国際情勢

グローバル・エイズ・アップデート

地球規模の広がりを見せるHIV/AIDS問題。アフリカなど途上国を中心に、現状と国際社会、市民社会の取り組みの最新情報を伝えるメールマガジン。

全て表示する >

(GAU329号)途上国へのエイズ新薬の低価格導入でグローバルファンドも購入費用を圧縮の見込み

2017/11/03

----------------------
★「第329号」目次

●対策・課題別記事、アフリカ以外の地域別記事
・グローバルファンド、画期的な抗レトロウイルス薬価格合意から利益
・米国両院予算委員会、グローバルヘルスへの資金拠出額の維持を承認
・暴露前予防(PrEP)が招くコンドーム使用減少はHIV感染リスクを上げる?
●アフリカの地域別記事
・HIVに対する偏見や差別が保健医療サービスの利用を妨げる
・(スワジランド)HIV予防の取り組みを若い女性たちに届ける
・(マラウイ)妊娠中の女性は2回HIV検査を受けるべき
-----------------------------------Vol.18 No.05 ---------------

◆発 行:(特活)アフリカ日本協議会
◆連絡先:
・東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル3F
・電 話:03-3834-6902
・FAX:03-3834-6903
・電子メール:info@ajf.gr.jp
◆バックナンバー:下記ブログをご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/ajf/
◆Melma!を通しての購読申し込みは
http://www.melma.com/backnumber_123266/
◆本メールマガジンから転送・引用を行う場合は、事前に発行者にご連絡をお願いします。


<対策・課題別・地域別(アフリカ以外)記事>
-----------------------------------------
グローバルファンド、画期的な抗レトロウイルス薬価格合意から利益
-----------------------------------------
【2017年10月3日発】ビル&メリンダ・ゲイツ財団とインドに拠点をもつマイラン・ラボラトリーズ社 Mylan Laboratories、アウロビンド・ファーマ社 Aurobindo Pharmaの2つのジェネリック製薬会社の価格合意のおかげで、抗レトロウイルス (ARV) の費用が大幅に抑えられる見通しである。2018年から最先端の多剤併用抗レトロウイルス治療が、患者1人あたりの年間コストが最大75ドルで、発展途上の92カ国で受けられるようになる。

この合意に向け、南アフリカ共和国政府、ケニア政府、グローバルファンド、国連合同エイズ計画(UNAIDS)、クリントン・ヘルス・アクセス・イニシアティブ (CHAI)、イギリスの国際開発省、米大統領エイズ救済緊急計画(PEPFAR) と米国国際開発庁(USAID)が一体となり取り組んできた。

この価格同意は、グローバルファンドの年間支出40億円のうち、4割(16億円)に充てられている医療関連購入の半分、ARVの費用(8億円)を抑えることができる見込みである。また、価格同意に携わった団体らは、今後6年間で、保健省や公共機関がARV治療に費やす支出を10億以上抑えられるだろうと見積もっている。ARV治療計画には、TLDの呼称で知られる、テノホビル、ラミブジン、ドルテグラビルの投薬が含まれる。3つの薬の中で最も新しいドルテグラビル(DTG)は、これまでの逆転写酵素阻害剤、プロテアーゼ阻害剤と異なる新しいタイプのARVである「インテグラーゼ阻害剤」の一つで、以前の治療薬でしばしば課題となっていた薬剤耐性を防ぐ効能がある。DTGは先進国では広く使用されている。ロイター通信によると、DTG服用を取り入れた治療計画は、発展途上国でよく使われている治療計画と比較し、効能が高く、副作用が少なく、薬剤耐性に対して効き目のより高いことが臨床試験で明らかとなっている。

抗レトロウイルス治療は、先進諸国で普及してから、発展途上国でも低価格で提供できるようになるまでにタイムラグがある。第一世代の抗レトロウイルス治療は12年かかった。続いて、第二世代は、6年かかり、第三世代は、利潤の高い医薬品市場から、より多くのHIV陽性者を治療につなげようと苦闘している国にも浸透するまでに3年かかった。この価格同意は、HIVと共に暮らしている全世界の3670万人の人びとのために、高品質の抗レトロウイルス治療へのアクセスを確保するグローバルな目標を推進すると期待される。UNAIDSの推測だと、現在ARVsを受けているのは、およそ半数の1950万人である。

原題:Global Fund to benefit from “breakthrough” ARV pricing agreement 
出典:aidspan
日付:2017/10/3
URL:http://www.aidspan.org/node/4359

