住宅・不動産

このメルマガは現在休刊中です。
風水通信

住環境を整えることで、運命をえ、自分らしく生きるための具体的な方法と最新の探究・研究の成果をお伝えします。
環境や健康、建築等についての最新お役立ち情報、イベント情報等も同時掲載!
自宅の新築・改築・転居等を検討している人、必読!



全て表示する >

風水通信336 11月18日(土)日本建築医学協会誕生!

2006/11/11

----------------------------------------------------------------------
--------------- ◎週刊◎メールマガジン『風水通信』-------------------
--------住環境を整えることで、運命を変え、自分らしく生きるための------
----------具体的な方法と最新の探究・研究の成果をお伝えします。--------
--------------------環境や健康、建築等についての----------------------
--------------最新お役立ち情報、イベント情報等も同時掲載!------------
------------自宅の新築・改築・転居等を検討している人、必読!----------
--------------------------2006/11/11 vol.336--------------------------
----------------------◇http://www.fusui.co.jp/◇---------------------
■目次

●購読者の皆様へ

●日本建築医学協会設立記念講演会 11月18日(土)開催!!!

●風水環境科学講座 第312回

 脳力と運が手を組めば巨万の富を築くことができる
 格差社会の到来
 「成功を加速する上流開運脳 意欲が失速する下流閉運脳」

  その九
 ■集中と分散を同時に行う

●風水環境科学研究所 スタッフ急募!!

 ・松永代表秘書(契約社員)1名

 ・岐阜本部オフィス 制作アシスタント(パート・アルバイト)1名

●後書き

-------------------------------------------------------------------------------
●購読者の皆様へ
 
 11月だと言うのに、暑く感じる日さえある今日この頃。
 
 やはり先日NHKスペシャル「地球大異変」でも紹介されたように、これから
 異常気象や天災が増えるのでしょうか?
 
 ますます「風と水の動きを捉えること」風水の重要性は高まってくるでしょう。

 そして、いよいよ7日後に迫った「日本建築医学協会設立記念講演会」。

 増席の手配ができましたので、まだ若干名なら参加可能です。

 お早めにお申込み下さい。 

●日本建築医学協会 設立記念講演会 11月18日(土)開催!
 住むだけで病気を予防できる!
 「代替医療としての住環境〜建築医学の可能性とその未来〜」

 年々増加し続けている生活習慣病。その大きな原因が、住環境や職場環境から来る
 様々な環境ストレスであることが明らかになりつつあります。

 それゆえ私たちは「住環境・職場環境を改善することを通して積極的に病気を予防する」
 このテーマに取り組む代替医学・代替医療として「建築医学」を提唱します。

 建築学、住居学、医学および環境工学の専門家が持つ知見の融合・共同研究により、
 環境と生体との相互作用と有機的な繋がりを解き明かし、住環境の改善に必要なデータの
 収集および情報提供を行います。

 さらに「住空間・職場空間を心身が癒される場とする治療体系の構築」とその啓蒙普及を
 目指して、日本建築医学協会は設立されました。

 この建築医学が代替医学・代替医療の一部門として成長し、建築医学を駆使した住宅や
 ビルなどが実際に建築されることを通して「一人一人の脳が活性化し、創造性が高まり、
 生きることの意義や目的を見出していくこと(QOLの向上)に繋がっていく」
 と当協会は考えます。(日本建築医学協会設立趣旨より)

 ■日時:11月18日(土)午後1時開場 1時半開演 4時半終了

 ■会場: 如水会館2階スターホール
  〒101-1101 東京都千代田区一ツ橋2-1-1 / TEL.03-3261-1101 
 http://www.kaikan.co.jp/josui/info2.html
 
 ■講演スケジュール

 ★開会の挨拶 松永 修岳 (日本建築医学協会理事長) 13:30〜13:35 

 ★「癌の完全治癒と意識の場」 13:35〜14:00 寺山 心一翁 
  (日本建築医学協会理事・NPO法人国際和合医療協会副理事長)
  アンドルー・ワイル(日本建築医学協会名誉理事)テープメッセージ
  「日本建築医学協会設立に寄せて」
 
 ★「寝る位置を間違えると病気になる!−ジオパシック・ストレスと病気の関係」 
 14:00〜14:25 陰山 泰成(日本建築医学協会理事・NPO法人国際和合医療協会副理事長)

 ★「かたち・いろ・おと・にほひ・ひろがり −脳神経学からみた建築医学の可能性」 
 14:25〜14:50 亀井 眞樹(日本建築医学協会理事・代々木公園診療所院長)

 ★「人間の咬む力(咬合力)は三百階建てのビルをも支える−
 人体の不思議に学ぶ建築医学の限りない未来」 15:00〜15:25 
  寺川 國秀(日本建築医学協会理事・NPO法人国際和合医療協会理事長)

 ★「いい場を創ろう!−生命場の医学と建築医学」 15:25〜15:50 
  帯津 良一(日本建築医学協会会長・NPO法人日本ホリスティック医学協会会長)
 
