個人ニュース

生きづらさな時代

てっちゃんが仕事上関心がある「生きづらさ系」や子どもの権利などのコラムや評論。発行人は単行本や雑誌のライタ−で、現在は、自殺未遂や性的虐待などを取材している。

全て表示する >

【てっちゃんNEWS<melma版>】100514

2010/05/14

●歌舞伎町の「はな」、リニューアルオープン

 新宿歌舞伎町の、新宿センター街(思い出の抜け道)にあるBar「はな」が、リニューアルし、「νはな」(仮)となり、そのオープンの日が今週の土曜日(15日)となりました。 

 「はな」は6年前の4月に、オーナー2人によってオープン。以来、曜日ごとにバーテンが違うという形式をとってきました。私は、当初2年間、火曜日を担当してきました。諸般の都合で辞めることになりましたが、その2年間ではいろいろな出会いや出来事などがありました。 

 その後、昨年の10月くらいから、私は店長という立場で、「はな」に再び関わり始めました。その「はな」の危機が訪れたのは今年の3月。オーナー2人が撤退を決めたのです。撤退の理由はいろいろありますが、オーナー自身のビジネス的な路線変更ということでしょうか。 

 そこで、「はな」をなくすかどうかという話になりましたが、これまでの「はな」での出会いや出来事を考えると、なくすのももったいない。そこで、私もオーナーやるから、もう一人くらい共同でやらないか?と思っていたところ、これまた、もし「はな」がなければ、絶対で会わなかったM氏が手を挙げました。ということで、「はな」はこれからも継続します。 

 リニューアルに伴って、「はな」の内装を思い切って変えてみました。詳しくは、来店してもらえればわかります(といっても、一度も来たことのない人は比べようがありませんが)。


●自殺関連本を執筆中

 警察庁は、昨年一年間の自殺者数の確定値を発表しました。12年連続で3万人を超える、3万2845人(前年比59人増)となりました。「失業」が65.3%増加し、1071人となり、不況の影響はあるようです。また、20代が2年連続、30代が3年連続で、自殺率で過去最高となりました(統計のある1978年以降)。若者の自殺率が増えているのはいったいどうしてなのか。

 私は、いま、自殺に関連した本を執筆中です。一応は、都市型も地方型も、また若者も、中高年も、高齢者も、いろんな自殺対策について書こうとしていましが、どうしても、若者の自殺について取材してきた私ですので、対象に偏りが生じてしまいます。

 これまで自殺関連本は、「アノニマス」(情報センター出版局)や「若者たちはなぜ自殺するのか」(長崎出版)、「ネット心中」(NHK出版)、「明日、自殺しませんか?」(幻冬舎)を出していますが、いずれも当事者よりも話でした。今回は、当事者もありますが、行政やNPOといった政策や運動、取り組みがメインの本になるかもしれません。

●情報・意見交換会?

 オフ会なのか、情報・意見交換会なのかは、名前は決めていませんが、2週に一度くらい、緩い集まりをしようか検討中です。私個人への質問でもよいし、書籍について意見が言いたい、あるいは、生きづらさに関して話したいことがある人でもうよいと思います。ちょうと、「はな」がリニューアルしたことだし、「はな」もしくは「はな」の近くで何かできればと考えています。




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-02-10  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。