-----------------------------------------
米国両院予算委員会、グローバルヘルスへの資金拠出額の維持を承認
-----------------------------------------
【2017年10月3日】米国の連邦上下両院の予算委員会は、米国の2018年度のグローバル・ヘルス・プログラムへの予算を前年度と同じレベルで提出した。これにより、予算委員会はトランプ大統領President Donald Trumpが提出した、途上国のエイズ・結核・マラリア対策に資金を供給するメカニズムである「グローバルファンド」(世界エイズ・結核・マラリア対策基金)への2億2500万ドル減、および米大統領エイズ救済緊急計画PEPFARへの10億ドル減を含む25億ドルの減額する予算案を無視したことになる。米国の会計年度は2017年10月1日から2018年9月30日までである。

予算委員会が承認したのは、グローバルファンドへの13億5千万ドル、PEPFARへの46憶ドル、米国マラリア制圧推進プログラムである大統領マラリア・イニシアチブPMI(President’s Malaria Initiative)への7億5500万ドル、そして低所得国でのワクチン接種の公平性を高めることを目的とするGaviワクチンアライアンスGavi(the Vaccine Alliance)への2億9千万ドルである。

予算委員会からの承認を得て、この予算案は上下両院それぞれの院内全体での投票へと移される。もしグローバル・ファンドへの13億5千万ドルが議会で承認されれば、アメリカが2017〜2019年度で宣言した資金である43億ドルの一部を今回初めて拠出したことになる。2014〜2016年度は41億ドルであった。予算委員会は、アメリカ国立衛生研究所NIH(the National Institute of Health)の傘下であるフォガーティ国際センターFIC(The Forgarty International Center)への7400万ドルの資金拠出についても承認している。FICはグローバルヘルスにおける格差を縮小するための科学的調査や研修に対して国際的な支援をしている。しかし、トランプ政権はこのセンターの廃止をもとめている。予算案に含まれる政策上の対策に関しては、上下院は正反対の意向を示している。

なお、上院の予算委員会は国連人口基金UNFPA(the United Nations Population Fund)への米国からの資金拠出の回復を意味する、「グローバル・ギャグ・ルールthe global gag ruleの廃止」に一票を投じている。「グローバル・ギャグ・ルール」とは、共和党政権下において人工中絶に関するサービスや議論を展開する国際保健団体への米国の支援を封じるものとして打ち出された。メキシコシティで1984年に開催された「世界人口会議」に向けてレーガン政権が打ち出したので、正式には「メキシコシティ政策」The Mexico City Policyと呼ばれる。その後クリントン、オバマ民主党政権下では廃止され、ブッシュ、トランプ共和党政権の開始により再導入される歴史が続いている。一方、下院予算委員会はグローバル・ギャグ・ルールの維持を支持し、UNFPAへの資金拠出に反対している。

原題:Appropriations Committees in U.S. Congress Vote to Maintain Funding for Global Fund and PEPFAR
出典:Aidspan
日付:2017/10/3
URL: http://www.aidspan.org/gfo_article/appropriations-committees-us-congress-vote-maintain-funding-global-fund-and-pepfar

-----------------------------------------
暴露前予防(PrEP)が招くコンドーム使用減少はHIV感染リスクを上げるのか?南アフリカ共和国、ヒルブロウでの調査
-----------------------------------------
【2017年9月20日 ジョハネスバーグ(南アフリカ共和国)発】経口でのエイズ予防薬の暴露前予防投薬 PrEP(pre-exposure prophylaxis)は、HIVに感染する可能性の高い人々にとって有望かつ新たな予防策である。しかし、これについては、特にコンドームの不使用といった、逆効果を引き起こす行動を招き、PrEPの予防的効果にが損なわれてしまうのではないか、という懸念が生じている。

PrEPは南アフリカ共和国で2015年に承認され、2016年には南アフリカ共和国・セックスワーカーHIVプラン(2016−2019)に組み込まれている。以上のような背景から、南アフリカ共和国の最大都市ジョハネスバーグにおいて、女性のセックスワーカーFSW(Female Sex Workers)を対象に、PrEPを開始したFSWがコンドーム使用を減らしてしまうことによって、HIV感染のリスク低減に制限を与えてしまうことにつながるのか、ケーススタディを実施した。このケーススタディでは、(1)HIV感染の可能性、(2)PrEP導入前後におけるコンドーム使用状況、さらに(3)PrEPの効果、以上の関係性について数理モデルの一つである静的モデルを作成した。

