住宅・不動産

このメルマガは現在休刊中です。
風水通信

住環境を整えることで、運命をえ、自分らしく生きるための具体的な方法と最新の探究・研究の成果をお伝えします。
環境や健康、建築等についての最新お役立ち情報、イベント情報等も同時掲載!
自宅の新築・改築・転居等を検討している人、必読!



全て表示する >

風水通信383 10月17日・18日建築医学協会研究会開催決定!

2007/10/06

----------------------------------------------------------------------
--------------- ◎週刊◎メールマガジン『風水通信』-------------------
--------住環境を整えることで、運命を変え、自分らしく生きるための------
----------具体的な方法と最新の探究・研究の成果をお伝えします。--------
--------------------環境や健康、建築等についての----------------------
--------------最新お役立ち情報、イベント情報等も同時掲載!------------
------------自宅の新築・改築・転居等を検討している人、必読!----------
--------------------------2007/10/05 vol.383--------------------------
----------------------◇http://www.fusui.co.jp/◇---------------------
■目次

●購読者の皆様へ

●2007年10月日本建築医学協会研究会開催のお知らせ

●日本建築医学協会設立一周年記念講演会 11月23日(金・祝)開催!
 統合医療としての建築医学〜環境・脳・免疫とその繋がりを解き明かす〜

●風水環境科学講座 第355回
 
 ■建築医学の挑戦―癌になる場、癌が癒される場 その六

●後書き

------------------------------------------------------------------------------
●購読者の皆様へ

  大分秋らしくなってきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 さて、再来週は、日本建築医学協会の研究会週間です。

 17日の地磁気研究会では毎回大好評の中津川昴氏による沖縄の地磁気測定レポート。

 そして18日はのエネルギー医学研究会は、ストレスが骨盤の歪から、
 「どんなストレスが心身にダメージを与えているか」を読み取る
 心身条件反射療法について紹介します。 

 今回の研究会も超充実の内容です。

 ご興味のある方は是非ご参加下さい。
 

●2007年10月日本建築医学協会研究会開催のお知らせ

 下記の日程にて、2007年10月研究会を開催致します。
  
 ■地磁気研究会 第9回
 
  ◆日時:10月17日(水)午後七時〜八時半
  ◆講師:中津川昴(未知現象研究家)
  ◆テーマ:イヤシロチ・ケガレチと琉球先史文明の遺産
       〜地磁気調査報告〜
  ◆1967年10月生れ、未知現象研究者。1997年豪州留学、
   Monash大学大学院理学部修士課程修了。
   未知現象に関する活動と長年の在豪経験で得た英語力を武器にした
   海外取材など内外で活躍。
   TV番組、TVCMへの出演多数。
    ◆会場:日本建築医学協会事務局
  ◆参加費:一般2000円 協会員1000円

 ■エネルギー医学研究会 第10回
 
  ◆日時:10月18日(木)午後七時〜八時半
  ◆講師:朝倉穂高(カイロプラクター)
  ◆テーマ:意識されてないストレスが心身を蝕んでいる!
       〜心身条件反射療法の理論と実際〜
  ◆講師プロフィール:
   2002年、豪州RMIT大学健康科学部カイロプラクティック学科日本校卒業(優秀)、
   取得学位/応用理学士(臨床科学)称号(B.App.Sc)、カイロプラクティック理学士
   称号(B.C.Sc)を取得後、米国ニューヨーク州 East 53rd.St. Chiropractic Center
   にて2年間研修、2004年、帰国、神田神保町、ハーモニー カイロプラクティック
   オフィス開業(共同経営)にて現在に至る。
   その間、卒後教育にて米国代替医療協会認定より代替医療専門医(B.C.A.M.P.)
   米国AM(アクティベーターメソッド)国際上級認定カイロプラクター資格、
   その他、心身相関について研究する。
  
