株式・投資関連

日経225先物、225オプション取引情報

日経225先物、225オプション動向に関する解説と市況展望を配信致します。

全て表示する >

日経225先物、225オプション取引情報

2006/09/02

09/01 大引け日経平均16134.25(-6.51)日経先物16120(-40)  
CME終値を下回る寄り付き場面16050円から取引が開始され、例に漏れずの人為的と思しき手
の介入により切り返し、後場には16170円を示現する場面を垣間見た。しかし、その後は、
徐々に値を崩して、もち合った後に切り返し、結局、日経225先物は、16120円にて一日の取
引を終了している。

大引け段階で日経225先物9月限の出来高は、58633枚、東証一部出来高は、14.96億株と、先
物商い、現物株商いも低水準の域にある。

高値波乱の推移の反動場面へ繋がる兆しが、現れていたが、本日も、再びくどい場面を眺め
る一日に終始した次第。しかし、引き続き順当な流れへ繋がる過程にあるように映り、今後
も、徐々に値を消すかたちと推察され、ここでしつこく述べてきたように、無理矢理買い支
えと思しき動きをもって操作するかの動きになったにせよ、結果的にそれは一過性の出来事
と決まり、尚、根本の流れに変化は生じていないように映る折、引き続き激震の瞬間を待つ
ところにあると考察される。

また、為替動向は、7/19に示現された117円49銭を頂点として、徐々に押し戻される過程にあ
るが、現在、117円台前半の域にあり、高値に迫る。しかし、現在の状況からは一変して、今
後、国内金利上昇を意識して、再び円が買い進まれてくる可能性も高い状況と考察され、こ
こでは、尚、見方に変更なく臨む必要があるのでは?

米国市場は、尚も高値圏に留まる。しかし、既に、過剰流動性の後退を起因として、徐々に
ピークアウトする過程にあると伺えており、再び陰転する推移から、NYダウ、ナスダック指
数は、大きく下振れる展開へ繋がる可能性も高いと推察される為、更に注意警戒心を強く抱
き臨む必要があるのでは?

加えて、非常にくどく、且つ小さなレンジ内にてもち合い、どうにも煮えきれない推移に終
始したが、場中では、クロス商いとも思われるかの動きが見受けられており、この向きを目
的とする意図にて、昨日から続く高値波乱のもち合い推移が続いてきたかにも映る次第であ
る。しかし、常に、このコラムにて布石を行うように、量的緩和策解除を起因とする過剰流
動性の後退から、さらに下振れる推移へ回帰する可能性を、常に孕む局面ゆえ、やはり、こ
こで過剰な上昇期待は禁物であろう。一方、米国市場は、雇用統計発表を控える中で、高値
圏へ留まるが、これを起因として、再びピークアウトの様相を強める可能性もあると思われ
るが、この材料にこだわる必要もなく時間の問題の域と推察され、東京市場と同様の過程に
至るところであろう。週明け月曜日は、米国市場休場であり、参加者薄の間隙にて、人為的
と思しき手の作用と欧州勢を中心とする外国人投資家との出合いの行方を確認したい。

最後に、週明けは、本日高値圏をくどく往来する波乱の推移が続くか、或いは、再び下振れ
る推移へ繋がり、16000円を漏れるところとなるかを確認する場面となるが、重い上値を簡単
に突破できるとも思えぬところであり、順当な運びからの推移を考察する必要があるのでは?


8316 三井住友 1350000(+30000)高値もち合いから再び下方へ放れるかたちへ繋がる過程
に映るものの、またも高値波乱の推移にある。今後も戻り売りに押される推移が続き易いと
推察される。さらに、ここまで、無理に買い進まれて来た経緯が災いして意外なレンジまで
押し戻される可能性も払拭できない状況。

8306 三菱UFJ 1610000(+10000)下方へ放れる過程へ繋がりつつあるものの、本日も、
尚、高値もち合いのくどい過程にひかれるところを脱却しきれずにもある。だが、大きく下
振れる展開へと繋がる可能性も払拭できない状況と推察され、見方に変更なく臨む必要があ
るのでは?

8303 新生銀 720(-3)小動きのもち合いに終始、さらに押し戻され易い値位置にあるもの
と推察される為、今後も値動きに警戒しつつ動向を確認したい。
 
9984 ソフトバンク 2085(+10)引け間際より切り返しているが、再び2000円を漏れてくる
のは時間の問題と察せられ、さらに大きな下値余地を残すところ、目先の戻りの動きなどで
一喜一憂せずに臨む必要があるのでは?

