住宅・不動産

このメルマガは現在休刊中です。
風水通信

住環境を整えることで、運命をえ、自分らしく生きるための具体的な方法と最新の探究・研究の成果をお伝えします。
環境や健康、建築等についての最新お役立ち情報、イベント情報等も同時掲載!
自宅の新築・改築・転居等を検討している人、必読!



全て表示する >

風水通信311 最強運到来「天下人セレブレーション2006」7月1日決行!

2006/05/20

----------------------------------------------------------------------
--------------- ◎週刊◎メールマガジン『風水通信』-------------------
--------住環境を整えることで、運命を変え、自分らしく生きるための------
----------具体的な方法と最新の探究・研究の成果をお伝えします。--------
--------------------環境や健康、建築等についての----------------------
--------------最新お役立ち情報、イベント情報等も同時掲載!------------
------------自宅の新築・改築・転居等を検討している人、必読!----------
--------------------------2006/05/19 vol.311--------------------------
----------------------◇http://www.fusui.co.jp/◇---------------------
■目次

●購読者の皆様へ

●千年に一度の最強運到来の年 2006年7月1日(皇紀2666年6月6日)
 ★★★天下人セレブレーション2006」★★★ 
 〜『運』をよくすることで成功を加速する、『開運』と『幸運』のための集い〜

●風水環境科学講座 第287回

 「富と財を得る思考と行動をプログラムする場の法則」
 成功する人は場と脳が違う

 その七
 ■病気になる場、貧乏になる場
 ■セロトニンを増やす最も効果的な方法とは?
 ■セロトニンが減る環境とは?

●風水特別講演会!6/10(土)東京・6/25(日)神戸

 ★★★諸葛孔明奇門遁甲風水開運術 第8弾

 脳力と運が手を組めば巨万の富を築くことができる格差社会の到来
 『成功を加速する上流開運脳 意欲が失速する下流閉運脳』
 〜あなたの未来はどちらかになる〜

●後書き

-------------------------------------------------------------------------------
●購読者の皆様へ
 
 そろそろ湿度が高まり、ムシムシして来た今日この頃。

 皆様いかがお過ごしでしょうか。

 時代の変わり目は、変化が加速します。

 2006年はまさに天下分け目の運命転換の年。

 今年の最大のテーマは開運、即ち「運」との賢い付き合い方を学ぶこと!

 「運」が最大のテーマとなる時代の到来を告げる天下人セレブレーション!

 開幕まであと49日です。 

●千年に一度の最強運到来の年 2006年7月1日(皇紀2666年6月6日)
 ★★★天下人セレブレーション2006」★★★ 
 〜『運』をよくすることで成功を加速する、『開運』と『幸運』のための集い〜

 西暦2006年。
 それは皇紀2666年、すなわち神武天皇即位から数えて2666年目に当たります。
 
 実はこの『666』という数字には、
 『開運』と『幸運』をもたらす特別なエネルギーが秘められているのです。
 
 その意味するところは、
 『頂点(天下)を目指す人』『高い志をもって自ら行動を起こし変化を起こす人』
 には最強の運気が味方する、ということです。
 
 千年に一度しか訪れない素晴らしいチャンスが、まさに今年訪れているのです。
 
 そして7月1日午後6時、即ち皇紀2666年6月6日午後6時、 
 『天下人セレブレーション2006』 の幕開けは、そこに参加された方々にとって、
 途方もなく幸運な人生の始まりとなることでしょう。
 
 そうです、これは『途方もなく幸運な人生』からの『あなた』への招待状であり、
 『あなた』にこそ、その扉は開かれているのです。

 『あなた』のご参加を心よりお待ちしております。

 ■日時:2006年7月1日(土)(皇紀2666年6月6日) 
 午後5時半〜 受付開始・開場
 午後6時     天下人セレブレーション2006 開始

 挨拶及び講演:松永修岳(天下人フォーラム代表)

 ビデオメッセージ上映:アントニオ猪木(天下人フォーラム発起人)

 鼓演奏:大倉正之助(能楽囃子大倉流大鼓 重要無形文化財総合認定保持者)

 立食での交流会

 天下人フォーラムの概要及び活動のご案内

 ・・・等々

 ■参加費:18,000円  

 ■定員:先着200名(定員になり次第締め切らせて頂きます)

 ■会場:ロイヤルパークホテル3階「ロイヤルホール」
 〒103-8520 東京都中央区日本橋蛎殻町2-1-1  
 TEL:03-3667-1111  FAX:03-3667-1115
 http://www.rph.co.jp/info/index.html
 
