国際情勢

グローバル・エイズ・アップデート

地球規模の広がりを見せるHIV/AIDS問題。アフリカなど途上国を中心に、現状と国際社会、市民社会の取り組みの最新情報を伝えるメールマガジン。

全て表示する >

(GAU332号)エイズ対策の盲点:「男性」=UNAIDSの新しい報告書

2017/12/17

----------------------
★「第332号」目次
●対策・課題別記事、アフリカ以外の地域別記事
・グローバルファンド、「強靭で持続可能な保健システム」構築に向けて取り組みを強化
・エイズ対策の盲点:「男性」はエイズ検査・治療へのアクセス率が低く、死亡率が高い
・米国政府がマイクロビサイド研究への資金拠出を大きく削減する可能性
●アフリカの地域別記事
・(南アフリカ共和国)「エイズの終息」をめざす前に立ちはだかる4つの障壁
・(ナイジェリア)持続可能なHIV・AIDS対策を目指して〜地域研究と医薬品の生産

-----------------------------------Vol.18 No.08 ---------------

◆発 行:(特活)アフリカ日本協議会
◆連絡先:
・東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル3F
・電 話:03-3834-6902
・FAX:03-3834-6903
・電子メール:info@ajf.gr.jp
◆バックナンバー:下記ブログをご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/ajf/
◆Melma!を通しての購読申し込みは
http://www.melma.com/backnumber_123266/
◆本メールマガジンから転送・引用を行う場合は、事前に発行者にご連絡をお願いします。

<対策・課題別・地域別(アフリカ以外)記事>
-------------------------
グローバルファンド、「強靭で持続可能な保健システム」構築に向けて試行錯誤
-------------------------

【2017年11月28日】途上国の三大感染症対策に資金を供給する国際機関であるグローバルファンド the Global Fund (世界エイズ・結核・マラリア対策基金)は、2017-2022年の5年間の戦略にて設定された4つの目的のうちの二つ目の目的である「強靭で持続可能な保健システム構築」について、活動実施の遅れやそれに伴う問題に直面しながらも多くの活動を実施している。11月14-15日にスイス・ジュネーブで開催された理事会では、当該戦略の主要な目的及び二次的な目的に基づく活動進捗報告があり、二次的な目的ごとにこれまでの成果や問題点、今後の計画について議論され、それぞれの二次的な目的に関連する主要パフォーマンス指標(Key Performance Indicator, KPI)が設定された。最終の報告書が完成するのは2018年前半となる。

グローバルファンドに関する独立した報道機関である「エイズパン」AIDSPANは、発行している「グローバル・ファンド・オブザーバー」の325号において、第一の戦略目的である「疾病に対するインパクトを最大化する」ことについての進捗状況を提示した。また、第二の戦略目的である「強靭で持続可能な保健システム構築」における7つの二次的目的において、それぞれの進捗状況についても要約した。以下、二次的目的に分けてその概要を説明する。

1)「地域の反応とシステムの強化」では、サービスを提供し説明責任を醸成するために系統的・戦略的に地域の反応を高めることを目標に、ケニアをはじめとする9か国において支援が完了し、現在はシエラレオネ等の3か国にて支援を実施している。また、地域主導のモニタリングに関する研究プロジェクトも推進しているが、財源不足となっている。
2)「リプロダクティブヘルス、女性及び子どもの健康に対するサポート及びサービス提供システムの形成」では、英国リバプール大学が6か国以上を対象に周産期における医療の質向上に向けた研究を実施しており、そのうちトーゴでは現地の大学との間で覚書が締結され、ワークショップの開催や基礎データの収集が実施された。
3)「世界及び国内の調達及び供給システムの強化」では、グローバルファンドの内部リスク評価に基づき戦略を含む新規の供給システムを構築し、12か国に対して現状に対するより深い分析を進めている。この分析結果に基づき新規のプロジェクトが開始される予定である。
4)「保健分野人材への集中投資」では、シエラレオネ等の3か国において資金調達が順調に進んでおり、エチオピア、リベリア、ベニンも追随している。要請にはより強化された地域保健サービスへの支援や能力強化等が含まれている。
5)「保健に関するデータシステム及びデータ分析・利用に関する各国の能力の強化」では、20の保健施設評価及びデータの質レビューが主要国で進められている。
6)「国家保健戦略及び疾患別の戦略計画の強化」では、「パートナーシップを通じたインパクト・プロジェクト」Impact Through Partnership (ITP) Projectにて国内レビューと対話コンポーネントが計画されており、ITPが支援のインパクトを最大にするための国家間のパートナーシップを機能させる鍵となっている。
7)「財政運営及び見通しの強化」では、グローバルファンドが現在、国やドナーが運用しやすい財政運営システムを投入するための包括的なアクションプランを開発中である。

