日経225先物、225オプション取引情報

2007/03/27



03/27 大引け日経17365.05(-156.91)先物17430(-40)

夜行性の推移が続くCME終値を大きく下回る始値17390円から取引開始。その後、再度
値を消すものかと思われた。が、その後、、急動意の展開で一時 17540円戻り高値
を示現。しかし、後場には再び一転して17340円まで値を消す波乱場面の中、結局、
日経225先物6月限は、引けの出合いで 17430円にて取引を終了。


大引け段階で日経225先物6月限出来高は、95330枚、東証一部出来高は、18.78億株
と、現物商いは低水準、先物商いも減少気味。


再び切り返して一時17540円まで戻り高値を示現した。が、やはり、あくまで戻りの動
きのうちと察せられ、このコラムで危惧を布石する様相に、尚、変化はないと考察。


外国為替動向は、現在118円前後を推移、引き続き予断を許さぬ域。今後、再度、円高
傾向を強める流れが現れる可能性は高いと推察。


米国市場は、ふらつくところながらも戻り高値圏へ留まる。しかし、引き続き、急変
する場面に備え注意が必要な局面にあるのでは?


加えて、結果的に、往って来いとなる波乱の展開に終始した格好。が、依然として戻
りの範疇に変化ない様相に察せられ、これより月末にかけての動きに注意警戒心を抱
くべきところと考察。現在も、尚、一般的なメディアは上方への回帰を確実視するか
の見方を報じるように伺え、とあるコメントでは、5月には2万円の大台回復とも謳う
ようである。だが、これらの見方は、相場の足元が疎かな現在、時期尚早。また、こ
のコラムにて布石する如くの危惧などを、取る上げる向きは介在しないかに映り、前
述する報を鵜呑みにすれば、世の中ばら色に映るよう錯覚させられ易いところ。しか
し、先月末来からの危惧は、尚も拭い去れず、再び円キャリー逆風を伴う激震を経験
する可能性を孕む状況と推察され、再び、この旨が報じられる際は、手遅れとなり易
いように思われる次第。


明日は、本日安値17340円を下回り、直近の節目となる17330円を下方へ放れてくる
か、反対に、無理矢理の手をもって再びくどく上値を試す推移へ転じてくるかを確認
するとことなるが、本日場中の推移を鑑みても、上値の重さが汲み取れ、何度無理矢
理の介入にて持ち上げるオペレ−ションを講じたにせよ、所詮、人為的な出来事で大
局を変えるには至らず、再び押し戻されるかたちへと決まり易いように思われる次第。
よって、引き続き、噴き値は売りの見方で臨むが機微と思われ、目先的な急動意場面
にて迂闊な行動を取らず、慎重な対応での市場参加を促したい。


また、225オプションは、プットオプション、コールオプションともにもち合いの一進
一退推移にて値を消す過程にあるように映る。が、昨日の布石の通り、指数の上値余
地は限定と見られ、コールオプションは噴き値売り対応、プットオプションは押し目
買い姿勢が機微にも察せられ、或いは、大いなるチャンスと遭遇する可能性もある
のでは?


最後に、市場参加者の多くは、今後、上方回帰を目指す中での調整局面にて、18000円
台回復から、さらに高値抜けを狙うようにも謳うようである。しかし、このコラムに
て再三に渡り布石を行うように、現状は、危惧を抱く状況と鑑みられ、先月の日銀利
上げの作用を起因とする過剰流動性後退の局面にあると考察。この流れが、今後、完
全に決まるところとなれば、その効果と反動は大きく、2001年以降続いて来たマネー
の奔流を覆す可能性もゼロではないはず。もちろん、あらゆる材料と力の作用も介在
する為、直ちに、絶望的なシナリオへ結び付くとの見方を布石する事は出来ず、あく
まで可能性の内を秘める事も、やはり、覚えておく必要があるのでは?前述する危惧
を孕む間隙にて、従来通りの介入作業をもって、リスク先送りのじり高の展開を繰り
返すか、或いは、危惧を消化する向きへ前進する局面へ向かうかの重要な岐路に現在
もあり、目先的な事象に囚われる事なく柔軟な姿勢にて大利を掴むチャンスを見出し
たい。



