通信販売

NO SCENT, NO LIFE

手作り石けん&コスメを彩る香りのお店発信のメールマガジン

全て表示する >

香りのお店 SCENT SHOPより

2004/11/05

こんにちは!皆さん。香りのお店、SCENT SHOPからのメルマガ第五弾です。

仕入れの準備も後は商品の到着を待つのみとなりました。
実は悲しいお知らせが・・・
ボトルのサプライヤーがインターナショナルへのオーダーに、
$15のチャージを数ヶ月前から始めました。
更に、ボトルの値上げにより次回の販売よりプライスが
1/2オンスで20円、1オンス10円ほどの値上げになります。
皆様にご理解いただけますようお願いします。
その代わりといっては何ですが、セールも開催しますのでお楽しみに!

新潟の地震をはじめ、日本各地でたくさんの地震が起こっています。
家族で万一の場合の待ち合わせ場所を決めたり、今一度災害時の対策を
それぞれの家庭でしっかりと把握するいいチャンス。
起こってからでは遅いです。
 
アメリカ子連れ旅行、最終章です。セシィ単独で2週間プラス、
私とベビーが後から到着した2週間もとうとうあと二日。
家族が色々な思いを胸に、アメリカへの里帰り旅行は終わりを迎えます。

●●●第四章●●●

家族に感謝の気持ちを込めて、日本食を味わってもらおうと
日本を出発する前から考えていましたが、まずはメニュー。

●カレーライス
●海老の炒め物(どちらかと言うと中華っぽいまたはメキシカンっぽい)
●インゲンのゴマ和え
●白玉ぜんざい

前夜に妹のジェネイルとPATH MARKという24時間開いているスーパーへ。
このスーパー、NYではよーく見かけます。
Kマート、TARGET、WALMARTなど、日用雑貨をメインに扱うスーパーは
全国展開している事が多いのですが、食品をメインに扱うスーパーは
地域によって結構チガウのです。NYCではPATHMARK、ニュージャージーはSHOP RIGHT、
LAではRalph'sとかをよく見かけます。ジェネイルも深夜の買い物が好きだそうで
二人でほとんど貸切のスーパーは、ゆーっくりのーんびりと買い物を満喫。
翌日のために缶の飲み物やスナックスなども忘れずに買い込みました。
家に戻ると下ごしらえ開始!カレールウは日本から持ち込んだエバラ食品の
横浜舶来物語(だったか?)と言う物で、もともと業務用の「湿潤」という商品の
家庭用版がコレで、作った当日より翌日には、フレーク状のルウが
更に馴染んで美味しい!せっかくなので夜中のうちに作業開始!

翌日はKさんを迎えに行ったのですが、ありがたいことにゴマを摺ってくれたり
明日の出発用に私たちに美味しいクッキーを焼いてきてくれたり
(実はつまみ食いしてその後、家に置き忘れてきました・・・涙)
おお〜、と感動するのもつかの間、キッチンへ、いざ!
この家には炊飯器という物がないので鍋で炊きますが、なんせ10人分の目安なので
その量の目安がない!もうあくまでも適当でなんとかしました。以下省略(笑)。

ゲストは義姉二人、ダンナの従兄弟とその娘(おととしの結婚式でセシィは
フラワーガールをしましたが彼女はベルガールでした)、
セシィとはこれで二度目の対面になりますが、セシィと同じ年でもデカイ!
この二人は本当に気が合うようで、初対面の時からすぐに打ち解けてました。
それからダンナの父親、姪、甥、母親などなど。

さてと、面子もそろそろ集まってきて、食事も出来たし、LET'S EAT!となりました。
ちょっと濃い目に味付けしたインゲン、義姉の1人はゴマが何物か?と興味を持ってました。
ピーナッツだと思ったみたい。コレは評判良かったです。シェフKのおかげです♪
意気込んで作ったカレーは・・ちょっと水が多くて仕上がりがいまいち。
海老はまあまあの出来で、意外と受けなかったのが白玉ぜんざい。ナゼに?

だんだんと日が暮れて、ファミリーでのおしゃべりもピークを迎えます。
しかし誰かが誰かと勝手に話しているので、誰の話がなんなんだかわからない状態。
アメリカのドラマに出てくる、賑やかで色々な問題も抱えるけど楽しいファミリー
そんな感じも彷彿とさせます。
おしゃべりしている間にも、40年以上この場所に住む義母の家に
しばらくぶりにちょっと立ち寄ってみた、というお客が2度も現れたり
築80年ほどになるであろうというこの古い家はたくさんの人で一杯になりました。

夜も更けてきて、1人また1人と帰っていきます。
さてさて、私はまだ荷造りという寂しい作業が残っています。
とりあえずは終わらせたけど、出発まで着ている洋服やら子供のモノやら。
その後、義母といろんな話しをしました。息子の嫁とその姑、ではなく
女性同士として。これは私にとって非常に意義のある時間になりました。
今まで考えていた義母の人間像というものが今一度違った形で現れたから。
それとダンナでさえ知らなかった家族の秘密を聞かされたりして(笑)、
義母は私たちの訪問を本当に心から喜んでくれました。
ラストミニッツがこんな状態で、またこの旅の締めくくりにぴったり!
名残惜しくもほんの少しの仮眠をとることにしました。

義父とジェネイルが車2台でJFKまで送ってくれました。
またマイスイートホームのある日本へ戻っていつもの日々が始まります。
もっと色々やりたいことがあったのだけど、出来なかったのは
「またアメリカに戻って来なさい」というサイン(と勝手に思い込む)。
でも色々やったよなあ、としみじみと思うのでありました。十分?
帰りの飛行機ではチビ二人とも寝てくれず・・・実家で二日ほど過ごしてから
体調を整えての帰宅となりました。

今回でアメリカ旅行記は終わりです。
次回はアメリカ旅行記番外編をお届けします。え?でもホント♪

では皆様、とれびあ〜ん(ムッシュ・ピエールより引用)

POP
SCENT SHOP

http://members.aol.com/popshxp

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-08-30  
最終発行日:  
発行周期:更新時  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。