住宅・不動産

このメルマガは現在休刊中です。
風水通信

住環境を整えることで、運命をえ、自分らしく生きるための具体的な方法と最新の探究・研究の成果をお伝えします。
環境や健康、建築等についての最新お役立ち情報、イベント情報等も同時掲載!
自宅の新築・改築・転居等を検討している人、必読!



全て表示する >

風水通信309 「人の役に立ちたい」という想いが開く場とは?

2006/05/05

----------------------------------------------------------------------
--------------- ◎週刊◎メールマガジン『風水通信』-------------------
--------住環境を整えることで、運命を変え、自分らしく生きるための------
----------具体的な方法と最新の探究・研究の成果をお伝えします。--------
--------------------環境や健康、建築等についての----------------------
--------------最新お役立ち情報、イベント情報等も同時掲載!------------
------------自宅の新築・改築・転居等を検討している人、必読!----------
--------------------------2006/05/05 vol.309--------------------------
----------------------◇http://www.fusui.co.jp/◇---------------------
■目次

●購読者の皆様へ

●風水環境科学講座 第286回
 「富と財を得る思考と行動をプログラムする場の法則」
 成功する人は場と脳が違う
 
 その六
 ■仕事は自分が能力や才能を生かせるところにシフトせよ
 ■「人の役に立ちたい」という想いが開く場とは?

●波動医学連続講義3 第一回5月18日(木)開催
 「腰痛革命で何が変わったのか」 

●後書き

-------------------------------------------------------------------------------
●購読者の皆様へ
 
 ゴールデンウィーク真っ只中の今日5月5日。皆様いかがお過ごしですか?
 
 行楽地でたっぷり休暇を満喫されている方も多いかと思います。

 全国的に晴天に恵まれそうですね。

  さて、今回の風水環境科学講座も、充実の内容です。

 ぜひご高覧下さい!

●風水環境科学講座 第286回

 「富と財を得る思考と行動をプログラムする場の法則」
 成功する人は場と脳が違う

 その六

 ※以下の文章は2006年2月に東京で開催された松永師の講演を
  編集したものです。

 ■仕事は自分が能力や才能を生かせるところにシフトせよ

 納税者6000万人の中で年収2500万以上稼いでいる人は、0.56%です。
  約33万人です。
 
 お金持ちになりたければ、年収2500万以上稼いでいる人と友達になることです。
 
 その人の家に行ってみる。
 そして一緒にお茶を飲む。

 彼らは1000人に6人しかいないのです。
 
 この講演会場にも年収2500万以上稼いでいる人がいます。
 その人とお友達になることです。
 
 富と財を得られない人は、身近にそういう人がいないのです。
 それだけ稼ぐ人がいないのです。
 
 身近にどんな人が居るのか。
 それが自分にもなるのです。

 変な人と付き合っていれば変な人になります。
 
 億万長者の特徴として挙げられていること。

 例えば仕事に関して言うと、普通の人の約半数が、仕事を選ぶ時に
 給料等の金銭的条件や職場環境などの条件を元に仕事を選択してます。
 
 そうした人は、億万長者になれないのです。

 人を雇う時には、「億万長者になりたいか」と尋ます。

 そして「なりたい」と言ったら、さらに
 「自分の好きな事、能力や才能を私の会社で生かせると思うか、
 私の会社でやっていることは大好きか」と尋ねます。

 「そうです」と言ったら雇うことです。

 「給料はいくらくれますか。オフィスはどうですか」

 こうした観点から仕事に就いたら億万長者にはなれません。

 「自分の能力や才能を生かせるかどうか」

 年収3000万以上の人は54%がこれに重きを置いているわけです。
 反対に、1000万未満の人は、33%しか重きを置いている人がいません。

 今からでも「億万長者になりたい!」と真剣に願うのならば
 「仕事は自分が能力や才能を生かせるところにシフトせよ」ということです。
 
 ■「人の役に立ちたい」という想いが開く場とは?