  ◆会場:日本建築医学協会事務局
  ◆参加費:一般2000円 協会員1000円

   ※非会員の方が参加を希望される場合は、メールにて、下記アドレスまで、
   参加希望の研究会名と氏名・住所・電話番号、さらに「参加の動機」を書いて
   お送り下さい。↓

   info@architectural.sakura.ne.jp
   
   参加の可否は事務局よりご連絡させて頂きます。

  ※各研究会の詳細及び会場地図については下記サイトをご参照下さい。↓
   
   http://www.architectural-medicine.jp/kenkyukai/top.html


●日本建築医学協会設立一周年記念講演会 11月23日(金・祝)開催!
 時代は「トクホ住宅」へと動いている!
 統合医療としての建築医学〜環境・脳・免疫とその繋がりを解き明かす〜

 国土交通省は「健康増進につながる住宅」の認定制度導入に向けて、
 2007年7月18日、建築学や医学などの研究者や、住宅や設備メーカー、厚生労働省など
 関係省庁で構成する「健康維持増進住宅研究委員会」を立ち上げました。

 委員会では快眠しやすい寝室の照明やデザイン、学習に集中できる子どもの部屋、
 健康に最適な換気・冷暖房システムなどが研究課題とし、特定保健用食品(通称「トクホ」)
 と同様な枠組みを住宅に設けて、「より健康になる家」の普及を目指す、とのことです。

 このような時代の動向に呼応するように、当日本建築医学協会は
 2006年11月に設立されました。

 今回は協会設立一周年に当たり、当協会理事及び各界の識者の方々より
 「環境・脳・免疫とその繋がり」をテーマに、最新の研究成果についてお話を頂きます。

 ■日時:2007年11月23日(金) 開場:午前10時 開演:午前10時30分 終演:午後5時30分

 ■会場: ベルサール神田 イベントホール
  〒101-0053 東京都千代田区神田美土代町7住友不動産神田ビル2F ↓

  http://www.sumitomo-rd.co.jp/building/kaigishitsu/bs_kanda/event/access.html 

 ■講演内容
  
  ●あなたはよく眠ることができますか?−健康の秘訣は良い場所を選ぶこと
  講師:寺山心一翁(日本ウェラー・ザン・ウェル学会副理事長・日本建築医学協会理事)

  ●睡眠時無呼吸症候群(SAS)スクリーニングと健康増進
   −睡眠中の呼吸が健康・安全に及ぼす影響− 
   講師:谷川武(医学博士・筑波大学大学院社会健康医学准教授)

  ●犯罪は「この場所」で起こる〜住環境と犯罪発生の関係性を解き明かす
   講師:小宮信夫(社会学博士・立正大学文学部社会学科教授) 

  ●脳と心と環境はどのような関係にあるのか?
   講師:高田明和(医学博士・浜松医科大学名誉教授)

  ●住む環境と免疫力 
   講師:安保徹(医学博士・新潟大学大学院教授)

  ●統合医療としての建築医学〜環境・脳・免疫とその繋がりを解き明かす
   講師:松永修岳(日本建築医学協会理事長)

 ■参加費: 一般/5,000円(当日6,000円) 
      協賛団体会員/4,000円(当日5,000円) 
      日本建築医学協会会員/3,000円(当日4,000円) 

 ■日本建築医学協会設立一周年記念パーティー / 18:00〜19:30
  会場:ベルサール神田 ルーム1
     〒101-0053 東京都千代田区神田美土代町7 住友不動産神田ビル3F
 
