住宅・不動産

このメルマガは現在休刊中です。
風水通信

住環境を整えることで、運命をえ、自分らしく生きるための具体的な方法と最新の探究・研究の成果をお伝えします。
環境や健康、建築等についての最新お役立ち情報、イベント情報等も同時掲載!
自宅の新築・改築・転居等を検討している人、必読!



全て表示する >

風水通信308 プログラムを書き換える三つの方法

2006/04/29

----------------------------------------------------------------------
--------------- ◎週刊◎メールマガジン『風水通信』-------------------
--------住環境を整えることで、運命を変え、自分らしく生きるための------
----------具体的な方法と最新の探究・研究の成果をお伝えします。--------
--------------------環境や健康、建築等についての----------------------
--------------最新お役立ち情報、イベント情報等も同時掲載!------------
------------自宅の新築・改築・転居等を検討している人、必読!----------
--------------------------2006/04/28 vol.308--------------------------
----------------------◇http://www.fusui.co.jp/◇---------------------
■目次

●購読者の皆様へ

●風水特別講演会開催!4/29(祝)神戸

 ★★★諸葛孔明奇門遁甲開運術 第7弾

 1割だけが上流化する階級社会が始まった
 『這い上がれる人・這い上がれない人』       
   〜脳力とやる気のある者だけが階級社会で成功する

●風水環境科学講座 第285回

 「富と財を得る思考と行動をプログラムする場の法則」
 成功する人は場と脳が違う

 その五
 ■顕在意識は潜在意識に勝てない
 ■場が人間をプログラムする
 ■プログラムを書き換える三つの方法

●波動医学連続講義3 第一回5月18日(木)開催
 「腰痛革命で何が変わったのか」 

●後書き

-------------------------------------------------------------------------------
●購読者の皆様へ
 
 さらに暖かさが増してきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 
 今回の風水環境科学講座は必読です。

 特に「プログラムを書き換える三つの方法」。

 これほど理路整然と成功者になるための方法論が提示されたことはないかも・・・。

 今年を勝負どころと思っている「あなた」は必読ですぞ。

 そして天下分け目の年である2006年の後半が始まる7月1日土曜日に、
 東京にて歴史的イベントが開催されます。

 詳細はまだ明かせませんが、この日は是非予定を空けておくことをお勧めします。

 請う、ご期待! 

●風水特別講演会開催!4/29(祝)神戸

 ★★★諸葛孔明奇門遁甲開運術 第7弾

 1割だけが上流化する階級社会が始まった
 『這い上がれる人・這い上がれない人』
  〜 脳力とやる気のある者だけが階級社会で成功する 〜

 オンリーワンの生き方や自分探しをしている人間は
 下流階層に転落してしまう時代が始まった。
 
 「自分らしさ」を追求するあまり、社会への適応を拒み下流へと転落する。
 「上流」は社交的であり、「下流」はひとりでいたがる。
 「中流」や「下流」は誰もが平等だと教え、
 「上流」は社会は不平等であるから諦めずに努力せよ、と教える。
 
 Jリーグや野球の熱心なファンの多くが「中流の下」か「下流」が多い。
 小泉自民党支持者は、都市部の負け組みサラリーマンが中心であった。
 今の考え方、行動、ライフスタイル、性格を続ければ
 あなたは這い上がれなくなってしまうだろう。
 
 脳力とやる気のある人間にならなければ
 這い上がれない未来を生きることになる。
 奇門遁甲術と風水術で必ず開運未来が起こる。

 ■講師 松永修岳(国際風水科学協会代表)