PrEPを開始したFSWを対象に、コンドーム使用が減ってもHIV感染リスクはどれだけ変化しないか(感染リスクの上昇を抑えられるか)、それはPrEP開始する以前のコンドーム使用がどの程度確実に守れているかでどう変化するのかという、もともとのコンドーム使用状況の一貫性(%)とPrEP導入後のコンドーム使用状況(%)が及ぼすHIV感染リスクの変化について、相手が配偶者やパートナーの場合と一時的な客との場合の両方について検討した。このモデルには、コンドーム使用が減少することによってHIVに限らず性感染症STIs(Sexual transmitted infections)への暴露の上昇による影響が結果に反映されるかどうか評価できるよう、STIsの影響も組み込まれている。また、たいていパートナーとはコンドーム使用が少ないことから、相手を客だけに絞り、コンドーム使用状況がPrEP導入前後で変化しても、HIV感染リスクが50%あるいは90%抑えられるかどうか検討した(50%という数値は、PrEPの考えられうる効果レベルすべて55、75、95%、また導入前のコンドーム使用状況の一貫性30〜90%、以上2つの条件がいずれの場合でも起こりうるHIV感染リスク低減の最小値である)。このモデルはジョハネスバーグのヒルブロウ地区から得た。結果のロバストネス(今回のケーススタディの結果が安定的に他の対象者やケースに対しても適応できるかどうかといった安定性)評価として感度分析をおこなった。

調査の結果、もともとのコンドーム利用が低い(65%)FSWでも、コンドーム利用の減少でHIV感染の可能性は変化せずに維持されていた。PrEPの効果が75%で、もともと客との間でのコンドーム使用が70%程度あれば、コンドームを100%使わなくてもPrEPの効果は50%維持されることが示された。コンドーム使用が減少することでSTIsへの暴露が増加したとしても、PrEPを受けている場合はコンドーム使用減少には大きく影響しないことが示唆された。

PrEPは、コンドーム使用が減少してもHIV感染リスクを低減する効果がある可能性がある。コンドーム使用状況がよいFSWsにコンドーム使用を継続するよう意識づけをしていくことは重要である。一方、PrEPへのアドヒアランスは大きな課題である。

原題:When are Declines in Condom Use while Using PrEP a Concern? Modelling Insights from a Hillbrow, South Africa Case Study
出典:Journal of the International AIDS Society 
日付:2017/9/20
URL: http://www.jiasociety.org/index.php/jias/article/view/21744
http://dx.doi.org/10.7448/IAS.20.1.21744

<地域別記事(アフリカ)>
-------------------------------------------------------
HIVに対する偏見や差別が保健医療サービスの利用を妨げる
-------------------------------------------------------
 【2017年10月3日 ジュネーブ(スイス)発】大きな偏見や差別を体験したことのあるHIV陽性者は、そのような経験のない陽性者と比較して、治療を受けるまでの時間が約2倍遅くなるということが、国連の報告で明らかになった。

報告の中で、「HIV陽性者やHIVのリスクがある人が、保健医療ケアなどの場で差別されていると、彼らは表に出てこなくなってしまう」と、国連合同エイズ計画 the Joint UN Programme on HIV/AIDS (UNAIDS)のミシェル・シディベ事務局長 Michel Sidibéは指摘する。「これは私たち(国連)がHIV検査、治療や予防サービスを人々に届けることを深刻に妨げる」と彼は付け加えた。
「差別に立ち向かう」と題された報告書では、保健医療ケアやその他の環境でのHIVに対する偏見や差別が、人々がHIV予防・検査や治療を利用するのをいかに妨げ、彼らの命を危険に晒すかを証明した。そして、その偏見や差別に立ち向かうための一番良い方法を強調した。
「偏見や差別は人権侵害であり、HIV陽性者やエイズ対策の上で鍵となる人口集団の命を危険に晒している」とシディベ事務局長は言う。

HIV陽性者たちは、彼らがHIVに感染していることが暴露されたり、HIV陽性ということによるさらなる偏見や差別を受けることを恐れるあまり、病院に行くことを避けることがたびたびあるという。

19ヶ国での調査からのデータでは、HIV陽性者の5人に1人は、偏見や差別を恐れ病院に行くのを避け、4人に1人の陽性者は、保健医療ケア環境における偏見や差別を経験した、という。

偏見や差別に対抗するプログラムが実行されている場所では、HIV予防や検査、治療に対する利用が向上した。ナミビアのある診療所では、差別のない保健医療ケアサービスに移行したところ、HIV陽性者の死亡を20%減少することが出来た。