9983 ファーストリテイリング 10820(-130)小動きにて高値圏でもち合う推移から、再び
下へ放れる兆候が伺えている。当社WVシステムにおいても売りサインが点るところの為、今
後、再び大きく押し戻される可能性を孕む場面にあると考察される。

6857 アドバンテスト 11340(+170)続伸しているものの、人為的な作用に頼るところ大き
く、既に、売りサインをWVシステムより検出する状況で、再び10000円割れを視野に入れる推
移へ繋がる可能性も高い。よって、見方に変更なく臨む必要があるのでは?

7211 三菱自 203(-2)WVシステムにて売りサインを検出しており、引き続き不穏な空気も
漂う状況の為、下振れ場面へ繋がる可能性も払拭できないところと推察される状況と推察さ
れ、注意警戒を怠らずに臨みたい。

6313 共立 357(+2)既にWVシステムにて売りサインを検出す折、市場の推移に感化されて
押し戻され易いところにもあると考察され、引き続き 注意警戒心をもって動向を探る必要が
あるのでは?

5713 住友鉱 1667(+)さらに、一段安へと繋がる可能性を孕む状況の為、注意警戒心を抱
きつつ動向を確認したい銘柄。

4777 ガーラ 84000(-2500)再び下方へ押し戻される兆候が見られており、全般の流れを
汲んで、さらに一段安の場面へ転じる可能性を残す場面の為、注意警戒が必要であろうか
ら、引き続き動きを慎重に見極めたい。

来週の具体的動向詳細、仕掛け目処などの内容はメール配信サービスにて解説を行いたい。


9/1WV midスイング売買サイン225先物版メール配信サービス 本日ポジション

9/01AM09:00 新規売 16,060 9/01PM03:10 含益 16,120 -60 


9/1WV mid短期売買サイン225先物版メール配信サービス 本日成績(+180)

8/31PM03:03 新規売1 16140 9/01AM09:27 返済買 16080 60 
9/01AM09:01 新規売2 16060 9/01AM09:27 返済買 16080 -20 

9/01AM09:27 新規買 16080 9/01AM09:42 返済売 16080 0 

9/01AM09:42 新規売1 16080 9/01AM10:36 返済買 16060 20 
9/01AM10:00 新規売2 16080 9/01AM10:36 返済買 16060 20 
9/01AM10:17 新規売3 16060 9/01AM10:36 返済買 16060 0 

9/01AM10:36 新規買1 16060 9/01AM10:58 返済売 16060 0 
9/01AM10:48 新規買2 16060 9/01AM10:58 返済売 16060 0 

9/01AM10:58 新規売 16060 9/01PM00:34 返済買 16070 -10 

9/01PM00:34 新規買 16070 9/01PM01:24 返済売 16130 60 

9/01PM01:24 新規売1 16130 9/01PM01:57 返済買 16110 20 
9/01PM01:40 新規売2 16110 9/01PM01:57 返済買 16110 0 

9/01PM01:57 新規買 16110 9/01PM02:06 返済売 16110 0 

9/01PM02:06 新規売 16110 9/01PM02:12 返済買 16110 0 

9/01PM02:12 新規買 16110 9/01PM02:14 返済売 16090 -20 

9/01PM02:14 新規売1 16090 9/01PM02:29 返済買 16100 -10 
9/01PM02:16 新規売2 16090 9/01PM02:29 返済買 16100 -10 

9/01PM02:29 新規買1 16100 9/01PM03:07 返済売 16130 30 
9/01PM02:30 新規買2 16110 9/01PM03:07 返済売 16130 20 
9/01PM02:33 新規買3 16120 9/01PM03:07 返済売 16130 10 

9/01PM03:07 新規売 16130 9/01PM03:10 含益 16120 10 


9/1WVデイトレード売買サイン225先物版メール配信サービス 本日成績(-110)

AM09:00 売 16,050 PM00:51 買 16,130 -80 
PM00:51 買 16,130 PM01:16 売 16,130 0 
PM01:16 売 16,130 PM02:34 買 16,130 0 
PM02:34 買 16,130 PM02:43 売 16,130 0 
PM02:43 売 16,130 PM02:54 買 16,140 -10 
PM02:54 買 16,140 大引け 売 16,120 -20 


9/1WV短期売買サイン225先物版メール配信サービス  本日成績(+20)

AM09:00 売 16,050 PM00:36 買 16,080 -30 
PM00:36 買 16,080 PM01:15 売 16,130 50 
PM01:15 売 16,130 PM01:58 買 16,110 20 
PM01:58 買 16,110 PM02:06 売 16,110 0 
PM02:06 売 16,110 PM02:12 買 16,110 0 
PM02:12 買 16,110 PM02:15 売 16,100 -10 
PM02:15 売 16,100 PM02:33 買 16,120 -20 
PM02:33 買 16,120 PM02:40 売 16,130 10 
PM02:40 売 16,130 PM02:56 買 16,140 -10 
PM02:56 買 16,140 PM03:00 売 16,140 0 
PM03:00 売 16,140 大引け 買 16,130 10 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-08-28  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。