住宅・不動産

このメルマガは現在休刊中です。
風水通信

住環境を整えることで、運命をえ、自分らしく生きるための具体的な方法と最新の探究・研究の成果をお伝えします。
環境や健康、建築等についての最新お役立ち情報、イベント情報等も同時掲載!
自宅の新築・改築・転居等を検討している人、必読!



全て表示する >

風水通信330 人生において重要なのは、総幸福量

2006/09/30

----------------------------------------------------------------------
--------------- ◎週刊◎メールマガジン『風水通信』-------------------
--------住環境を整えることで、運命を変え、自分らしく生きるための------
----------具体的な方法と最新の探究・研究の成果をお伝えします。--------
--------------------環境や健康、建築等についての----------------------
--------------最新お役立ち情報、イベント情報等も同時掲載!------------
------------自宅の新築・改築・転居等を検討している人、必読!----------
--------------------------2006/09/30 vol.330--------------------------
----------------------◇http://www.fusui.co.jp/◇---------------------
■目次

●購読者の皆様へ

●風水特別講演会! 10/14(土)東京  10/29(日)神戸

 ★★★諸葛孔明奇門遁甲風水開運術 第10弾

 9割の人間が下流化する新・格差社会の到来 成功と幸運を約束する
 「富と財の未来を創る運の鍛え方」
 〜チャンスは必ずあなたにやってくる!〜

●風水環境科学講座 第306回

 脳力と運が手を組めば巨万の富を築くことができる
 格差社会の到来
 「成功を加速する上流開運脳 意欲が失速する下流閉運脳」

 その三
  ■人生において重要なのは、総幸福量
 ■感情がコントロールできない人は、下流階層に向かう

●日本建築医学協会設立記念講演会 11月18日(土)開催!!!

●風水環境科学研究所 スタッフ(パート・アルバイト)急募!!

●後書き

-------------------------------------------------------------------------------
●購読者の皆様へ

 ようやく涼しくなってきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 「いよいよ建築医学革命が始まろうとしている・・・」

 そんな予感に襲われる今日この頃です。

 昨日は某大学の大学教授で、「建築医学」を提唱されている方とお会いしました。

 そして先週は某国立大学の教授で、やはり環境医学的な研究をしている方の
 お問い合わせを頂きました。

 たくさんのシンクロニシティ(共時性)が頻発しています。

 それが大きなうねりとなって、11月18日に結集することとなるでしょう・・・。 

●風水特別講演会! 10/14(土)東京  10/29(日)神戸

 ★★★諸葛孔明奇門遁甲風水開運術 第10弾

 9割の人間が下流化する新・格差社会の到来 成功と幸運を約束する
 「富と財の未来を創る運の鍛え方」
 〜チャンスは必ずあなたにやってくる!〜

 格差は途方も無いスピードで拡大している。
 言われたことだけをやっている人間は年収200万円以下になる。
 チャンスが得られない社会構造の中であなたは生き残れるのか。
 いい生活をしようと思った時に自分がどう変わればいいのか。

 21世紀、人は9割のホモサピエンス(現代人)と
 1割のホモインテリジェンス(脳と運の強い人間)に分かれる。

 これからの時代、動きの遅い人間や、運の悪い人間には過酷な時代だ。
 脳と運を鍛え、ホモインテリジェンスだけが富と財の未来を創る。
 誰も語らなかった「脳と運を同時に鍛える方法」が今日語られる。
 それこそが現代によみがえる孫子の兵法と諸葛孔明の開運法だ。

 ■講師 松永修岳(国際風水科学協会代表)