報告書は、「HIVや他の感染性疾患の流行にかかわる人権の推進と保護」をテーマに10月2〜4日にスイスのジュネーブで開催された国連人権理事会の「社会フォーラム」the Human Rights Council Social Forumで発表された。

●原題: Africa: HIV-Related Stigma, Discrimination Prevent People From Accessing Health Services - UN
●出典:All Africa (UN News Service)
●日付:3 OCTOBER 2017
●URL: http://allafrica.com/stories/201710040132.html (http://www.un.org/apps/news/story.asp?NewsID=57799#.WfOJzK202Ho

----------------------------------------------------------------------
(ジンバブウェ)HIV予防の取り組みはHIV感染に陥りやすい女性や若い女性に届かなければならない
--------------------------------------------------------------------------
【2017年10月10日】直近のデータによると、南部アフリカの内陸国スワジランドの5人に1人の大人はHIV陽性であり、女性の間で最も高くなっている。この状況にもかかわらず、若者-特に若い女性-は自らの安全を確保するための情報とサービスを得られていないことが多い。

17歳のタクホナtakhonaは最近までHIVと性感染 sexually transmitted infections (STI)について何も知らなかったと語った。彼女は「セックスはただ楽しいだけだと思っていた。何も起こらない。妊娠もHIVも性感染も何も知らなかった。」と言っている。彼女はスワジランドの南部、南アフリカ共和国と国境を接し、最も貧しい地域の1つであるシセルウェニ出身だ。貧困による精神的苦痛は私と仲間たちの心をむしばんでいき、ストレスから逃れるためにセカンダリースクールの時に飲酒を始めた。

・リスクを背負う若い女性たち

タクホナTakhonaと同じようなストレスを他の多くの人も抱えている。スワジランドのHIV感染率は世界で最も高いにも関わらず、特に若い人が治療を受けることが難しい。

なぜなら多くの保健所は「youth-friendliness」の基準に適合していない、つまりHIV検査や予防を含む性的保健サービスへのアクセスを支援したり、偏見を抑えると同時に若者を受け入れる行動をとっていないからだ。この状況下で、女の子と若い女性がより大きなリスクに直面している。女性たちはHIV感染率が非常に高く、性的虐待に苦しんでいる。また10代の女の子の妊娠率が非常に高い。しかし、タクホナTakhonaは幸運だった。友人が彼女にUNFPA(国連人口基金)が支援し、性や生殖の健康に関する情報を若者伝えるプログラム「若者のセーブガード」Safeguard Young Peopleを紹介されたからだ。

「もし私が妊娠したら、子どもはとても貧しくなる。」と彼女は気がついた。「貧しい子どもは病気にかかりやすい。私の未来は学校に戻れないせいで良くならないだろう。教育がなければ、そこには何もないのだ。」また、彼女は「私の母はHIVが治る病気だと信じていた。彼女は、握手や同じトイレを使うことでHIVが移るこの可能性があると思っていた。」と周囲の人々のHIVに対する無知さを説明した。

・HIV予防指針が希望をもたらす

国連人口基金はスワジランドで若者が通いやすいHIVサービスを通常の性的医療サービスに統合しようと取り組んでいる。今日、4分の1に近い保健施設が若者にそのようなサービスを提供しているが、まだやれることは多くある。「多くの場所で、自分たちの身体に関する教育、行政機関、自治体へのアクセス不足は青年期の女の子が人権を訴えることから遠ざけている。そして、この力の欠如は若い女性たちをHIVや妊娠に関して脆弱にしている。」と国連人口基金の事務局長ナタリア・カネム氏は述べている。そして、カネム事務局長と国連合同エイズ計画のミシェル・シディベ事務局長はスイスのジュネーブでHIV予防ロードマップを共に立ち上げた。そのロードマップは新たな感染を75%低下させるという戦略である。それは、脆弱な青年期の女の子、特に彼女たちのエンパワーメントに焦点を当てており、暴力から女性を守ることや教育と保健サービスへのアクセスを確保するためのより良い取り組みを求めている。

・明るい未来

このような努力はタクホナtakhonaの人生を大きく変えた。昨年、彼女は中等学校を卒業し、今は教師を目指している。「私がスワジランドの女の子のために願うことは、明るい未来とよりよい生活水準です。私たちは明るい未来を模索している。」と彼女は語った。