 ■申し込み方法:下記アドレスへメールにて「天下人セレブレーション2006参加申し込み」
  と明記の上、氏名・ご住所・電話番号を記入してお送り下さい。
    fusui@big.or.jp
  お申し込みと同時に下記へ参加費をお振込み下さい。
    お振込みが確認された時点で参加受付となります。
 (定員になり次第締め切らせて頂きますので、お早目にお申込み下さい)
 
 ■参加費振込先:郵便振替口座:00140−8−369652
         口座名:天下人フォーラム
  
 ■お問い合わせ:下記までお気軽にお問い合わせ下さい。
 天下人フォーラム事務局:担当 井上
 〒105−0001東京都港区虎ノ門3−6−1 ナイジェリア大使館ビル3階
 (株式会社エンライトメントハートコーポレーション内)
 Tel:03−5408−1100 Fax:03−5408−0038

●風水環境科学講座 第287回

 「富と財を得る思考と行動をプログラムする場の法則」
 成功する人は場と脳が違う

 その七

 ※以下の文章は2006年2月に東京で開催された松永師の講演を
  編集したものです。

 ■病気になる場、貧乏になる場

  病気になる場がある。
 そして貧乏になる場がある。
 私はこれについて徹底的に調べました。

 こうした場の特徴を捉えるためには、まず、
 「ここに居たら貧乏になるなー」と感じることから始まるのです。
 「ここに居たら豊かになるなー」と感じることが人間性を高める扉なのです。

 つまり感性が必要なのです。
 
 人の痛みや喜びを理解できなくなってしまう場があるのです。
 暗くて寒くて、ぐちゃぐちゃに乱れたような場にはそうした力があります。

 ライブドアのオフィスを見た瞬間に、私は
 
 「この場は人の痛みや喜びを理解できなくなる場だ。これは崩壊する」
 
 と思いました。脳の前頭連合野を不活発にするからです。
 
 脳の中のセロトニンという物質の分泌量が減っていく環境では、
 誠実さや人間性が失われていきます。
  
 「免疫革命」の著者の安保徹先生は「自分が変われば免疫力も高まる」と言っています。
 
 「どういう心の状態で、どういう人生観を持っているか」
 これが健康に極めて影響するのです。
 
 これは経済的健康についても言えます。
 不健康な考え方をしていれば、会社は崩壊します。

 これらとと関っているのがセロトニンなのです。

 ■セロトニンを増やす最も効果的な方法とは?

 脳をオペレートしていく場所は「前頭連合野」と呼ばれています。
 前頭連合野を活性化することが、成功する方法なのです。

 どれだけ本を読んでも、前頭連合野が活性化しないと、
 結果が出せないままで人生が終わってしまいます。

 人生の意味、経済、健康を繋げるのが前頭連合野なのです。
 これを発達させれば、生きる事への意味と、お金と、健康と、愛についての
 理解が起こってくるのです。

 これらが分かってくれば
 「愛は人をして働き者にする」ということが現実となります。

 人間の中心にあるのが愛、周辺にあるのが経済。
 これが見事にうまく回転します。

 例えば、計画性は前頭連合野の機能です。
 「未来の計画もビジョンも立てられない」という人は、
 前頭連合野が壊れているのです。

 恥知らずな行為は、前頭連合野を壊します。
 「周囲の迷惑を顧みない」というのも、前頭連合野が壊れているのです。

 セロトニンは、前頭連合野を活性化し、脳のオペレーティング機能を高めます。
 成功脳を作るには、セロトニンが出ないと駄目なのです。

 セロトニンを増やす。すると海馬が影響を受ける。

 海馬は、メモリーです。側頭葉の奥に海馬があります。
 記憶のデータ−バンクは、側頭葉にあります。

 そこから必要な物を引き出すのが前頭連合野です。
 これらに関わっているのがセロトニンなのです。

 セロトニンが少ないから、海馬が萎縮するのです。
 セロトニンが増えると海馬が大きくなります。

 人間の脳の中で、前頭葉と海馬は、最も年齢に関係なく増える細胞です。

 「セロトニンが増やす最も効果的な方法は愛情である」ということが、
 医学的に分かっています。
 
 年を取って海馬が壊れ始めたら、その人を抱きしめてあげるのです。
 抱きしめてやると、セロトニンが増えて海馬が発達します。

 そうすると記憶力が高まるのです。

 認知症や痴呆の原因の多くは愛情不足です。

 家族が抱きしめてやらないからなのです。
 スキンシップが足りないからなのです。

 セロトニンが増えないから、自分が誰だか分からなくなってしまうのです。

 「お年寄りを抱きしめてあげる」

 それだけでもセロトニンが増えて脳細胞は活性化するのです。

 ■セロトニンが減る環境とは?

