日経225先物、225オプション取引情報

2007/02/28



02/28 大引け日経17604.12(-515.80)先物17540(-570)  

始値17440円と大幅ギャップダウン場面より取引が開始され、一時17340円まで振れた後は
一進一退。後場には17590円まで値を戻しもしたが、結局、日経225先物3月限は、17540円
にて取引を終了している。


大引け段階で日経225先物3月限出来高は、201994枚、東証一部出来高は、36.86億株と、
先物商い、現物株商いは完全なる大商いの域。


様々な要素の呼応と無理に買い上がった反動も現れる急落の途へ転じた次第であるものの
、人為的と思しき手健在に伺えて、下値を切り上げる中での引け。やはり、結果的に、上
値を試す様相に変化なく映る。引き続き、理不尽な介入を行う手が、どこまで爪を伸ばす
か否かを見極める場面継続と考察。


外国為替動向は、円キャリー解消などの反動も加わり、117円台の円高水準を経て、現在11
8円台後半の域を推移するが、この円高推移は一過性と推察。


米国市場は、注意警戒を布石しておいた次第ではあるが、如何せん一度に売られ過ぎの
格好で、急激に切り返す動きへ転じる可能性も台頭し易い。だが、現段階でも、注意警戒
を要する状況に変化もなし。


加えて、先日の日銀による利上げ効果作用の表れより、円キャリー解消の動き、さらに過
剰流動性後退の懸念なども加わり、様々な思惑からの波及効果をもって米国株式市場は急
転直下安。この流れをストレート以上に汲んだCME Nikkei225終値17460円を意識する波乱
の寄り付きを経て、現在、やや持ち直す様相。ここまで無理矢理に上伸して来た事を鑑
みれば、このような大きな下落場面は至極当然にも思われるところ。本来の推移であれば
、さらに調整するところともなるであろう。しかし、現在は人為的と思しき手による強力
介入が見受けられる特殊な時期でもあり、再び、理不尽な動きをもって急動意の展開へ回
帰する可能性を孕むと推察される次第。


最後に、明日は、本日安値17340円を意識する動きにて、さらに下値を探るところとなる
か、反対に、大きく切り返す動きへ転じて、一気に高値圏への回帰を目指すかを確認する
場面となるが、本日の推移の間隙で、日経225先物出来高で20万枚超と過去最高を更新、
現物出来高で約37億株、売買代金も4兆8282億円と過去最高と記録更新しており、メジャー
SQ以上の大商いとなった事を鑑みれば、現在の水準より踏み上げる要因へと繋がる可能性
も高いと察せられる。また、本日までの下落幅約5.2%をもって調整終了の運びとなる可
能性も台頭し易い場面。よって、並みの相場付きにはない状況下で、無理矢理の手介在を
考察すれば、ここでの姿勢を見出すは困難でなく、前述する手のスキームにも、尚、変化
はないと推察。そして、明日より3月相場入りとなり、一般的に新規資金流入を呼び込み
易い事なども意識する必要があるのでは?


225オプションでは、コールオプションは、本日の指数の推移に併せて、さらに大きく値
を消し、プットオプションは、急動意の展開となったが、引き続き、ここで布石を行うよ
うにコールオプションに分が上がり易いところと推察。今回の波乱場面で、結果的に、絶
好のチャンスを見出す可能性もあるのでは?


8316 三井住友 1150000(-10000)戻りの歩調から一転。押される推移が続き易いよう
にも推察。しかし、明日以降指数反発の場面となれば、再び戻り歩調へ転じる可能性も残
る微妙な位置。


8306 三菱UFJ 1460000(-30000)多くの戻り待ち売りも控え、押し戻される中で一進一
退ともなり易い。


8303 新生銀 634(-8)今後も値動きを警戒しつつ動向を確認したい。
 

9984 ソフトバンク 2995(-165)急落する寄り付きから3000円台へ戻しもしたが、引け
では3000円を割り込む位置。しかし、さらに一段の上昇場面も想定。が、尚、下値余地を
残すところとも考察され、上値を追う姿勢の傍らで、同時に警戒心も抱きたい。


9983 ファーストリテイリング 9680(-90)続落。調整局面にて、尚、警戒が必要と察
せられる様相。


6857 アドバンテスト 5540(-100)下値で膠着。一段の戻りへ繋がる可能性も伺えるが
、今後も戻り売り対応場面が続く可能性も高いのでは?


7211 三菱自 191(-5)引き続き不穏な空気も漂う状況の為、大きな下振れ場面へ繋がる
可能性も払拭できないところと推察される状況の為、注意警戒を怠らずに臨みたい。


6313 共立 379(-9)手が加わる様相にも映る次第で、突発的な動きに注意。


5713 住友鉱 2115(-80)反落して危険性を孕む状況。だが、インデックス売買作用か
ら、明日以降も一段高場面も想定する必要もある。しかし、波乱気味の推移へ転じ易い習
性を持ち合わせ、やはり、注意警戒心を抱きつつ動向を確認したい。


4777 ガーラ 107000(0)本日も一時ストップ高となるものの、短時間の示現。結果的
に値を消すかたち。引き続き、注意警戒が必要な推移であるが、この銘柄をおもちゃの如
く扱う手の動向を注視。



明日の具体的動向詳細、仕掛け目処などの内容はメール配信サービスにて解説を行いたい。


2007年2月28日 成績

新コンテンツ配信 
大引け引け成りにて仕掛け、翌立会日寄り付きにて決済するかたちと新しいスタイルの内
容です。

WV mid オーバーナイト配信225先物版 (-570)
(本日2/28大引けでは、買いとなっています。)

2/27PM03:10 買 18110 2/28AM09:00売 17440 


2/28WV midデイトレード225先物版メール配信サービス 本日成績(-60)

AM09:03 買 18,440 AM09:16 売 18,340 -100
PM00:30 買 17,500 大引け 売 17,540 40 


2/28WVデイトレード売買サイン225先物版メール配信サービス 本日成績(+100)

AM09:03 買 17,440 大引け 売 17,540 100 


2/28WV期売買サイン225先物版メール配信サービス  本日成績(+140)

AM09:00 買 17,440 AM09:15 売 17,380 -60 
AM09:15 売 17,380 AM09:21 買 17,350 30 
AM09:21 買 17,350 前引け 売 17,480 130 
PM00:30 買 17,500 PM01:00 売 17,530 30 
PM01:00 売 17,530 PM01:03 買 17,530 0 
PM01:03 買 17,530 PM01:51 売 17,510 -20 
PM01:51 売 17,510 PM01:55 買 17,510 0 
PM01:55 買 17,510 大引け 売 17,540 30 

 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-08-28  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 93 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。