原題:Africa: HIV Prevention Efforts Must Reach Vulnerable Girls and Young Women
出典:UNFPA(News) 
日付:2017/10/10
URL: http://www.unfpa.org/news/hiv-prevention-efforts-must-reach-vulnerable-girls-and-young-women

---------------------------------------------------------
(マラウイ)妊娠中の女性は2回HIV検査を受けるべきである
---------------------------------------------------------
【2017年10月9日 ブランタイヤ(マラウイ)発】アフリカ南部の内陸国マラウイのブランタイヤ県の保健省に勤めるメドソン・マチャヤ医師 Medson Matchayaは、マラウイ・ニュース機関 Malawi News Agencyとのインタビューで、妊娠中の女性はHIV検査を2回受けるべきであると話した。これは、マラウイの最大都市ブランタイヤから北方にある郊外の町、ルンズにあるカディディ・ヘルス・センターで、産科クリニックを受診する妊婦が出産前にHIV検査を2回行っていたという報告を受けての発言である。

マチャヤ医師は、「妊婦には妊娠初期の3ヶ月内にHIV検査を受けるよう促しているが、もし最初の3ヶ月の間に検査をすれば、妊娠期間は9ヶ月なので出産までにあと6ヶ月あることになる。確実にHIV陰性であることを確かめるためには再度検査する必要がある」と話した上で、「しかし、もし妊娠8ヶ月でHIV検査を受けた場合、その後は再度検査を受けないだろう、なぜならば、『ウインドウ・ピリオド』(HIVに感染しているが、HIVが検査で発見されない可能性のある期間)とされる3ヶ月間は出産後に終わるからである」と付け加えた。

2人の子どもをもつある母親は、ほとんどの女性が妊娠中に2回HIV検査を受けないのは悲しいことだとして「ほとんどの産科クリニックでは妊婦は2回検査しません、なぜなら最初の検査で陰性という結果を誤解してしまい、ウインドウ・ピリオドの期間中であるという可能性を考えないためです」と話している。

母親は、「妊婦が確実に2回検査を実施できるようにするのは医療提供者の義務であると思う。同時に妊婦は自身と生まれてくる子どもの健康に注意を払うべきだ」とも話す。

妊娠中においては、『ウインドウ・ピリオド』の可能性を加味してHIV陰性であることを確かめるため、一定期間を置いて2回検査を受けて陰性であることを確認することが推奨されているが、ほとんどの妊婦は、妊娠中に1回しか検査を受けていない。

原題:Malawi: Pregnant Women Must Be Tested Twice for HIV-Blantyre Dho
出典:The Malawi Post
日付:2017/10/09
URL:http://www.maravipost.com/pregnant-women-must-tested-twice-hiv-blantyre-dho/

--------
編集後記
--------
台風が2週連続で襲来した先週、先々週から一転して、今週末の連休はとてもいい天気(関東地方ですが)。円覚寺の舎利殿など国宝が公開される日ということで鎌倉に行ってきました。建長寺から鎌倉アルプスをめぐって、降りてきた覚園寺の本堂が素晴らしかったです。少しマイナーなお寺ですが皆さんも行ってみてください。(稲場)

---------------------
★メールマガジンご案内
---------------------
★「グローバル・エイズ・アップデート」は、世界のHIV/AIDS問題の最新動向を網羅するメールマガジンです。

★HIV/AIDS問題は、現代世界における保健医療上の最大の課題の一つです。しかし、日本では、こうしたグローバル・エイズ問題の深刻さや最新の情報が伝わっておらず、この問題へのコミットメントが薄いのが現状です。

★このメールマガジンは、グローバルなHIV/AIDS問題の最新動向を日本語で伝えるメディアが必要だという認識から生まれました。HIV/AIDSに関わる主要なウェブサイトの記事を日本語に要約し、隔週で発行しています。また、発行後すぐにブログにも更新。過去記事をカテゴリーごとに確認したい方はこちらからどうぞ。
http://blog.livedoor.jp/ajf/

★継続して購読を希望される方は、以下の講読申込票をメールマガジン発行元(特活)アフリカ日本協議会までご送信下さい。また、本メールマガジンを発行している「Melma!」の以下のサイトから登録することもできます。
http://www.melma.com/backnumber_123266/

---------------------------------------
<講読申込票>info@ajf.gr.jpまで
---------------------------------------
★氏名
★所属(あれば)
★メールアドレス
★ご在住の市町村
★コメント
---------------------------------------


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-09-14  
最終発行日:  
発行周期:隔週  
Score!: 80 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。