 ★「建築医学の挑戦−西洋医学と東洋医学の統合」 15:50〜16:15 
  松永 修岳(日本建築医学協会理事長)
 
 ★閉会の挨拶 帯津 良一 (日本建築医学協会会長) 16:20〜16:25 

 ■参加費:一般/4,000円(当日5,000円) 
      協賛団体会員/3,500円(当日4,500円) 
      日本建築医学協会会員/3,000円(当日4,000円) 
 ※協賛団体:NPO法人日本ホリスティック医学協会・NPO法人国際和合医療協会
  ・日本歯科東洋医学会・サトルエネルギー学会・意識波動医学研究会
  ・日本ホリスティックセラピスト協会・国際風水科学協会・日本波動医学協会・
  日本アンチエイジング歯科学会

 ■お申込み方法:参加及びDVDのお申込みは下記HPよりお申込み下さい。
 http://www.architectural-medicine.jp/event.html

 ■お問い合わせ先:日本建築医学協会 担当:井上
 〒105−0001 東京都港区虎ノ門3−6−1ナイジェリア大使館ビル3階
 株式会社エンライトメントハートコーポレーション内
 TEL: 03-5408-1100 / FAX:03-5408-0038
 URL:http://www.architectural-medicine.jp/
 e-mail:info@architectural.sakura.ne.jp

●風水環境科学講座 第312回

 脳力と運が手を組めば巨万の富を築くことができる
 格差社会の到来
 「成功を加速する上流開運脳 意欲が失速する下流閉運脳」

 その九

  ■集中と分散を同時に行う

  脳の部位で言うと、前頭前野が開運脳に当たります。
 
  セロトニンによって前頭前野が活性化するのです。
 
  どういうことかと言うと、
 
  「1つの事に集中しながら他の事に注意を向けて、全体を見る」

  という力を養うことです。
 
  これが上流開運脳なのです。
 
  下流人は、何かやっているとそれだけしかできないから、
  話しかけると「うるさい」と言うのです。

  そういう人は、下流閉運脳なのです。
 
  1つの事に集中しながら、分散して全体が見れる。
 
  つまり集中と分散が同時にできる。

  これが開運脳なのです。
 
  この働きを司るのが、前頭前野なのです。

  ここを開発すると出来るのです。
 
  例えばお店で食事をしながら、相手の話を聞きながら、
  別の席にいる人の話を聞くことを実行するのです。
 
  こういう盗み聞きができる人というのは、前頭前野が発達しているのです。

  人と交渉しながら隣の人の話を全部聞いているのです。
 
  こういうトレーニングをするのです。

  そうすると上流開運脳になります。
 
  この働きを司っているのが、前頭前野なのです。

  (続く)

    ※以上の文章は2006年6月に東京で開催された松永師の講演を
   編集したものです。


● ☆☆ 風水環境科学研究所/(株)エンライトメントハートCo. ☆☆

     スタッフ(松永代表秘書1名、制作アシスタント1名)急募!!

 
     詳しくはこちらをご覧ください。↓
 
   http://www.fusui.co.jp/recruit/index.html


●後書き

 さて、いよいよ近づいてきた11月18日!

 そして、当日、日本建築医学協会の様々な活動をご紹介できそうです。

 現在研究会として開催日が決定しているのは、地磁気研究会です。

 第一回を12月4日(月)午後七時から開催予定です。
 
 その「地磁気」についてインターネット上で面白い情報を見つけました。

 北朝鮮が、地磁気の変化に基づく、健康注意日を毎月発表しているというのです。

 下記のホームページをご覧下さい。
 
 「北、2006年1月の健康主義予想日を発表」
 
 http://news.pyongyangology.com/archives/2005/12/20061.html
 
 「北朝鮮側の研究によれば、地磁気日には交通事故と精神分裂症が
 平常時より2-4倍高まる」と書かれています。

 また「京都大学大学院理学研究科附属地磁気世界資料解析センター」のサイトには
 ビジュアルで数百年間の地球磁場の変動を見ることができるページがあります。

 これにも驚かされました。

 http://swdcwww.kugi.kyoto-u.ac.jp/index-j.html

 ご興味のある方はご覧下さい。

 また地磁気と健康について面白いデータがありましたら、是非ご一報下さい。

 よろしくお願い致します。

※風水環境科学研究所・株式会社エンライトメントハートコーポレーション(EHC)
 及び松永修岳代表は、営利目的の勧誘は一切行っておりませんし、推奨もして
 おりません。当研究所・(株)EHC及び松永修岳代表の名において、そうい
 った勧誘があった場合には、お気をつけ下さい。

■ 風水通信: 発行者:井上祐宏 風水環境科学研究所(C)Copy right2006

■ 監修:風水環境科学研究所代表 松永修岳 

■ http://www.fusui.co.jp/ 

■ ご意見・ご感想等:
   fusui@big.or.jp
---------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは下記の発行所より毎週1回発行しています。

まぐまぐ(http://www.mag2.com/)
E-magazine(http://www.emaga.com
melma!(http://www.melma.com/)
メルマガ天国(http://melten.com/)



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-06-12  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 64 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。