住宅・不動産

このメルマガは現在休刊中です。
風水通信

住環境を整えることで、運命をえ、自分らしく生きるための具体的な方法と最新の探究・研究の成果をお伝えします。
環境や健康、建築等についての最新お役立ち情報、イベント情報等も同時掲載!
自宅の新築・改築・転居等を検討している人、必読!



全て表示する >

風水通信340 第一回地磁気研究会大盛況!

2006/12/08

----------------------------------------------------------------------
--------------- ◎週刊◎メールマガジン『風水通信』-------------------
--------住環境を整えることで、運命を変え、自分らしく生きるための------
----------具体的な方法と最新の探究・研究の成果をお伝えします。--------
--------------------環境や健康、建築等についての----------------------
--------------最新お役立ち情報、イベント情報等も同時掲載!------------
------------自宅の新築・改築・転居等を検討している人、必読!----------
--------------------------2006/12/08 vol.340--------------------------
----------------------◇http://www.fusui.co.jp/◇---------------------
■目次

●購読者の皆様へ

●風水環境科学講座 第316回
 脳力と運が手を組めば巨万の富を築くことができる
 格差社会の到来
 「成功を加速する上流開運脳 意欲が失速する下流閉運脳」後編
 〜お金持ちになる行動方程式がある〜
 
 その一
 ■脳力と運を高めること
 ■どんな社会がこれからやって来るのか?

●後書き

-------------------------------------------------------------------------------
●購読者の皆様へ

 寒さが本格的になってきた今日この頃。

 皆様いかがお過ごしでしょうか?

 12月4日(月)に東京事務局にて開催された「地磁気研究会」は、参加者19人。

 そして遠くは九州・愛知からの参加者もあり、大変な熱気に包まれました。

 全員簡単な自己紹介の後、地磁気についての秘蔵映像放映、
 そして地磁気測定器や電磁波測定器の測定の実際、
 さらには、日本各地12000箇所の土地の地電流を計測した
 楢崎皐月氏の業績の紹介など、
 内容は多岐に渡りました。

 参加者全員が「是非次回も参加したい」との意志を表明!

 早急にスケジュールを立てて、お知らせすることを約しました。

 次回は入場制限もあるかも?!

 日時等決定次第、この風水通信でもお知らせします。

 請う、ご期待! 

●風水環境科学講座 第316回

 脳力と運が手を組めば巨万の富を築くことができる
 格差社会の到来

 「成功を加速する上流開運脳 意欲が失速する下流閉運脳」後編
 〜お金持ちになる行動方程式がある〜
 
 その一

 ■脳力と運を高めること

  成功を加速する上流開運脳と意欲が失速する下流閉運脳。

  人間はこの両方に分かれていきます。
 
  真ん中が消えていきます。

  いわゆる、M字型になっていくのです。
 
  多くの人が、自分は何処に向かって走っているのかが判っていないのです。
 
  多くの人が、自分は上流になっていくと思っているのですけれども、
  実際には下流へ直行と言うケースが多いものです。
 
  上流へ向かって走っているのか、それとも、下流へと向かって走るのか。
 
  それはあと3年もすれば結果が出てしまうでしょう。

  自分の3年後を見れば、その延長上が一生続くだろうと考えられます。

  特に、この3年は激動の年です。

  今年2006年は皇紀2666年に当たります。

  これはまさに「運命が大きく変わろうとしている」ことを意味しています。

  政治も、経済も「過去の流れが終わって新しい時代が誕生する」
  ということを表しているのです。
 
  自分の脳力と開運に投資する時代が始まったのです。

  つまり、どこに投資をしたら運が開くのか、あるいは自分の脳力が高くなるのか。

  経済の運と脳力が明日を決めていくのです。

  つまり、いくら脳力が高くても、運に恵まれなければ駄目でしょうし、
  運だけでも脳力が低ければうまくいかない。

  運と脳力が明日を決める。
 
  この二つを高める行動をすることで、上流開運脳が開いてくる訳です。
 
 ■どんな社会がこれからやって来るのか?
  