報告書で強調された活動の一つ、RSSHダッシュボードの開発はシステム構築における全体像を示している。ダッシュボードの開発維持に外部資金に依存しているが、グローバルファンドはより良いITシステムに移行し他のイニシアチブとの連携を確保できるかを模索している。

原題:Work Continues on Many Fronts to Implement the Global Fund’s Strategy on Building Resilient And Sustainable Systems for Health
出典:AIDSPAN
日付:2017/11/28
URL:http://aidspan.org/gfo_article/work-continues-many-fronts-implement-global-fund%E2%80%99s-strategy-building-resilient-and

-------------------------
男性は女性よりもエイズ治療にアクセスせず、エイズ関連疾病で死亡する人が多い
-------------------------
【2017年12月 1日 オタワ(カナダ)/ジュネーブ(スイス)発】12月1日の「世界エイズデー」に際して、国連合同エイズ計画UNAIDSは、男性は女性に比べHIV検査を受ける人および抗レトロウイルス治療にアクセスする機会が少なく、AIDS関連疾病で死亡する人がより多いという報告を発表した。UNAIDSが発表した報告書「盲点:男性と少年へのアプローチ」Blind Spot: Reaching Out Men and Boys では、世界的にみてHIV感染した女性で治療にアクセスできている人が全体の60%であるのに対し、男性は治療中の人が全体の半分以下であることが示された。男性は女性より治療を開始するのが遅く、治療を中断する率が高く、フォローアップの機会を失っているという研究がある。

「女性に対するHIVリスク対策は重要であるが、男性は『盲点』となっている。男性はHIV予防のためのサービスもHIV検査も受けておらず、女性の規模では治療にアクセスしていない」とミシェル・シディベUNAIDS事務局長Michel Sidibeは述べた。

サハラ以南のアフリカでは、自身のHIVステータスを知っている男性は女性に比べ20%少なく、治療にアクセスしている人は27%少ない。南アフリカ共和国で最もHIV感染者数が多いクワズールー・ナタール州では2015年、HIV陽性の20-24歳の男性のうち4人に1人のみが自分が感染していることを知っていた。

西〜中央アフリカは効果的なHIV対策に苦慮している地域であるが、HIV感染の男性のうち25%しか治療にアクセスしていない。治療を受けなければ、よりHIVを伝播させてしまう。

「男性がHIVの予防と治療サービスを利用することにより、自身を保護し、性的パートナーを保護し、家族を保護することができる」とシディベ氏は述べている。

サハラ以南のアフリカからのデータは、年齢の高い男性ほど不特定パートナーとの性行為の間コンドームを使用せず、HIV感染率が高いということを強調している。40-44歳の男性の50%、55-59歳の男性の90%がコンドームを使用しないと言われている。これらのデータは、年齢の高い男性から若い女性へのHIV伝播サイクルを示した研究と一致している。

UNAIDSの報告書「盲点」では、またHIV罹患率は対策のカギとなる人口集団 Key Populations で常に高いことを示している。報告では、差別、ハラスメント、ヘルスサービスの否定などのため、鍵となる人口集団の男性が特にHIVサービスにアクセスすることが難しいことを示している。

報告では、男性にとってより使いやすいヘルスサービス、例えば開館時間を延ばすことや薬局を利用したサービスの提供、携帯電話アプリの使用というような新しいコミュニケーション技術の利用など、を推奨している。また、特に鍵となる人口集団に対する、多用なニーズと現状に合ったHIVサービスへアクセスすることへの法的支援を勧めている。

同報告書では、男性が定期的な検査を受け、HIV陽性であれば治療を受けることによって、その利益は男性の健康上のアウトカムを改善するだけでなく、女性や少女のHIV新規感染を減少させ、有害な性的行動を変化させることができるとしている。

原題:On World AIDS Day, UNAIDS Warns That Men Are Less Likely to Access HIV Treatment and More Likely to Die of AIDS-Related Illnesses
出典 : UNAIDS
日付:2017年12月1日
URL:http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2017/december/20171201_blind_spot

