健康・家庭の医学

短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

「脱コンビニ食!」(平凡社新書)などの著者で、食生態学者である山田博士(ひろし)が送信。食費にお金をかけないほうが健康になるという大原則や、心と体を破壊する食品を、商品名で公表。アレルギーや難病、非行に困っているかたに朗報です。相互紹介募集中。

全て表示する >

★短縮版:1/10(木)◆なんと「手作り(手造り)」と書かれたハムやソーセージのほうが、「亜硝酸塩」の量は…

2019/01/10

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

              ニッポン人の心と体を救う!
                            
          ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★
                            
            2019年01月10日(木)号
                        No.3322

 毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。





〜木曜日だけは「完全版」と「短縮版」の内容は同じです〜
      (本日から、1行の文字数を変更してみました)





        ▼1月の読者の会ご案内▼

〜お茶のみ会「博々亭」(ひろびろてい)に、ぜひどうぞ!〜

 ・日時:1/19(土)、13:30〜15:00
 ・場所:東京・恵比寿のカフェ(JR・地下鉄駅数分)。
 ・参加費用:無料です(ご自分のお茶代は負担下さい)。
  ・参加条件:本誌の読者(複数の場合は、誰かお一人)。
 ・参加方法:下記の専用フォームからお願いします。

   カフェの予約をしますので、何名参加かなどの
   情報を早めにお願いします。今回も、事務局か
   らの「ミニ取材」をご覧いただけます。

   参加希望のかたは、下記のフォームでそのつど
   ご連絡下さい。後日、招待状をお送りします。
   この集まりも、35年ほど経ちますが、いつま
   で続くか分かりません。
   思い立ったら吉日です。ぼくと膝(ひざ)を交
   (まじ)えて、お茶でも……いかがです?

     「博々亭(ひろびろてい)」専用ページ
     → http://yamadainochi.com/yama-o.html





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。
                              
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。





   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi





                    ▼本日の目次▼

〜木曜日だけは「完全版」と「短縮版」の内容は同じです〜

【1】人生には少しのお金と歌と夢、それにでっかい健康
   があれば、それでいい!……連載:821回:

   そして、下記の本文でも述べていますように、ぼくが
   調べた限りでは、なんと「手作り(手造り)」という
   表示が大きく書かれたハムやソーセージのほうが、こ
   の「亜硝酸塩」の量を多めに使っていたんですね……


【2】本日ご案内する山田の「電子書籍」は、これっ!:

  ■「社会の裏側!」第106巻

   『なぜ、小児甲状腺ガンが、福島「県外」の人に深
    刻なのだろう!』








___________________________

【1】
              人生には少しのお金と歌と夢、
        それにでっかい健康があれば、それでいい!

                    連載:821回
____________________________

            (この欄は、毎週「木曜」に連載)

(前回の記事は下記の同じ箇所をご覧下さい。その続きとな
 ります)
→ https://archives.mag2.com/0000141214/20190107050000000.html 




★タイトル:

そして、下記の本文でも述べていますように、ぼくが調べた
限りでは、なんと「手作り(手造り)」という表示が大きく
書かれたハムやソーセージのほうが、この「亜硝酸塩」の量
を多めに使っていたんですね……




前回では、ハムやソーセージには「亜硝酸塩(あしょうさん
えん)」という「クスリ」が定番になっている……と、述べ
ました。

まあ、そうでしょうね。

ハムやソーセージが、茶色をしていて、まったく美味しそう
に見えなければ、あんなもの、誰が買います?(笑)。

え?

私は色で選んでいるんじゃない?
味や、安全性で選んでいるんだって?

まあまあ……。

でも、企業が先か消費者が先なのか分かりませんが、ハムや
ソーセージはピンク色のものだという固定観念が一般にはあ
ります。

そのため、突然、店の棚(たな)に並んだソーセージたちの
顔が、どす黒く茶色で濁(にご)っていたら、客たちはきっ
と驚くことでしょう。

そして、「こんなもの、買わな〜い!」なんて叫ばれでもし
たら、企業にとっては、それこそ大打撃です。

                        ★★★

そこで、ある物質を、ちょいと……(笑)。

たったそれだけで、ハムやソーセージは、ずっとピンク色に
なるわけですね。
まさしく魔法のクスリ。

この「亜硝酸塩」は、このように、●●剤として大々的に使
われているわけです(●●は、下記の設問をご覧下さい)。

ちょいと、市販されているハムやソーセージをご覧下さい。

不自然なまでにきれいなピンク色をしていますよね。

本来であれば、肉は切断したあと空気中に置いておけば酸化
して変色します。
でも、そんな変色したハムやソーセージでは売れません。

そして、下記の本文でも述べていますように、ぼくが調べた
限りでは、なんと「手作り(手造り)」という表示が大きく
書かれたハムやソーセージのほうが、この「亜硝酸塩」の量
を多めに使っていたんですね。

世の中には、先入観で考えてはいけないことが、多すぎます。

手作りなら大丈夫……だと、多くのかたは思っていますよね。

そう、あの真面目な山田サンがおっしゃっているのだから大
丈夫だと、思っていますよね。

それと同じこと。

え?