 室内にダンボールが一杯ある。

 見るからに臭そうなトイレ。

 みすぼらしい部屋や殺風景な部屋。

 狭いお風呂。

 寛げないリビング。

 窮屈なキッチン。

 これらの環境はすべてセロトニンを減らします。

 ドーパミンが増えて、ノルアドレナリンとセロトニンが減ると、
 人は切れやすくなるのです。

 目が合うだけで相手を刺して殺してしまう。

 こうした衝動的な犯罪はセロトニン欠乏脳によって起こっていることが、
 医学的にも分かってきました。

 うつ病の人は全員セロトニンが少ないのです。
 
 つまりセロトニンを増やせば犯罪は減るのです。

 「最高にリッチな環境の刑務所を作れ」と私は言いたいです。

 刑務所の中にプールを作ったり、液晶テレビを置いたり、
 シアターを設けたりするのです。
 そうするとセロトニンが増えて、犯罪が減ります。

 (続く)

●風水特別講演会!6/10(土)東京・6/25(日)神戸

 ★★★諸葛孔明奇門遁甲風水開運術 第8弾

 脳力と運が手を組めば巨万の富を築くことができる格差社会の到来
 『成功を加速する上流開運脳 意欲が失速する下流閉運脳』
 〜あなたの未来はどちらかになる〜

 これからやってくる社会は「超階級社会」(スーパークラスソサエティ)だ
 ライフスタイルや生活レベルが全く違う世界となる。
 一割の人間だけが階段を昇り、ほとんどが這い上がることができなくなる。
 
 しかし、格差社会の中で自己実現する方法がある。
 それは、脳力と運をひとつにすることだ。
 
 脳力と運が同時に高まることで成功を加速する
 上流開運脳を持つことができる。

 脳力のみを高めても運が加わらなければ、脳力の高い結果の出せない人間となる。
 やがて意欲をも失い下流階層に入っていくことになる。
 それが「下流閉運脳」だ。

 「上流開運脳」と「下流閉運脳」、
 この2つが21世紀の人類社会を決定づける。

 開運脳を持てば、人は巨万の富を稼ぐこともできる
 大脳生理学と運のメカニズムを実践的に取り入れた究極の
 「開運脳開発システム」が語られる。

 超脳力覚醒開運の最極秘伝諸葛孔明奇門遁甲風水術は
 人を上流階層へと這い上がらせる。

 這い上がれる者だけが、この講演を聞く運命を持っている。

 ■講師 松永修岳(国際風水科学協会代表)

 ■日時 

  ★東京地区

   6月10日(土)開場午後6時半 開演 7時 終了 8時半
 
  ★神戸地区

   6月25日(日)開場午後1時 開演 1時半 終了 3時

 ■参加費 前売2500円 当日3000円

  ※講演会に関する情報の詳細は下記HPをご高覧下さい。

  http://www.fusui.co.jp/guide/guide.html

●後書き

 ついに始まりました!開運革命が!
 
 天下人セレブレーションは奇しくも、偶然にも(あるいは必然なのか?)、
 今年のまさに後半の始まりの日、7月1日(土)に開催されます。
 
 旧暦の6月6日は西暦で何月何日なのか?
 調べてみたところ7月1日だったのです。

 成功を加速させることを目指し、開運・強運の風を受けてさらに羽ばたこうとする
 志のある経済人・ビジネスマンが日本中から参集するこのイベント・・・。

 ご縁のある方のご参加をお待ちしております。
 
 おそらく隔月で開催されている東京の風水講演会(毎回満員御礼!)以上の
 スピードで定員に達してしまうことが予想されます。

 運の良い「あなた」は今すぐお申込み下さい! 

※風水環境科学研究所・株式会社エンライトメントハートコーポレーション(EHC)
 及び松永修岳代表は、営利目的の勧誘は一切行っておりませんし、推奨もして
 おりません。当研究所・(株)EHC及び松永修岳代表の名において、そういった
  勧誘があった場合には、お気をつけ下さい。

■ 風水通信: 発行者:井上祐宏 風水環境科学研究所(C)Copy right2006
■ 監修:風水環境科学研究所代表 松永修岳 
■ http://www.fusui.co.jp/ 
■ ご意見・ご感想等:
   fusui@big.or.jp
---------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは下記の発行所より毎週1回発行しています。

まぐまぐ(http://www.mag2.com/)
E-magazine(http://www.emaga.com
melma!(http://www.melma.com/)
メルマガ天国(http://melten.com/)



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-06-12  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 64 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。