 仕事を選ぶ時に

 「その仕事を楽しめるのか。仕事をして貢献できるのか」

 を中心すること。
 
 このような高い精神性が、億万長者になる人には、
 仕事に就く以前にインストールされているのです。
 
 「最初から内側に『人の役に立ちたい』という想いが入っている人しか
 億万長者にはなり難い」ということです。

 皆さん方も、こうした想いが潜在意識に入っているなら十分に可能性があります。
 
 そうした方はおそらく「人の役に立ちたい」という想いが開く場や環境で
 育ってきたのです。
 
 例えば「親が愛情込めて育てた」あるいは
 「人の慈悲や親切を身にしみてわかるような育て方を両親がしてきた」
 と考えられます。
 
 「人の役に立ちたい」という想いが開く場と言うのは、
 まず「ロケーションが良い」ということがポイントです。

 良い場所にいつもいると「人の役に立ちたい」という気持ちが自然に起こるのです。
 
 私字自身いつも山の中にいて、山々が連なる風景を見て、
 自然が感じられる場に育って来ました。

 自分以上に雄大な物をいつも見ていたわけです。
 そうすると心が開くのです。
 
 壁しか見えない所に住んではいけません。
 戸を開けたら隣の人のキッチンが見えるような場に住んではいけません。

 億万長者は 高い精神性が仕事以前に脳にインストールされているのです。

 つまり「志がある」ということです。
 教えなくてもすでに志がある。

 つまり愛や志は教えるものではないのです。
 内側にあって、引き出されるものです。

 これは脳の中の第三脳室という場と関わっているのです。

 人間性は脳の視床と視床下部といる場と関わっています。

 これらを活性化させるためには、自然を感じられるところにいればよいのです。

 家の中に観葉植物を増やして、木の温もりのあるような部屋で暮らしたら、
 自然に人間性は高くなります。

 コンクリートでできた、殺風景な中にいれば冷たい人間になる。
 快適性、豊かさ、ゆとりが人間性を高めるのです。
 
 皆さん方の今住んでいる家はゆとりがありますか。
 快適ですか。

 「寒い、寒い」と言って家の中でジャンバーを着たりしていてはいけません。

 玄関を開けて、靴を脱いで、床が冷たいのでつま先で歩いている。
 そんな家が多いです。
 そうした家は住人の人間性を低めてしまいます。
 
 ゆとりがない場にいると、人間性が低くなるだけでなく
 理解力が低くなってしまいます。

(続く)

●波動医学連続講義3 第一回5月18日(木)開催
 「腰痛革命で何が変わったのか」 

 日本波動医学協会が主催する「波動医学連続講義3」の第一回がいよいよ開催されます。
 
 長谷川先生の著書は、腰痛に悩まれている方は本当に必読です。
 実際に私の友人のひどい腰痛の痛みが、本を読んだだけで三分の一になったのです。

 「心とからだがどれだけ密接に繋がっているか」についてさらに理解が深まる講義と
 なるでしょう。

 ■講師:長谷川淳史 TMSジャパン代表

 ■日時:5月18日(木)午後七時〜八時半

 ■会場:(株)I.H.M.セミナールーム 東京都台東区柳橋 1-1-11-1F Tel:03-3863-0211 
 http://www.hado.com/info/newmap.htm
 
 ■参加費 一般 当日5000円 前売り 4000円 のところを風水通信読者の方は
        当日4000円 前売り 3500円

 ■講義内容: 

 医学界にEBM(根拠に基づく医療)という治療戦略が導入されて以来、
 さまざまな分野で診療ガイドラインが作成されるようになりました。

 腰痛疾患については現在、少なくとも14の診療ガイドラインが世界各国で発表されています。
 こうした医学史に残るようなうねりの中で、いつしか腰痛概念に劇的な転換が生じました。

 世界の専門家はこれを「腰痛革命」と呼んでいます。

 そこで今回は、どんな過程を経て腰痛概念が変化していったのか、
 腰痛革命によって診断と治療がどのように変化したのかについてお話させていただきます。

 今までと同じことを続けていたら、今までと同じ結果を受け取り続けるだけです。
 21世紀の腰痛医療は、治療者と患者の意識改革が鍵を握っていることを
 理解していただければ幸いです。

 ■略歴:

 1960年生まれ。北海道旭川市在住。TMSジャパン代表。
 ニューヨーク大学医学部教授のジョン・E・サーノが提唱したTMS理論をさらに発展させ、
 EBM(根拠に基づく医療)とNBM(物語に基づく医療)の統合を目指す腰痛治療プログラム
 「TMSジャパン・メソッド」を開発し、各地でセミナーや講演などを行なっている。

 著書に『腰痛は終わる!』『腰痛は<怒り>である』『腰痛は<怒り>である・CD付』、
 監訳書に『サーノ博士のヒーリング・バックペイン』『心はなぜ腰痛を選ぶのか』、
 共訳書に『代替医療ガイドブック』がある。
 中でも『腰痛は<怒り>である』は好評を博し、韓国と台湾でも翻訳出版されている。 

 ※この講義への参加及びDVDのお申し込みは下記HPよりお願いします。
 http://www.broadfilm.net/hadou4/

●後書き
 
 最近ある一級建築士の方とお話しする機会がありました。
 
 彼は

 「現行の建築基準法は、建物についてだけの法律で、住まう人のことがまったく
 考えられていません。大手ゼネコンも住まう人のことなど何も考えていません。
 そんな建築業界の矛盾に耐えかねて、私は建築の世界から離れたのです」

 と語りました。

 そして当風水環境科学研究所の問題意識とミッションについて語ったところ、
 意気投合しました。 

 いやいや、嬉しい出会いでした。

 さて、行楽シーズンの真っ只中は、事故の危険が倍増します。

 事故に巻き込まれないようにどうかお気をつけ下さい。

 風水ライフ読者の方は、沈船時のチェックをお忘れなく!
 
※風水環境科学研究所・株式会社エンライトメントハートコーポレーション(EHC)
 及び松永修岳代表は、営利目的の勧誘は一切行っておりませんし、推奨もして
 おりません。当研究所・(株)EHC及び松永修岳代表の名において、そういった
  勧誘があった場合には、お気をつけ下さい。

■ 風水通信: 発行者:井上祐宏 風水環境科学研究所(C)Copy right2006
■ 監修:風水環境科学研究所代表 松永修岳 
■ http://www.fusui.co.jp/ 
■ ご意見・ご感想等:
   fusui@big.or.jp
---------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは下記の発行所より毎週1回発行しています。

まぐまぐ(http://www.mag2.com/)
E-magazine(http://www.emaga.com
melma!(http://www.melma.com/)
メルマガ天国(http://melten.com/)



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-06-12  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 64 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。