日経225先物、225オプション取引情報

2005/09/06

09/06 大引け日経平均12599.43(-35.45)日経先物12600(-50)
  
昨晩の米国市場は休場であったが、例に漏れず夜行性の本領からCME
 Nikkei225 GLOBEXは、12700円へ上伸した為、今朝方の寄り付き
は、ギャップアップの値位置12700円より取引が開始され、一時12740
円まで瞬間的に上昇したが、ここを頂点として高値波乱の値動きが、
いつも同様に小さなレンジ内でやや波乱気味の展開の中で続いたが、
後場に入ると否や推移は一転して急落の運びとなって、一時12580円
まで下振れて、やや値を戻して12600円にて一日の取引を終了してい
る。


大引け段階で日経225先物出来高は、63511枚、東証一部出来高は、25
億株と現物株商いは超大商いの状況である。


再び高値更新の運びとなり、大きな値幅ではないものの、連日止まら
ない動きが続くところでもあったが、上値の重さも見て汲み取れる状
況であった為、この裏返し場面も想定するべきとの布石も行った次第
でもあった。やはり、今週末9月メジャーSQを控えて、大きな仕掛け
的な売り方の手が見受けられて、12740円高値より急落する途に着
き、12580円まで一気に押し戻されるかたちとなって来た。しかし、
まだ、この動きは序の口の可能性も高く、今週末に向けて大きな動き
が見られてくる可能性もあると考察される。


結局のところ高値を示現したのは、昨晩の米国市場休場の流れから、
昨日と本日午前に限られており、本日午後から外国人投資家が回帰し
たところでは推移が一変するところとなり、非常に分かり易い動きで
もあった。今週末のSQを意識した動きの一環と思われるが、やはり、
外国人投資家の売り向かい姿勢は鮮明と思われ、連日のように連呼す
る所謂外国人買い、即ち、黒い目の外国人と称される向きと併せて、
PKOの動きをけん制したようにも見えており、今後、この向きがどこ
まで下値を叩いてくるかを鑑みて行きたい。


また、米国市場動向の雲行きが怪しい状況と思われ、さらに軟調な推
移が続く可能性が高く、高止まりの続く原油価格動向を筆頭とする懸
念材料に加えて、大型ハリケーンによる被災状況なども悪材料視され
て、米国政局不安のきっかけになる可能性も台頭しつつあるように映
る。さらに、前述した向きから、FOMCによる利上げが先送りされると
の見方が市場の一部に介在するようであるが、恐らく予定通り利上げ
は継続実施され、このスタンスの変更は当面見られないと見ている。


さらに、9/11に控える衆院選挙は、現在、自民党の圧勝との報が多く
飛び交い、この向きが現在の指数に織り込まれるところともなってい
るが、既に触れてあるように、この見方の真偽の程は不明であり、
尚、政権交代の可能性を孕むところの駆け引き状態が続くと思われる
為、この事象に当然の事ながら注意をはらうべきであり、あらゆるか
たちを想定すべきであろう。しかし、衆院選挙の結果に関係なく上昇
するとの考えを唱える向きも一部では現れてきており、何もかも無視
した気違い沙汰の強気相場を詠っているようである。しかし、ここま
での上昇相場を牽引した背景には、まず一般庶民には関係のないとこ
ろの日銀ゼロ金利政策と量的緩和策から発生した「金余り」と、何が
何でも株高との見方を誘ったPKO介入に他ならず、所謂、外国人買い
ではないであろうから、この2点を考察すれば、この選挙結果によ
り、株式市場は大きな影響を受ける事はちがいないはずであり、やは
り結果には注視しておきたい。


加えて、個別には、8316三井住友891000(-7000)と再び押して来て
おり、やはり、昨日のあや戻しの範疇であり、2番天井を示現する過
程のものと見ている。8306三菱東京1120000(0)も同様であろう。
9984ソフトバンク5730(+10)昨日から一段高の場面を一時垣間見た
が、ここは売り向かうところの可能性が高いと見ており、対応方法に
変化ない状況であろう。加えて、6857アドバンテスト8780(-40)も
う一段の戻り場面となったが、今後、高値抜けに至る事はなく、この
動きはあくまで戻りの範疇であり、仕掛けどころチャンス場面である
可能性も高いのでは?


明日の更なる具体的動向詳細、仕掛け目処などの内容はメール配信サ
ービスにて解説を行いたい。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-08-28  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 93 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。