日経225先物、225オプション取引情報

2005/06/21

06/21 大引け日経平均11488.74(+5.39)日経先物11490(+10)  

昨晩の米国市場動向を汲んで、CME Nikkei225は11485円となった為、今朝方の寄り
付きでは昨日終値とほぼ同じ水準から取引が開始され、11450円まで押した後に
11510円まで一時は上伸するところとなったが、上値追いはここで止まり、再び下値
を試そうとする動きも散発的に見られていたが、結局、そのまま膠着の推移が続い
て11490円にて本日の取引を終了している。


大引け段階で日経225先物出来高は、25586枚、東証一部出来高は、12.28億株となっ
て、225先物商いと現物商いは共に減少している。


公的資金と思われる向きによる強力介入により、高値もち合いの推移が続いてお
り、楽観派の歓呼する声も鳴り響いているようではあるが、WTI原油価格も高値圏に
留まり、尚、上値余地が伺えるところにある事など悪材料を全て無視したかたちの
株高環境であり、きっかけが見つかれば、一触即発の状況に至り易い事にも違いが
ない状況と見ており、株主総会及び6月期末を意識したものか定かではないものの、
この向きと売り方の出合いに全てが懸かる状況と言っても過言ではないと考察され
る。


また、米国市場においても、東京市場と同様に人為的に買い支えるかのような動き
が、確認されており、この向きとの現在の推移の兼ね合いも鑑みる必要があると思
われ、ここでも東京市場と同じく、いつ、このはしごが外されてくるかを意識する
必要があろうし、仮に、この推移へ転じてくる場合には、現在の全ての悪材料を織
り込むかたちへと繋がる可能性も高いのでは?


さらに、ここまで無理に株価を吊り上げてきた付けは大きいところと考察され、こ
の反動場面であれば、今4月と同等の急落場面を招く可能性もあるのでは?


明日の動向と更なる具体的詳細、仕掛け目処など、詳細内容はメール配信サービス
にて解説を行いたい。  

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-08-28  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 93 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。