------------------------------
米国政府がマイクロビサイド研究への資金拠出を大きく削減する可能性
------------------------------
【2017年11月23日発】国連合同エイズ計画(UNAIDS)の2015年統計によると、あなたが今晩寝るまでに、10〜24歳の女性1000人以上がHIVに感染する。このような若い女性たちや HIV感染のリスクが高い男性とセックスする男性 men who have sex with men(MSM)、セックス・ワーカーの人全てに適するHIV予防方法はない。

米国のエイズ研究専門誌「エイズと行動」 AIDS and Behaviorに投稿された2011年の研究によれば、南アフリカでは、ゲイの3人に1人がHIV陽性である可能性がある。また、2014年の南アフリカ国家保健局とアメリカ疾病予防センターとの共同研究によれば、女性セックス・ワーカーの5人に4人がHIV陽性である可能性がある。

喜ばしいことに、世界では最近、暴露前感染予防Pre-exposure prophylaxis(PrEP)を含めたHIV予防法が拡がっている。一方で残念ながら、米国政府がHIV予防方法の開発のうち、いくつかを停止する危機に瀕している。

マイクロビサイドは、完全なものはまだ市場化されていないが、HIV予防薬と同じタイプである抗レトロウイルス薬(ARV)を含むジェルやリング、フィルムなどの形状をし、性交渉の前に膣や直腸に使用することで、感染を予防しようとするものである。マイクロビサイドにより、相手に対してコンドームの使用を必ずしも交渉できない人々のHIV感染リスクを低減できる。

重要なマイクロビサイド研究の多くは南アフリカで施行されている。女性への使用や、アフリカ初のMSMへの直腸マイクロビサイド研究など、3つの重要な臨床試験も行われた。そして、毎月挿入可能な、ARVを含有する膣内リングが開発された。さらに、2016年レトロウイルスと日和見感染に関する会議で発表された研究によると、女性がHIVに感染する可能性を最大37%低下させる。

7月現在、世界保健機関ヨーロッパ地域事務局は、このリングのアフリカでの使用を評価している。また現在、約12種類のマイクロビサイドが開発途中である。HIVだけでなく、他の性感染症や望まない妊娠を防ぐものもある。

しかし、この進歩は危険にさらされている。米国政府はこれまで、主に国立衛生研究所(NIH)のエイズ部を通じて、マイクロビサイドを含めたHIV予防研究へ資金提供をしてきた。このエイズ部は、南アフリカや世界的にマイクロビサイド臨床試験に取り組む科学者やヘルスワーカー、統計学者の人々のネットワークを支援している。しかし米国は、これらのネットワークやエイズ部への援助を見直している。マイクロビサイドよりも、注射可能なARVやHIV予防ワクチンといった、より長期的に効くHIV予防医薬品への投資に集中するという。今後数ヶ月で、エイズ部は、マイクロビサイド研究への投資集中を継続するかどうか最終決定をする予定だ。

しかし、多くの世界のマイクロビサイド研究の運命を決める前に、援助部門は市民参加を求めている。我々の意見を届けるには時間が限られている。多くの研究が行われ、需要の大きい南アフリカは、今すぐ声を上げる必要がある。

原題: US Government Could Slash Funding for Microbicide Research
日付:2017年11月23日
出典:Bhekisisa: Center for Health Journalism 
URL:  http://allafrica.com/stories/201711240782.html

<地域別記事(アフリカ)>
--------------------------------
南アフリカ共和国:「エイズの終息」をめざす前に立ちはだかる4つの障壁
--------------------------------
【2017年11月27日 南アフリカ共和国】
南アフリカ共和国は世界で最もHIV陽性者の多い国だ。新しくHIV陽性となる人が世界の3分の1を占める。2016年にはHIV陽性者が710万人と推定され、同年1000万近くの人がHIV検査を受けていた。

一方、国連の「90−90−90戦略」を採用したこの国は大きな発展がみられている。この戦略目標とは、2020年までに世界のHIV陽性者の90%が自らのHIV陽性を知り、そのうちの90%が治療を受け、さらにそのうちの90%の体内ウイルス量が検出値未満となる、という状態である。

南アフリカ共和国はこの「90−90−90目標」の達成に向けて劇的な前進を遂げている。2016年に全国エイズ評議会South Africa's National Aids Council は、HIV陽性者の86%が自らのHIV陽性を知り、そのうち65%が抗レトロウイルス治療ARTを受け、さらにそのうち85%の体内ウイルス量が検出値未満となったと報告した。東部および南部アフリカ諸国の中で、HIV陽性者がARTを受けている割合を比較すると、南アは18カ国中13位である。