そんなこと、私、思っていません?

なんて、冷たいことは言いっこなし……ですよ。

さてさて、今回は、どうなっていますやら。


                      ★ ★ ★


↓本文。前回より続く(下記は、ぼくの著書の一部分です)。




ぼくがかつて調べたところでは、「手作り(手造り)」とい
う表示のあったハムやソーセージのほうが、「亜硝酸塩」を
多めに使っているようでした。

まあ、ハムやソーセージなど、ぼくはほとんど食べませんが、
もしどうしても食べたいかたは、購入するときに、よく原料
表示を確かめるようになさって下さい。

なにしろこの「亜硝酸塩」は、前項でお話しした安息香酸と
ともに、膠原病(こうげんびょう)などの原因ともなる「免
疫毒性を持つ添加物」としても有名です。

少しでも心配のかたは、避けるのが賢明というものでしょう。

それに、混合ハムやソーセージなどには、粗悪な動物性脂肪
がかなり多く使われています。

最近、若者や子どもなどに動脈硬化症状が見られることも、
もしかしたらこれらが原因の一つなのかもしれません。

とにかく、先述したような「食べ合わせ」の問題は、ずっと
心に留めておいて下さい。


(次回のこの欄に続く) 


                      ▼設問です▼


設問→ 上記の文章を読み、下記の●●にあてはまるものを、
    選択語句から選んでみよ。ただし2文字とは限らない。

 「この『亜硝酸塩』は、このように、●●剤として大々的
  に使われているわけです」

      【選択語句→ 侵入、殺虫、発色】

                        ■答え■

 下記のとおりです。でも、先に答えを見てはいけません。
 本文を再度ご覧になり、十分想像してから答えをご覧下さ
 い。きっとその繰り返しが、あなたの明日を輝かせること
 になると思っています。

                      答え→ 発色

【上記の文章は、ぼくの著書『その食品はホンモノですか?』
(三才ブックス)を元にして、毎回、そのときどきに新しい
 事実を述べて行きます。すでにこの本をお持ちのかたも、
 どうぞお楽しみに!】








___________________________

【2】
  ★本日ご案内する、山田の「電子書籍」は、これっ!★

〜PDF版を希望されるかたは、下記の案内サイトに、その
 方法が記載されています。そちらからご連絡下さい〜

___________________________

   電子書籍版は、アマゾンから直接お求め下さい。
   PDF版は上記の方法で、当事務局へご連絡下さい。
   価格は同じです。



              ★「社会の裏側!」第106巻★

『なぜ、小児甲状腺ガンが、福島「県外」の人に深刻なのだ
ろう!』

〜それでも、国や県は、いまだに原発事件との因果関係を認
 めず、いやそれどころか「検査の縮小」まで考えているん
 ですね。いったい〜

  第106巻の「案内サイト」→ https://bit.ly/2ENHEQw

                      山田博士・著

★目次


★(第1章)

人間が、自然を支配できる。人間が、原発を支配できる。そ
う奢(おご)ってきた人間が、いままでこの日本にあまりに
も多かったのでしょうね。そのため、いまなお、このフクシ
マの後始末さえできていない……

★(第2章)

小児甲状腺ガンが増えているのですが、福島県内の患者は8
割が「半摘(はんてき)」でした。でも、福島「県外」の人
を見ますと、ガンが進行してから見つかる患者さんが多いよ
うなんですね。そのため、8割が全摘(ぜんてき)だったの
です……

★(第3章)

日本での原発作業員たちは、たとえ病気になっても「自己責
任だ」という内容の誓約書を、入社時にしっかりと書かされ
ているわけですね。しかも、勤めている会社がそもそも労災
保険に加入していなかったりして……

★(第4章)

ご存じかもしれませんが、フクシマ原発事件の後の2012
年10月から、福島県は、18歳以下の福島県民の医療費を
無料化にしています。でも、その対象は、あくまで「18歳
まで」。しかも、福島県外に住民票を移動させれば、その時
点で医療費の無料化対象は、外れてしまうわけですね。こり
ゃ、ナンジャラホイ……


(詳しい概略や目次などは、「案内サイト」をどうぞ。「P
 DF版」でも提供できますが、なるべく電子本をお願いし
 ます。ただ複数巻をご希望のかたは、「PDF版」だと割
 引きします)

  第106巻の「案内サイト」→ https://bit.ly/2ENHEQw





                          ★
                          ★
                          ★


(山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。右側に並んでおります。
 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!)

「メルマガ専用ブログ」→  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





___________________________

              発行/山田博士いのち研究所
                            
  105-0001東京都港区虎ノ門2−2−5共同通信会館B1F
                  http://yamadainochi.com/
                            
    事務局への連絡はこちらへどうぞ→ http://goo.gl/t12Yx

                「メルマガ専用ブログ」
          →  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
                            
___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。
















規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-10-03  
最終発行日:  
発行周期:毎日早朝5:00配信(日曜だけ休刊)  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。