  これから、社会はどんな風に変わっていくのか。
 
  経済も人間も、日本そのものの形が変わっていきます。
 
  今、消費税はいずれ二桁になるでしょう。
 
  そして自由競争がさらに激しくなることで、さらに格差が広がって、
  ますます社会を引き裂いていきます。

  格差が起こるということは、社会が引き裂かれる、ということを意味しています。

  そして治安はさらに悪化するのです。
 
  犯罪に巻き込まれる可能性が高まっていきます。
 
  ですから、皆さんはなるべくテレビなどに出ない方が良いです。
 
  出れば狙われます。

  気をつけて下さい。

  テレビに出る場合は、運を良くしておかないといけません。
 
  自治体は破産し、貧しい自治体に居住する人の住民税は高くなります。
 
  北海道の夕張市が破綻しました。
 
  他にも破綻している自治体がたくさんあるのです。
 
  ただそれを、帳尻合わせをして隠しているだけです。
 
  無職の老人と、無職の若者が増え続けるのです。
 
  会社もなくなって、退職金もなくなって、年金もなくなって、いったいどうするのか。

  こういう未来がやってくるのです。
 
  ガンと自殺が増え続けます。

  イラクで多くの人が死に、イスラエルとレバノンの戦争で何百人死んだ、
  と報道されていますが、しかしどう見ても、自殺には勝てません。

  自殺は年間3万人4千人以上です。
  
  (終わり)

    ※以上の文章は2006年8月に東京で開催された松永師の講演を
   編集したものです。


●後書き
  
 来週14日木曜日午後七時〜八時半まで、日本建築医学協会の
 エネルギー医学研究会の第一回が東京事務局にて開催されます。
 
 http://www.architectural-medicine.jp/kenkyukai/top.html
 
 今回は、テキストとして使用する「エネルギー医学の原理」
 (オシュマン著・エンタプライズ刊)の内容の紹介。
 
 http://www.e-ep.jp/cgi-db/s_db/kensakutan.cgi?j1=4-7825-tt-113
 
 そして今後の方向性などの内容となるでしょう。
 
 松永師が「これこそ風水だ!」とおっしゃった「エネルギー医学の原理」。

 このヘビーな本に取り組むことこそ、建築医学の礎となります。

 自ら建築医学の創造に参画せんと欲する同志の参加をお待ちしております。

 主査の豊田茂芳医師は、「エネルギー医学の原理」の勉強会を私と一緒に以前
  開催していた仲間で、シュタイナー医学などの代替療法に対する造詣の深い方
  です。

 私も知らない代替医療のレア情報が聞けるのでは、と期待しています。

 会員も非会員の方も、参加希望の方はメールにてお申込み下さい。

 急遽予定が変更になることもありえますので。

 よろしくお願い致します。
 
 連絡先:日本建築医学協会 担当 井上祐宏 ↓
 
 info@architectural.sakura.ne.jp

※風水環境科学研究所・株式会社エンライトメントハートコーポレーション(EHC)
 及び松永修岳代表は、営利目的の勧誘は一切行っておりませんし、推奨もして
 おりません。当研究所・(株)EHC及び松永修岳代表の名において、そうい
 った勧誘があった場合には、お気をつけ下さい。

■ 風水通信: 発行者:井上祐宏 風水環境科学研究所(C)Copy right2006

■ 監修:風水環境科学研究所代表 松永修岳 

■ http://www.fusui.co.jp/ 

■ ご意見・ご感想等:
   fusui@big.or.jp
---------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは下記の発行所より毎週1回発行しています。

まぐまぐ(http://www.mag2.com/)
E-magazine(http://www.emaga.com
melma!(http://www.melma.com/)
メルマガ天国(http://melten.com/)



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-06-12  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 64 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。