株式・投資関連

日経225先物、225オプション取引情報

日経225先物、225オプション動向に関する解説と市況展望を配信致します。

全て表示する >

日経225先物、225オプション取引情報

2006/07/04

07/04 大引け日経平均15638.50(+66.44)日経先物15560(+50)  
CME終値は15755円と大幅上昇したが、夜行性の動きに倣う事なく、15660円より取引が開始さ
れ、ここ高値圏にてもち合い、後場寄り付き後には、人為的な手と思しき動きの作用が加わ
る中で、一時15720円を示現した。しかし、ここでは戻り待ちの売り物とも出合いにより、一
進一退のくどいもち合いの推移となるが、結局、日経225先物は、やや押し戻される格好で
15630円にて一日の取引を終了している。

大引け段階で日経225先物9月限の出来高は、60315枚、東証一部出来高は、15.64億株と、現
物株、先物商いは、引き続き減少気味である。

夜行性のCME Nikkei225本領に合わせて、小幅に続伸したものの、やはり、上値も重い中で、
既に、上辺一杯の域にあるとも推察される中では、簡単に通る事ができない状況にも映って
いた。が、結果的に戻り高値示現の陰線引けと決まっており、ようやく高値圏でのくどいも
ち合い動き終焉する可能性が伺える次第で、このコラムにていつも布石を行ってあるよう
に、無理矢理買い支えと思しき動きをもって値位置を操作するかのかたちとなったにせよ、
結果的にそれは一過性の出来事となる可能性は高く、尚、現状にあっても、流れに変化は生
じていないように映る。

また、為替動向は、現在114円台半ばのレンジを推移しており昨日までの116円近辺の場面を
天井としてピークアウトする流れへ転じ、今後、更なる国内金利上昇を意識して、今後は1ド
ル108円から105円程度まで、円が買い進まれてくる可能性も高い状況と考察され、尚、見方
に変更なく臨む必要があるのでは?

米国市場は、独立記念日を控えるところであったが、反発して、直近の高値圏へ躍り出てい
る。だが、尚、このコラムにて危惧を布石し続けた想定される範疇の推移に伺え、NYダウ、
ナスダック指数は、高値もち合いの推移から、さらに、再び大きく押してくる可能性も高い
と考察される為、やはり、注意警戒心を強く抱きつつ動向を見極める必要があるのでは?

加えて、3/9 日銀による量的緩和策措置の解除の際も然りで、この旨を好材料として、17580
円まで高値を示現した次第であった。しかし、その後は、急速に値を消して、宴の後の如く
に至り、今回も、まるで同様に映って見える次第故、ゼロ金利策解除と公定歩合引き上げを
好材料視するかのように、人為的と思しき手の作用を梃子に、株価は上昇している。だが、
量的緩和策措置解除による過剰流動性の後退が徐々に鮮明となりつつある間隙においてのゼ
ロ金利政策解除と決まれば、前述した向きに拍車をかけるのは必死と推察され、これを好感
するなど問答無用の状況のはずであろう。故に、更なる上方回帰を羨望する声も多く飛び交
う中にあるが、一般的な報に惑わされる事なく、ここ高値波乱の域で転機を探る必要がある
のでは?

最後に、明日は、本日安値15620円を漏れて、下方へ放れてくるか、或いは、15720円を超え
て、くどいもち合いを演じてくるかを確認するところとなるが、株価が向かおうとする真の
流れに身を任せた上で市場参加すべきであり、順当な動きとなるべき潮流を探り、大利を収
めるべく臨みたい。


8316 三井住友 1230000(0)75日移動平均線にてブレーキがかかるものの、尚、高値圏に
てもち合っている。しかし、今後も戻り売りに押される推移が続き易いと推察される。さら
に、ここまで、無理に買い進まれて来た経緯が災いして意外なレンジまで押し戻される可能
性も払拭できない状況である為、引き続き注意をしておきたい。

8306 三菱UFJ 1620000(0)上方に開いた窓を意識しつつ、小動きにてもち合うが、尚、想
定される範疇の推移であり、これより、さらに大きく下振れる場面へと繋がる可能性も払拭
できない状況と推察され、見方に変更なく臨む必要があるのでは?