 ■日時 

  ★東京地区

   10月14日(土)開場午後6時半 開演 7時 終了 8時半
 
  ★神戸地区

   10月29日(日)開場午後1時 開演 1時半 終了 3時

 ■参加費 前売2500円 当日3000円

  ※講演会に関する情報の詳細は下記HPをご高覧下さい。

  http://www.fusui.co.jp/guide/guide.html

●風水環境科学講座 第306回

 脳力と運が手を組めば巨万の富を築くことができる
 格差社会の到来
 「成功を加速する上流開運脳 意欲が失速する下流閉運脳」

 その三

  ■人生において重要なのは、総幸福量

  お金が増えても不幸なら意味がないでしょう。
 
  「総幸福量を増やす」という考え方が重要です。

  国民総生産を政府は上げようとします。

  しかし本来は国民総幸福量を増やす政策が必要になのです。

  その考え方で私たちは進むべきです。

  家庭に於いても、家族の幸福量に主眼を置く生き方を作るのです。

  脳内分泌物質の観点から述べると、セロトニンが不足すると下流閉運脳
  となっていきます。

  セロトニンの量と前頭葉の活性度によってそれが決まってしまうのです。

  答えは簡単です。

  前頭葉を開発することによってセロトニンを増やすのです。

  セロトニンによって脳の情報伝達がなされるのです。
 
  これが少ないと引きこもりになります。

  引きこもっているのは人間ではないのです。

  脳が引きこもっているのです。
 
 ■感情がコントロールできない人は、下流階層に向かう

  すぐきれる、すぐ怒る。

  こういう人は閉運脳に向かいます。

  もし身近に「すぐ怒る、怒鳴る人」がいたら、その人の未来は下流階層です。

  人と上手くやれない、いわゆる、感情をコントロールできない人は、
  間違いなくこれから下流階層に入っていきます。

  そして、良い庭を見ていると、セロトニンが増えます。
 
  「家に花がない」というのは、セロトニンが増えませんから、
  マンションでもベランダにガーデニングをするべきです。

  部屋の中でも花を飾ることで、セロトニンが増えるのです。
 
  テレビゲームばかりしているとセロトニンの分泌は下がるのです。
 
  脳年齢だけ下がって中身のない人間になってしまう。

  うつ病の人ほど光を浴びるのを嫌がるのです。

  これも下流閉運脳の特徴なのです。

  昨年11月に逮捕された「静岡女子高生母親毒殺未遂事件」の女子高生の部屋には、
  いつもカーテンが引いてあったそうです。

  壁にはナチスの逆十字が貼り付けてありました。

  殺風景な部屋です。

  こんな部屋にいて、脳がおかしくなったのです。

  殺風景の部屋は下流閉運脳になります。

  そういう部屋は積極的にリフォームをして下さい。
 
  セロトニンを増やして上流開運脳を作るためには、
  グリーンの色彩が調和したインテリアが効果的です。

  グリーンはリラックスする力が高いのです。
 
  北側の部屋は一日中光が入りません。

  こういう部屋に子供部屋を作ってはいけません。
 
  窓がない、1日中光が入らない、そんな部屋で子供を育てたら
  その子は下流閉運脳になります。

  (続く)

    ※以下の文章は2006年6月に東京で開催された松永師の講演を
   編集したものです。

●日本建築医学協会設立記念講演会 11月18日(土)開催!!!

 ついに公開します!

 すぐに定員必至で、本当に残念ながら、前売り予約申込みを先伸ばしにしていると、
 満員御礼でお断りせざるを得ない可能性大なこの講演会!
 
 定員を超えた場合に同時中継用の別会場を押さえようと試みた私ですが、
 他の会場は全て使用中でした!!!

 この記念すべき歴史的講演会。

 風水環境科学に関心をお持ちの方は、風水環境科学が建築医学へと進化する
 その歴史的瞬間に立ち会えるこの講演会に参加しない手はありません!

 今すぐ下記HPへアクセス下さい!
 
 http://www.architectural-medicine.jp/

● ☆☆ 風水環境科学研究所/(株)エンライトメントハートCo. ☆☆
       スタッフ(パート・アルバイト)急募!!
 
  詳しくはこちらをご覧ください。↓
 
  http://www.fusui.co.jp/recruit/index.html

●後書き

 現在「代替医療としての住環境ー建築医学入門」も編集作業の真っ最中です!

 脳科学としての、精神神経免疫学としての、そして犯罪心理学としての建築医学・・・。

 この壮大なる治療体系が、姿を現してくる様は・・・、圧巻です。

 帯津良一・建築医学協会会長の監修のお言葉も頂きました。

 そして寺川国秀理事の「協会設立に寄せて」の名文も頂きました。

 徐々に、同志の想いが結集しつつあります。
 
 請う、ご期待! 

※風水環境科学研究所・株式会社エンライトメントハートコーポレーション(EHC)
 及び松永修岳代表は、営利目的の勧誘は一切行っておりませんし、推奨もして
 おりません。当研究所・(株)EHC及び松永修岳代表の名において、そうい
 った勧誘があった場合には、お気をつけ下さい。

■ 風水通信: 発行者:井上祐宏 風水環境科学研究所(C)Copy right2006

■ 監修:風水環境科学研究所代表 松永修岳 

■ http://www.fusui.co.jp/ 

■ ご意見・ご感想等:
   fusui@big.or.jp
---------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは下記の発行所より毎週1回発行しています。

まぐまぐ(http://www.mag2.com/)
E-magazine(http://www.emaga.com
melma!(http://www.melma.com/)
メルマガ天国(http://melten.com/)



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-06-12  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 64 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。