サッカー

サッカー日本代表★戦術論

サッカー日本代表のフォーメーション、選手選考など
特に戦術を中心にみんなで考えて行くメルマガです。


全て表示する >

サッカー日本代表★戦術論

2005/12/07

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 
             サッカー日本代表★戦術論
 vol.22
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜**〜*〜*〜* 
*  サッカー日本代表についてのコラム、戦術論の投稿を募集しています。
  あなたの意見をこのメールマガジンに載せてみませんか?
*  投稿はコラムタイトルをつけてkou3@leo.livedoor.comまで
  投稿者名を明記してくださいね。
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜**〜*〜*〜* 

さあ、今年度の代表日程をすべて終了し、
いよいよ12/9にはドイツW杯抽選会が行われます。
予選グループ分けが決定すれば、相手チームを見据えて具体的な
戦い方を考えることになりますが、現段階でも2002日韓W杯の時のグループに比べ、
シード国ではないこともあり、さらに厳しいグループになると予想されます。

●シード国、ポッド分けが決まりました。 
ポッド1 シード国 =ドイツ、イタリア、フランス、ブラジル、アルゼンチン、スペイン、イングランド、メキシコ 
ポッド2 アフリカ・南米・オセアニア 
ポッド3 ヨーロッパ 
ポッド4 アジア・北中米カリブ海 
スペシャルポッド セルビア・モンテネグロ 
セルビア・モンテネグロはポッド4を引く前に、アルゼンチン、ブラジル、メキシコのくじを引くとのことです。 


本大会予選グループリーグでの戦いを見据えると、
まず考えるべきはディフェンス。
ディフェンダーの競争、リザーブの人選などもありますが、
どうしても世界の強豪を1対1では止められない、
負けてしまうということはあると思います。
そこで、トルシエ時代のフラット3などもそうですが、
組織で守る戦術というのが必要になってきます。

フラット3はラインを上げて積極的にオフサイドをとりに行く戦術で
ラストパスを出す所を防ぐものでした。
問題点としては両サイドの裏のスペースが空くことや、2列目からの飛び出しで
簡単に破られてしまうこともありました。
ただ、トルシエの場合、攻守のバランスを非常に重視していて、
ボランチも最初の頃はワンボランチでしたが、途中からは常にダブルボランチで
必ず片方のボランチが上がれば、もうひとりは残るようにしていましたし、
両サイドも左サイドが主に攻撃的で右サイドがバランスを保つという感じに
なっていました。

ジーコジャパンをディフェンス面で考えた時、まず気になるのはこの部分、
両サイドとボランチのバランスです。サイド、ボランチ共にもっと守備的な
選手の起用も考えながらバランスをとっていかないと本大会では危険では
ないかという感じがします。
最終ラインとボランチの間のスペースを開けないこと、
そして、「パスの出所をつぶす」ことが大前提であり、高さやスピード対策よりも
まず日本の生命線となるものはプレッシングであると思います。

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
★結局、ディフェンス面ではフラット3はともかく、トルシエ時代の方がいいという
感じになってしまいました(笑)

組み合わせ抽選会が楽しみです。
W杯まであと半年です!ご感想等どしどしご投稿ください!
============================================
○電子メールマガジン「サッカー日本代表★戦術論」
コラム・投稿を募集しています。日本代表の戦術・フォーメーション・選手選考
などについてみなさんの意見を聞かせてください。

投稿はこちら kou3@leo.livedoor.com

-------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-09-10  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。