8303 新生銀 759(+17)続伸して750円を超えて来たが、戻り高値圏一杯に映り、尚、押し
戻され易い値位置にあるものと推察される為、今後も値動きに警戒しつつ動向を確認した
い。
 
9984 ソフトバンク 2690(-10)一時2765円まで戻り高値を示現したが、引けでは押し戻さ
れて陰線引けとなった次第で、尚、下値余地を残すところであろうから、目先の戻りの動き
などで一喜一憂せずに臨む必要があるのでは?

9983 ファーストリテイリング 9540(-20)25日移動平均線であたまが閊えた状況で、9650
円を見て押し戻されるかたちとなっている。尚、当社WVシステムにおいても売りサインが点る
ところの為、戻り売り状況から、さらに大きく押し戻される可能性を孕む場面にあると考
察される。

6857 アドバンテスト 12050(+260)12000円台回復と続伸したが、今後も指数に連動し
て、大きな呼吸が入る可能性も払拭できないところであろうから注意をしたい。尚、昨日よ
り売りサインをWVシステムより検出する状況であり、さらに10000円割れを視野に入れる推移
へ繋がる可能性も伺えつつある。

7211 三菱自 222(+6)この銘柄もWVシステムにて売りサインを検出しており、引き続き不
穏な空気も漂う状況の為、下振れ場面へ繋がる可能性も払拭できないところと推察される状
況と推察され、注意警戒を怠らずに臨みたい。

6313 共立 431(+2)既にWVシステムにて売りサインを検出しており、市場の推移に感化さ
れて押し戻され易いところにもあると考察される故、これより、特に注意警戒心をもって動
向を探る必要があるのでは?

5713 住友鉱 1562(-10)75日移動平均線まで戻り、高値もち合いにて小動きであるが、さ
らに、一段安へと繋がる可能性を孕む状況の為、注意警戒心を抱きつつ動向を確認したい銘
柄。

4777 ガーラ 114000(+3000)もち合いの間隙にあるが、全般の流れを汲んで、再び一段安
の場面へ転じる可能性を残す場面の為、注意警戒が必要であろう。しかし、再度の下振れ場
面でも押し目買いの域となる可能性も高いのでは?

明日の具体的動向詳細、仕掛け目処などの内容はメール配信サービスにて解説を行いたい。


7/3WVデイトレード売買サイン225先物版メール配信サービス 本日成績(+10)

AM09:00 売 15,660 PM00:37 買 15,710 -50 
PM00:37 買 15,710 PM00:41 売 15,700 -10 
PM00:41 売 15,700 大引け 買 15,630 70 

7/3WV短期売買サイン225先物版メール配信サービス  本日成績(+70)

AM09:00 売 15,660 AM10:08 買 15,640 20 
AM10:08 買 15,640 AM10:10 売 15,650 10 
AM10:10 売 15,650 AM10:30 買 15,670 -20 
AM10:30 買 15,670 AM10:31 売 15,670 0 
AM10:31 売 15,670 AM10:43 買 15,670 0 
AM10:43 買 15,670 AM10:47 売 15,670 0 
AM10:47 売 15,670 PM00:37 買 15,710 -40 
PM00:37 買 15,710 PM00:39 売 15,700 -10 
PM00:39 売 15,700 PM02:04 買 15,680 20 
PM02:04 買 15,680 PM02:07 売 15,690 10 
PM02:07 売 15,690 PM02:19 買 15,660 30 
PM02:19 買 15,660 PM02:20 売 15,670 10 
PM02:20 売 15,670 PM02:48 買 15,670 0 
PM02:48 買 15,670 PM02:50 売 15,670 0 
PM02:50 売 15,670 大引け 買 15,630 40  

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-08-28  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。