南アが完全に目標を達成するためになすべきことは4つある。HIV検査のターゲットとなる人口集団間のギャップを明らかにすること、ターゲットとなる人々すべてにARTを開始、継続させること、体内ウイルス量の抑制の維持を確実にすること、そして、予防戦略を強化することである。しかし、すべてに大きな問題を抱えている。

まずHIV検査である。国のガイドラインでは、すべての成人が少なくとも年1回、さらに感染可能性の高いコミュニティにいる人は3〜6か月に1回検査を受けることを推奨している。しかし、たとえば一般の男性の多くは、思春期の子どもや若者、男性とセックスする男性と比べて検査に行く確率が低いという。このギャップを埋めるためにはコミュニティや職場でのHIV検査やカウンセリングをより強化すべきであるし、自己検査キットも改良すべきである。

2番目は抗レトロウイルス治療Antiretroviral Treatments(ARTs)である。ARTsによって、南アフリカ共和国では、AIDS関連による死亡がピークであった2005年の32万5000人から2016年には12万6000人まで減少した。最近のプログラムでは、HIV陽性者がCD4細胞の数にかかわらず抗レトロウイルス薬(ARV)を受けとれるのもある。しかし、特に男性、若者、女性のセックス・ワーカーやほかのHIV対策の鍵となる人口集団においてはARTsの開始時期にギャップがある。これらのグループはHIV陽性となってから治療開始が遅くなる傾向にあるのだ。このギャップをうめるには、質の高いクライアント中心のHIVケアや治療同様に、コミュニティベースのARTs開始が重要である。

3番目は体内ウイルス量の抑制である。南アフリカ共和国では今もなお多くの人々が治療やケアを受けることを辞めてしまう。その理由は、例えばART開始時に妊娠した、ケアを受けるときにすでにCD4細胞がかなり低い値になっていた、HIVのことを周囲に言えない、そしてクリニックの診療時間が不便であるなどである。

国家HIVケアと治療プログラムThe national HIV care and treatment programmeはこれまで治療へのアドヒアランス改善のために様々な戦略を展開してきた。こうしたプログラムにとって必要なのは、なぜある人はケアを継続でき、ある人はできないのか、個人レベルおよびコミュニティレベルの決定因子である。

4番目は予防である。一次予防はHIV陰性の人々に焦点をあてているが、そのためのアプローチとして、禁欲やセックスパートナーを減らすなどの行動を変えること、男子割礼、暴露前予防および暴露後予防などがある。しかしこれらはアドヒアランスのレベルや介入されている範囲などによって、集団によっては効果が変わってしまう。

次なるステップは、「90−90−90戦略」を着実に実施していくことで、南アフリカ共和国は次の5年間で新規HIV陽性者数を劇的に減らすことである。2016年に27万人であったのを2022年までに10万人未満となることを目指している。

公衆保健上の脅威としてのAIDSを終わらせるためには、コミュニティや個人の意思決定へのエンパワメントが必要である。

原題:South Africa Still Has Four Critical Gaps to Fill Before It Sees the End of Aids
出典:Journal of the International AIDS Society 
日付:2017/11/27
URL: http://allafrica.com/stories/201711270960.html

-----------------------------------------
(ナイジェリア)持続可能なHIV・AIDS対策を目指して〜地域研究と医薬品の生産
-----------------------------------------
【2017年11月29日 アブジャ(ナイジェリア)発】ナイジェリアのムハンマド・ブハリ大統領Muhammadu Buhariは地域研究とHIV/AIDSのために必要な医薬品の生産と地域研究と開発を強化していくと表明した。彼はナイジェリアでHIV/AIDS治療への海外からの援助や寄付が減少していることを懸念している。海外からの保健衛生に関する物資の調達は現在、十分ではないため、政府はグローバルスタンダードに見合った物資の製造を促進していくことをステークホルダーと協力している。また、HIV/AIDSを含む感染症に対して財政面での増額も必要不可欠であるため、2018年の予算は増加する予定である。しかしながらこれだけでは不十分であるため、政府は州政府や民間セクターに向けて協力を求めている。更に大統領は女性、青少年、乳幼児のHIVによる負担は未だナイジェリアの発展を妨げる要因となっていると伝えた。