5401 新日鉄  873(+10)反騰して高値圏にてもち合う展開。しかし、尚、下値余
地を残す様相に映るところ。


8316 三井住友 1090000(-30000)反落しており、再び大きく押し戻される可能性
を孕む。


8306 三菱UFJ 1340000(-30000)こちらも反落。過去の無理矢理上昇反動を伴う可
能性を孕む。さらに下値余地を残すように映り、一段安に注意。


8303 新生銀 562(-8)本日も続落。さらに一段安を警戒する場面。尚、姿勢は戻り
売りが機微。


9984 ソフトバンク 3070(-30)小反落も、本日も高値圏へ留まる。だが、元来の無
理な上げが祟った状況と察せられ、今後も一段安へ対する警戒が必要。


9983 ファーストリテイリング 9160(+30)今後、さらに警戒が必要と察せられる様相。


6857 アドバンテスト 5340(-200)押し戻され易い様相に変化なく、今後、5000円
台を下回る展開に要注意。


7211 三菱自 185(-1)もち合うが、さらに大きな下振れ場面へ繋がる可能性も払拭
できないところと推察。


6313 共立 353(-8)手が加わる様相にも映る次第で、突発的な動きには注意。


5713 住友鉱 2335(+25)小幅に切り返し高値圏へ留まる。が、危険性を孕む状況に
変化はない。


4777 ガーラ 120000(-3000)尚、注意警戒が必要な推移に変化はなし。引き続き、
この銘柄をおもちゃの如く扱う手の動向を注視。



明日の具体的動向詳細、仕掛け目処などの内容はメール配信サービスにて解説を行
いたい。



WV売買サインメール配信サービスキャンペーンのご案内 3月末日まで

詳細は下記URLにて

http://www.powerfolder.jp/wavesoft/news/2007/0703225.shtml

WV mid スイング プランB売買225先物版メール配信サービス

WVデイトレード売買サイン225先物版メール配信サービス


2007年3月27日 成績

WV mid オーバーナイト配信225先物版 本日成績 (+80)
本日3/27大引けでは、売りとなっています。

3/26 PM03:10 17470円売 3/26 AM09:00 17390円買 (+80)


3/27WV midデイトレード225先物版配信 本日成績 (-20)
寄り付きと引けのエントリー、エグジット配信と、ストップロス、
トレーリングストップを用いた配信内容です。

AM09:00 売 17,390 AM10:37 買 17510 -120
AM10:37 買 17510 前引け 売 17520 10
PM00:30 買 17,520 PM00:56 売 17470 -50
PM00:56 売 17470 大引け 買 17430 40


3/27WVデイトレード売買サイン225先物版 本日成績 (+40)
寄り付きから、場中配信にてデイトレード内容の配信です。

AM09:00 売 17,390 AM10:20 買 17470 -80
AM10:20 買 17470 AM10:43 売 17510 40
AM10:43 売 17,510 大引け 買 17430 80


3/27WV期売買サイン225先物新配信版メールサービス 本日成績(+40)
寄り付きから、場中の変化を短期売買サインとして配信する内容です。

AM09:00 売 17,390 AM10:19 買 17,460 -70
AM10:19 買 17,460 AM10:30 売 17,480 20
AM10:30 売 17,480 AM10:40 買 17,510 -30
AM10:40 買 17,510 前引け 売 17,520 10
後場寄り 買 17,520 PM00:31 売 17,520 0
PM00:31 売 17,520 PM02:30 買 17,370 150
PM02:30 買 17,370 PM02:40 売 17,380 10
PM02:40 売 17,380 大引け 買 17,430 -50 


----------------------------------------------------

ウェーブソフト販売元 (株)パワーフォルダ

東京都渋谷区神宮前4−18−6 岩動ビル315

URL http://www.powerfolder.jp/wavesoft/index.shtml

----------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-08-28  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 93 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。