株式・投資関連

日経225先物、225オプション取引情報

日経225先物、225オプション動向に関する解説と市況展望を配信致します。

全て表示する >

日経225先物、225オプション取引情報

2006/03/07


03/07 大引け日経平均15726.02(-175.14)日経先物15750(-160)  

CME終値15810円を意識する事なく15850円から取引が開始されたものの、すぐさま押し戻され
て、前引け間際には15740円まで下落して、後場には一時15670円まで押したが、その後はも
ち合いの動きが続いて、結局、日経225先物は15750円にて一日の取引を終了している。


大引け段階で日経225先物出来高は、73849枚、東証一部出来高は、16.44億株となり、225先
物商い、現物商いは、引き続き減少気味に映る。


昨日は、人為的介入を起因として大きく切り返したものの、本日は一変して押し戻されてお
り、やはり量的緩和策早期解除の運びが確実視されるところを意識して、再び値を消す展開
となったように映り、依然として東京株式市場には不穏な空気が漂う状況と汲み取れ、尚

予断の許されない危険な域あるものと考察される。


本日の大引けで75日移動平均線水準を再び割り込んでおり、昨日からの市場のムードは一変
したが、本日の場中でも徹底して行われた人為的介入と思しき動きにより、一定レンジにて
止まる推移となった次第ではあった。しかし、量的緩和策解除の方向に変化はないと見られ
ており、これまでの過剰流動性相場の要であったこの向きは簡単に織り込めるものではない
と考察されるが、この量的緩和策解除の行方を巡り、さらに市場動向は混沌とする可能性が
伺える為、場合によっては、意外な下振れ場面を垣間見るところとなる可能性も払拭でき
ず、週末に控える3月メジャーSQへ向けての想定される激震の場面を注意警戒しつつ、この機
のチャンスを生かすべく臨む必要があるのでは?


また、為替動向も、さらに1ドル115円から114円近辺まで、円が買い進まれてくる可能性もあ
ると見られるが、目先では、米国金利動向を意識して戻りを試すかの推移と一時的になり易
いかに伺えており、この向きも念頭に入れた上で臨みたい。


さらに、米国市場は、上に放れる様相に伺えていたが、当社WVシステムサインから目先押し
戻される可能性も浮上して来ており、調整の場面を強いられるところとなり易いようにも見
受けられる為、NYダウ、ナスダックともに注意をしつつ見ておきたい。


最後に、現在、一般的に、量的緩和策解除後は、悪材料出尽くしから大きく反騰するかのよ
うな見方が大勢を占めているようであるが、この材料は、通常の指標発表などとは異なり、
ここで出尽くすのではなく、ここが始まりとなる為、さらにゼロ金利解除に向けての布石と
もなろうから、やはり、この内容を慎重に鑑みた上で、今後のスタンスを考察する必要があ
るのでは?



8316 三井住友 1260000(-10000)今後、指数の寄与度の高さが災いして意外なレンジまで
押し戻される可能性もある為、推移には注意をしておきたい。また、今後、さらに上値を追
う展開へと回帰するか否かは、量的緩和策解除後の動向を確認する必要があると思われ、こ

の旨に注意しつつ見極めるべく努めたい。


8306 三菱UFJ 1670000(-10000)今後、さらに一段高の場面となる可能性が高い銘柄と考
察されるものの、目先では指数に連動した下振れ場面へ繋がる可能性も払拭できず、この向
きに注意警戒をしておきたい。また、さらに高値更新の運びへ繋がる可能性も依然として残
るが、量的緩和策解除後の展開を慎重に吟味した上、動向を探る必要があるのでは?


9984 ソフトバンク 3140(-290)昨日のボーダフォン買収の報を梃子に切り返す推移から
は一変しており、尚、下値を試す可能性も完全に払拭できない状況ではある。また、この向
きを起因として格下げの報も行われた為、目先は、指数の下振れによる激震の場面を垣間見
る可能性も払拭できない為、動きを慎重に見て、一喜一憂せずに臨み、この場を見極めた
い。


6857 アドバンテスト 13110(-490)昨日の上昇幅をすべて帳消しにしており、引き続き大
きな呼吸が入る可能性も払拭できないところであろうから注意をしたい。また、ソフトバン
クと同様に、指数の下振れに感化されて、激震の場面を垣間見る可能性もあり、この向きに
は注意をしておきたい。


7211 三菱自 231(-1)さらに上方へと放れてくるかたちへ転じつつあるように伺えていた
ものの、尚、下値でもち合う状況である。この銘柄も目先、指数の下振れの影響を被る可能
性があり、この向きに注意した上で推移を見極めたい。


4753 ライブドア 75(-3)本日も小動きの推移ではあり、尚、不安定な推移が続くものと
思われ、細心の注意が必要な銘柄であろうが、ここまでに大口の買い手口を見せた向きの動
向如何で、今後の推移に変化が生じる可能性もある為、この旨も一応は覚えておきたい。ま
た、これまで戻り売りの見方の中で下値買いスタンスで臨んで来たが、今後は、TOB待ちのと
ころとなる可能性も高まり、リスクを取れる範疇にて臨む必要があるのでは?


6313 共立 400(-10)材料株ではあるが、指数の下振れ場面の影響を被る可能性が伺えて
おり、目先の下振れ場面には注意をしておきたい。


5713 住友鉱 1459(-32)こちらも下振れ場面を警戒する必要があると見ており、目先注意
が必要なのでは?


4777 ガーラ 138000(-2000)引き続き買い建て持続の見方で臨みたい。いつも解説を行う
ように、こちらはやや長い目で見ておきたい。



明日の具体的動向詳細、仕掛け目処などの内容はメール配信サービスにて解説を行いたい。




3/7WVデイトレード売買サイン225先物版メール配信サービス 本日成績(+100)


3/7WV短期売買サイン225先物版メール配信サービス  本日成績(+120)

(短期売買配信を再開致しました。)



AM09:00 売 15,850 AM09:16 買 15,830 20 
AM09:16 買 15,830 AM09:22 売 15,830 0 
AM09:22 売 15,830 AM10:12 買 15,830 0 
AM10:12 買 15,830 AM10:15 売 15,840 10 
AM10:15 売 15,840 AM10:38 買 15,800 40 
AM10:38 買 15,800 AM10:40 売 15,800 0 
AM10:40 売 15,800 大引け 買 15,750 50 

 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-08-28  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。