ら−の館」オフとの合流後はす、すっかり壊れた自分を
見せていました。実に、意外な壊れ方でした。
 オフは何をしたというのも特になく、「生きづらさ」についての告白や雑談に終始しました。
喫茶店でのお話が終わったところで、一人がちょっとぬけ(合同オフには来るんですが)、4人
になったところで、「自傷ら−の館」のオフ会と合流しました。自傷ら−の方は10人(主催者を
含む)近くが参加していました。遠くは沖縄からの参加でした。

 合同オフで15,6人が参加

 合同オフにあった、後から数人が参加。最高時では15〜6人がいたように思います。新宿西口
の居酒屋に場所を移しました。私はそこで、自傷ら−の方に参加していた、家出して間もない女子
高生Cさんと話をする時間が長かったです。いろいろ話しているうちに、涙を流させてしまいました。
内容は、ここでは触れられませんが、恋愛問題とだけ言っておきましょう。家出問題ではありません
ので。単純に考えないように。
 この場所で、Bくんは当日の目標の一つだった、「なぜ自傷をするのか?」ということを聞きまく
っていました。ちょっとおっかなびっくりに聞いていましたが、後ほど、Bくんが彼ら彼女らと打ち
溶けて、壊れてしまったところをみると、共感できた部分があったのかな、って思いました。

消えてしまったてっちゃんとCさん なんで…?

 さて、参加者をびっくりさせたのはその後です。なんと私てっちゃんがCさんと2人で消えてしま
ったのです。少したって気が付いたのか、2人の携帯が鳴りだしました。2人は音を無視して、東口
の飲み屋に消えていきました。
 というのも、Cさんも先程の恋愛問題等で聞いて欲しいことがあったようですが、私もプライベ−
トな話を聞いてもらいたかったんです。どうしても、主催者のようになり、しかも参加者の中で年齢
が高い方なので、聞き役に回ってしまっていました。それはそれでよかったし、楽しかったのですが、
みんながカミングアウトをしているうちに、なんだか寂しくなったのも事実です。
 そのため、2人で、「自傷」をするように、消えるという表現手段でメッセ−ジを残しました。自傷
的行為ですから、有効なコミュニケ−ション手段ではありません。そのため、ほかの人たちはCさんの
ことはとても心配していたようですが、私のことはCさんほど心配しなかったようです。
 まあ、私もそんなに人間ではないことを分かって欲しいのですがね。
 今度、掲示板にも書き込もうかな。
============================================
【「ドキュメント オウム真理教」発売!】

 これまでの月刊創の原稿などを集めた「ドキュメント オウム真理教」(創出版)が
発売されました。わたしの原稿ものっています。私の個所は、長野県の状況です。12月号
にも載った、木曽福島町の施設内潜入ルポも再掲載(加筆修正)されています。
 ぜひ、お買い求めを!
=========================================================
【おわびと予告】

 ※※フレッコイさん(ノルウェ−の精神科医、世界最初の子どもオンブズマン)の講演と、国会
懇談は次回に持ち越しです、ととしていましたが、企画の主催であるDCI日本支部のHP(私が作成)
での公開をまって、掲載することにしました。
 はっきり言って、面倒だな、と感じてしまったのでね。あと、ちょっと風邪気味でね。
 その辺のところ、よろしく!
=================================================

「信州と東京を往復生活をするライタ−・てっちゃんニュ−ス」
      (【てっちゃんNEWS】)は
インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
http://www.mag2.com/ 
ID:0000009683
と、
広告付きメ−ルマガジン「CLICK INCOME」(発行者推奨)
 http://clickincome.net/index.html
ID:m00000123
と、
読者と作家を結ぶ架け橋「Pubzine」
https://www.pubzine.com/
ID:000249
を利用して、発行しています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 著作権は「てっちゃん」にあります。無断での転載を禁じています。
もし、転載を希望する場合は連絡ください。


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-02-10  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。