法律

松山発、行政書士が扱う書類あれこれ

行政書士が日頃業務として扱っている書類や手続きの中から順次内容を紹介し、解説していきます。ご自分で手続きをする場合や、行政書士を利用するときの参考にして下さい。
 生活に関係のあるものを主に取り上げていきます。

全て表示する >

松山発、行政書士が扱う書類あれこれ

2008/10/08

皆さんこんにちは。 3点お知らせします。
1、
交通違反をして、点数が累計されていき、「免許停止」や「免許取り消し」になったらどうしたらよいか。 これについて、解説します。

ある点数になると、行政処分が待ってますので、慌てる訳です。

ところで、処分が下される前に、「意見の聴取」があります。
これは、当局の裁量権で勘案されることがあります。
つまり、減免されることがあると言うことです。

例えば、「免許停止」の期間が短くなるとか、「免許取り消し」が免停になるとか。
どうしたら、そのようになるかと言えば、「意見の聴取」のときに、意見を
言うことです。どのような事を言えばよいかというと。 有利な証拠とか、
止むを得ない理由、または、反省していることを、強調する。などです。
個々により違いますが。

実際は、口で言葉に出して言うのは、なかなか難しいものです。うまくまとめて意見を述べるというのは、慣れていないものですから、上がってしまいます。
そこで、文書にまとめて、上申書として「意見の聴取」のときに提出するのがいいでしょう。

しかし、意見を出せば、だれでも減免を受けられるとは、限りません。
あくまでも、当局の裁量で決定されるものです。

でも、やるだけやってみる価値はあると思います。

当事務所は、全国対応で上申書の作成を受任しています。


実際の効果は、減免の報告を聞きます。免取が免停になったりする例があります。

では、交通法令を守って、安全運転を。

2、
帰化の無料相談会を予定しています。
2008年10月18日  (土) 10時から17時 当事務所で。   
ご希望の方は、ご連絡を。 

3、不用品差し上げます。
鳥の剥製の置物。 切り株の上に、鷹が停まっている。高さ1メートル 鳥幅60センチ
だだし、とり来てくださる方に。
 
岩田行政書士事務所 当事務所のHPもご覧ください。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-08-14  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。