日経225先物、225オプション取引情報

2007/03/20



03/20 大引け日経17163.20(+153.65)先物17120(+120)

始値17130円とギャップダウン場面から取引開始。その後、徐々に下値を切り上げる展開
にて一時17220円を示現。しかし、ここでブレーキがかかり、後場は、17070円まで押し
戻され一進一退。結局、日経225先物6月限は、引けの出合いで17140円にて取引を終了。


大引け段階で日経225先物6月限出来高は、95912枚、東証一部出来高は、19.01億株と、
現物商い、先物商いは減少気味。


一時17220円まで急動意したが、昨日からの急反騰も、225牽引を意図する力の作用を伴
う、あくまで戻りの動きのうちと察せられ、このコラムで危惧を布石する様相に、尚、
変化はないと考察。


外国為替動向は、現在117円台を推移、引き続き予断を許さぬ域。今後、再度、円高傾向
を強める流れが現れる可能性は高いと推察。


米国市場は、昨晩上伸するものの、もち合いの域にて、引き続き、戻り場面より再度急
変する動きに注意する必要があるのでは?


加えて、昨日より急動意するが、現物、先物ともに出来高は不足気味の域を脱却せず、
このまま上方へ控える大商いのレンジを切り上げるにはエネルギー不足に映る次第。
また、3/20を回り、一般的な報では、これより配当取りを狙う動きにて、一段高から暴
騰するかにも謳うようであるが、月末接近となれば、再び円キャリー逆風を浴びる可能
性台頭ともなり、現在の様相一変となり易いところ。また、明日は、東京市場は休場
となり、この間隙を縫って開催されるFOMC声明文内容にも感化され易いはずで、或い
は、米国市場に大きな変調を確認する可能性もあろう。既に、今回切り返しをもって、
底入れから高値奪取の展開を想定する声も高まるが、再三布石するように、引き続き、
不安定、且つ危険な域を往来する様相と推察される折、更なる注意警戒を促したい。


明後日は、本日高値17220円を上抜けて、再度戻りを試す場面となるか、反対に、下方へ
放れて17000円を割り込む展開から下値を伺うコース取りへ回帰してくるかを確認すると
ころとなる。だが、前述するように、不安定な推移の間隙にて、波乱の展開へ繋がり易
いのも事実。ここで布石を行うように、上値余地限定の最中の動意場面にて迂闊に行動
するのは慎むべきと察せられ、一進一退のもち合いから急変するかの推移となる際に
は、最大限の注意を払う必要があるのでは?


225オプションは、プットオプションは、値を消す様相にあるものの、現在も流れ継続の
間隙にあり、引き続き押し目買い姿勢で臨むところと推察。コールオプションは、値を
上げる展開ではあるが、不安定な推移にて噴き値売り対応が妥当となってくるのでは?


最後に、昨日と本日の動きをもって一気に上昇を期待する向きが急増した次第で、ここ
から上方に控える大商いの域を軽々と突破して一段高必至とも謳うようであるが、現在
も引き続き買いには分が悪く、再び一転する可能性を孕む状況に変化なしと推察。
また、ここ戻り高値圏にてもち合う時間が長引けば、さらに下値余地拡大へ繋がる可能
性も高まり易い。非常に不安定な相場付きの中、急転直下の下落から持ち直す推移で、
目先的な動きに感化され易いのも事実であろう。しかし、今回下落のきっかけは、
日銀利上げを起因とする過剰流動性後退にあると考察される故、昨年3月の量的緩和策解
除を始め、波は拡大する状況で、今後、円キャリー反動を伴う調整も長く継続するよう
に推察。確かに、ここまで上昇して株価水準は、指数ベースで持ち直しはしたものの、
根本の奔流は変わらず、現在は非常にもろい場面と思われるところ。よって、様々な報
道介在の最中で、仮に、ここ高値圏にて留まりもち合うかたちとなったにせよ、気難し
い局面にある事は意識すべきであろう。所謂、金余り現象に変化の見られる事は、常に
念頭に入れた上で臨む必要があるのでは?



5401 新日鉄  829(-6)寄り付き高にて、一進一退の展開に終始。今後、さらに下値
余地を残す様相に映り、尚、売りサイン継続の間隙にある事を意識する必要があるのでは?


8316 三井住友 1060000(+10000)若干高ではあるが、さらに、押し戻される可能性
を孕む。


8306 三菱UFJ 1320000(+30000)反騰するが、過去の無理矢理上昇反動を伴う可能性
を孕む。さらに下値余地を残すように映り、一段安に注意。


8303 新生銀 575(+9)小幅反騰も、さらに一段安を警戒する場面。尚、姿勢は戻り売
りが機微。


9984 ソフトバンク 3080(0)高値圏へ留まるが、元来の無理な上げが祟った状況と察
せられ、今後も一段安へ対する警戒が必要。


9983 ファーストリテイリング 8840(+180)切り返しているが、今後、さらに警戒が必
要と察せられる様相。


6857 アドバンテスト 5420(+50)小幅続伸の推移であるが、押し戻される様相に変
化なく、今後、5000円台を下回る展開に要注意。


7211 三菱自 183(-1)もち合うが、さらに大きな下振れ場面へ繋がる可能性も払拭で
きないところと推察。


6313 共立 347(+5)下抜ける展開へ転じた様相であるものの、手が加わる様相にも映
る次第で、突発的な動きには注意。


5713 住友鉱 2285(-40)小幅反落。尚、危険性を孕む状況に変化はない。


4777 ガーラ 114000(-7000)注意警戒が必要な推移に変化はなし。引き続き、この銘
柄をおもちゃの如く扱う手の動向を注視。


明日の具体的動向詳細、仕掛け目処などの内容はメール配信サービスにて解説を行いた
い。


2007年3月20日 成績

WV mid オーバーナイト配信225先物版 本日成績 (+130)
本日3/16大引けでは、買いとなっています。

3/19 PM03:10 17000円買 3/20 AM09:00 17130円買 (+130)


3/20WV midデイトレード225先物版配信 本日成績 (-130)
寄り付きと引けのエントリー、エグジット配信と、ストップロス、トレーリング
ストップを用いた配信内容です。

AM09:00 売 17,130 AM09:58 買 17,190 -60
AM09:58 買 17,190 AM11:00 売 17,130 -60
AM11:00 売 17,130 大引け 買 17,140 -10


3/20WVデイトレード売買サイン225先物版 本日成績 (+70)
寄り付きから、場中配信にてデイトレード内容の配信です。

AM09:00 買 17,130 AM10:30 売 17,170 40
AM10:30 売 17,170 大引け 買 17,140 30


3/20WV期売買サイン225先物新配信版メールサービス 本日成績(-50)
寄り付きから、場中の変化を短期売買サインとして配信する内容です。

AM09:00 売 17,130 AM09:58 買 17,180 -50
AM09:58 買 17,180 AM10:19 売 17,190 10
AM10:19 売 17,190 PM00:42 買 17,160 30
PM00:42 買 17,160 PM00:46 売 17,130 -30
PM00:46 売 17,130 PM02:37 買 17,130 0
PM02:37 買 17,130 PM02:40 売 17,130 0
PM02:40 売 17,130 大引け 買 17,140 -10


----------------------------------------------------

ウェーブソフト販売元 (株)パワーフォルダ

東京都渋谷区神宮前4−18−6 岩動ビル315

URL http://www.powerfolder.jp/wavesoft/index.shtml

----------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-08-28  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 93 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。