大統領は最近の国連の場でHIV/AIDSのための財政支援の問題を議論し、アフリカのいくつかの国の大統領と共に、より多くの資金を供給することを確約した。その中でナイジェリアでは2018年の1年でARVsを、これまでにアクセスできていた人に加えて、新たに5万人に届けることを約束した。財政支援の面では、家族保健協会Society for Family Health (SFH)の運営責任者であるブライト・エクウェレマド氏Mr. Bright Ekweremaduは裕福な宗教指導者にHIV/AIDSの研究支援をするよう求めた。彼はナイジェリアが世界で2番目にHIV陽性者の数が多い国であり、政府の予算だけではこの脅威に対処することができず、民間セクターや裕福な宗教指導者などに頼らざるを得ないと強調した。

また、保健省Ministry of Healthのアイザック・アデウォレ教授Prof. Isaac Adewoleは何年もの対策にも関わらず、乳幼児へのARTのアクセスは6年間で28%にとどまっていると話した。また母子感染予防サービスも1年で30%の妊婦しか受けられていない。国連合同エイズ計画Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS)のエラスムス・モラー氏Mr. Erasmus Morahは男性が特にHIV検査や治療を拒絶していることを述べた。

全国エイズ管理局the National Agency for the Control of AIDS (NACA)の総裁であるサニ・アリユ医師Dr. Sani Aliyuは、ナイジェリアには320万人のHIV陽性者がいるが、そのうちわずか100万人のみが治療を受けていると言う。彼らの治療のためには年間少なくとも500億ナイラ(約157億円)必要だが、ART普及率を100%カバーするためにはこの3倍必要であると述べている。これは政府のみの予算ではまかないきれない。また、HIV/AIDSサービスの普遍的アクセスを達成するために、必要物資の確保、データの質の改善や人的資源の必要性など様々な課題をあげている。大統領はARTへのアクセス改善のために、毎年追加で50,000人にARTを届けるファストトラック計画を始め、「大統領治療計画」のもとでカメルーン国境に接するタラバ州および南東部のアビア州で60,000人にARTを与え続けているなど積極的に取り組んでいる。また州知事により少なくとも0.5%から1%の予算がHIV/AIDSのために使われている。

アリユ医師とNACAは保健省などと協力してHIV/AIDSの感染調査を実施している。これらの調査からHIVの発病率、ARTを受けているHIV陽性者のウイルス量抑制の割合、B型・C型肝炎の罹患率などの信頼できるデータがもたらされている。

原題:Nigeria: Buhari - Nigeria to Intensify Local Search, Production of HIV/Aids Drugs, Health 
Commodities
出典:THIS DAY
日付:2017/11/29
URL: https://www.thisdaylive.com/index.php/2017/11/29/buhari-nigeria-to-intensify-local-search-production-of-hivaids-drugs-health-commodities/

--------
編集後記
--------
昨日に続いて、本日GAU332号を出しました。2号を二日間で出したのは初めてです。今年はあともう一号、30日か31日に出す形となります。もう2017年も終わり、来年、再来年と非常に大きな変化の年になってくるだろうと思います。年越し、心してかかる必要がありますね。(稲場)

---------------------
★メールマガジンご案内
---------------------
★「グローバル・エイズ・アップデート」は、世界のHIV/AIDS問題の最新動向を網羅するメールマガジンです。

★HIV/AIDS問題は、現代世界における保健医療上の最大の課題の一つです。しかし、日本では、こうしたグローバル・エイズ問題の深刻さや最新の情報が伝わっておらず、この問題へのコミットメントが薄いのが現状です。

★このメールマガジンは、グローバルなHIV/AIDS問題の最新動向を日本語で伝えるメディアが必要だという認識から生まれました。HIV/AIDSに関わる主要なウェブサイトの記事を日本語に要約し、隔週で発行しています。また、発行後すぐにブログにも更新。過去記事をカテゴリーごとに確認したい方はこちらからどうぞ。
http://blog.livedoor.jp/ajf/

★継続して購読を希望される方は、以下の講読申込票をメールマガジン発行元(特活)アフリカ日本協議会までご送信下さい。また、本メールマガジンを発行している「Melma!」の以下のサイトから登録することもできます。
http://www.melma.com/backnumber_123266/

---------------------------------------
<講読申込票>info@ajf.gr.jpまで
---------------------------------------
★氏名
★所属(あれば)
★メールアドレス
★ご在住の市町村
★コメント
---------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-09-14  
最終発行日:  
発行周期:隔週  
Score!: 80 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。