 ■パーティー参加費:一律 10,000円  

  ※風水通信の購読者の方は講演会に「協賛団体価格」にて参加できます。
  下記HPの「設立一周年記念講演会 参加申込みフォーム」の協賛団体欄に
  「風水通信読者」と記入してお申し込み下さい。 ↓

     http://www.architectural-medicine.jp/event/lecture2.html
 
 ※都合により講師及び時間が一部変更になる場合がございます。
  あらかじめご了承ください。


●風水環境科学講座 第355回
 
 ※今回の風水環境科学講座は、2007年8月11日に
   「第13回代替・統合医療コンベンション」におけるドリス・ラップ博士の
  講演内容をご紹介しています。

 ■建築医学の挑戦―癌になる場、癌が癒される場 その六

  ◆アメリカ環境医学会の元会長が語る環境汚染の深刻な影響 その六

      ●癌にならない方法として

    ◆家の中のカーペットも非常に危険です。
  
     化学物質を含有したカーペットを使わないようにしましょう。
    
    ◆白血病や癌の原因になるのが、炭酸飲料の中の酸味料です。

    ◆着るものも合成繊維はできるだけ避けてください。
     
     ホルムアルデヒドに汚染されている可能性があります。
     
     コットンやシルクのほうが良いでしょう。

    ◆化粧品にも気をつけて。自然食品店などで安全なものを購入して下さい。

     ひとつの香水に200の有害物質が入っている場合があります。

    ◆マニュキュアとマニュキュアの除光液だけは使わないことです。

    ◆石油系の普通のドライクリーニングはリンパ腫と癌を誘発します。

    ◆タンスには化学物質による虫除けなどは使わないことです。

     真空パックで保存することです。

    ◆特に生理用ナプキンはダイオキシンで漂白されていますので、
     それは使わないことです。

     子宮内膜症になりやすくなります。

    ◆フッ素入りの歯磨きも使わないことです。毒物です。

    ◆普通に市販されている化学的な毛染めは、絶対使わないことです。

     自然のものを使って下さい。

    ◆市販の使い捨ておむつは便利ですが、非常に危険です。

    ◆歯科に行ったら、水銀の詰め物を断ってください。

     自閉症と深く関係しています。

     セラミックの方が良いでしょう。

    ◆子供に危険なワクチンは摂取させないことです。

     (アメリカでは通常新生児に危険なワクチン摂取が行われています)

     脳障害の原因となります。

    ◆ゴミの廃棄場、高圧線、高速道路の近くには住まないことです。

     住んでいたら引っ越して下さい。

    ◆携帯電話にも気をつけて。

     直に耳につけると脳腫瘍の原因となります。

     ポケットに入れておくと男性の場合、睾丸に悪影響があります。

    そして次のような言葉でラップ博士は講演を締め括られました。

    怖がらせて御免なさい。でも皆さんに選択の幅を与えたくてこのようなお話をしました。

    あなたとあなたの愛する人が、癌にならずに健康に生きられるために、
    少しでも助けになれば嬉しいです。
 
    講演の終了後、ラップ博士の年齢を聞いて会場は驚きの声に包まれました。

    現在78歳だというのです。

    全く年齢を感じさせない、パワフルで説得力のある講演でした。

  (続く)

●後書き

 今回の風水環境科学講座のドリス博士の講演内容には、驚かれた方も多いかと思います。

 しかしドリス博士の発言の裏側には、環境病に苦しむ数千人の人々の治療に携わってきた
 実体験があります。

 私自身、心して自分の生活習慣、生活環境の改善に取り組まなくては!と思いました。

 もちろんストレスにならない範囲ですが・・・。

 このあたりのバランスが難しいところだと思います。

 そのあたりの問題に関して、10月18日エネルギー医学研究会の講義内容は参考になる
 と思います。


□■□『風水通信』□■□ 

■ 発行:風水環境科学研究所 

  (C)Copyright 2007(株)エンライトメントハートコーポレーション

■ 編集:井上祐宏

■ 監修:風水環境科学研究所代表 松永修岳 

■ http://www.fusui.co.jp/ 

■ ご意見・ご感想等:
   fusui@big.or.jp
---------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは下記の発行所より毎週1回発行しています。

まぐまぐ(http://www.mag2.com/)
E-magazine(http://www.emaga.com
melma!(http://www.melma.com/)
メルマガ天国(http://melten.com/)



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-06-12  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 64 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。