 ■日時 

  ★神戸地区

   4月29日(祝)開場午後1時 開演 1時半 終了 3時

 ■参加費 前売2500円 当日3000円

  ※講演会に関する情報の詳細は下記HPをご高覧下さい。

  http://www.fusui.co.jp/guide/guide.html
 
 ※これからお申し込みになられる方は立見となってしまいます。
  どうかご了承ください。

●風水環境科学講座 第285回

 「富と財を得る思考と行動をプログラムする場の法則」
 成功する人は場と脳が違う

 その五

 ※以下の文章は2006年2月に東京で開催された松永師の講演を
  編集したものです。

 ■顕在意識は潜在意識に勝てない

 あらゆる人が「結果を出したい」と思っています。
 しかし結果の前には行動があるわけです。
 そして感情が動かないと行動は起きません。

 心が動かなければ人はお店にも行きません。
 レストランにも行かないし、行っても注文もしない。

 そして心を作っているのは思考システムです。
 思考システムを動かしているのは意識なのです。

 皆さん方は、目でいろんな物を見ていますね。
 「見ている」・・・つまり視覚を通じて、『潜在意識』は、
 1秒間に1千万ビットという情報量を受け取っています。

 「顕在意識」はそれと比較すると40ビットです。

 『潜在意識』は1千万ビットです。

 だから、『潜在意識』に良い情報を取り込んだ方が勝つに決まっているのです。

 意識的に見ようとしても40ビットです。
 つまり『潜在意識』には、「顕在意識」は勝てないのです。
 
 「ああしたい」「こうしたい」と言うのは、顕在意識なのです。
 夢や希望は、全部顕在意識の世界です。
 
 無意識がそれらを施工するのです。
 
 無意識層に入らない限り、図面を書いただけでは誰も工事をしない。

 お祈りしただけでは永久に結論は出ない。
 つまり願いは叶わないということです。

 要するに「願いを無意識層を取り込め」ということなのです。
 
 結果を変えたければ、行動が変わらなければなりません。
 行動を変えたければ、心や感情を変えなければムリです。

 心や感情は、脳の思考システムを使っています。
 思考システムは、環境に支配されています。
 
 成功に至るには、潜在意識に働きかけなければならないのです。

 ■場が人間をプログラムする

 潜在意識に最も影響を与えるのは環境です。
 場の持つ情報が、あなたをプログラムし、決定しています。
 
 私が家に行けば、その家に住んでいる人の性格やどんな病気に罹っているのか、
 などがすぐわかります。
 そこに住んでいる人の心の表れが、その家に架かっている絵や、置いてある物や、
 色になって配置してあるからです。
 だから家に入れば住んでいる人の心が読み取れるのです。

 そして心によって行動が読み取れるわけです。
 行動によってどういう病気になるかが分かります。
 そして、その人が将来どうなるのかが、簡単に読み取れるのです。
 
 場が人間をプログラムしていく。

 過去にどういうプログラムをしたのか。
 遺伝子は、すでに入っているプログラムなのです。
 「代々ガンになって死んでいる人が多い」などの血筋があるでしょう。

 それを書き換える方法を知ることが重要です。

 ■プログラムを書き換える三つの方法

 どうすればプログラムを変えられるのか。
 以下の三つの方法が考えられます。

 1、環境を変える

 環境を変えることによって情報を変えることです。
 自分に入ってくる情報を変えないと、つまりコンピューターに例えるならば
 ソフトウェアを変えないといくら端末を打っても同じ結果しか出ません。

 パチンコ店に行って、一生懸命がんばっても玉が出なければ、場を変える。
 つまり台を変えてみるのです。
 
 これが風水です。

 2、目的にかなった行動をする

 「良い方角、良い方角に動け」ということです。
 出力をアップするのです。
 行動をしない限り、出力は起きません。

 これが諸葛孔明の行動術なのです。
 勝ち続けるための行動術です。

 諸葛孔明が教えた奇門遁甲術は兵法であり行動哲学なのです。
 これが脳の出力アップにあたります。

 3、成功者の習慣を身につける

 1と2をやった上で3番目を落とし込むのです。

 私のクライアントがある人の招待で先日中近東に行ってきました。
 その人の資産は4兆円だそうです。
 そういう人は、どんなライフスタイルを持っているのか。
 
 重要なのは成功者の習慣を身につけることです。
 1と2だけをやっていても、失敗して終わることが多いのです。
 場のソフトウェアを整えて、奇門遁甲を使って出力アップをし、
 さらに成功者の習慣を身につければ、絶対にうまくいきます。

 このようにしてプログラムを書き換えることができるのです。

 (続く)

●波動医学連続講義3 第一回5月18日(木)開催
 「腰痛革命で何が変わったのか」 

 日本波動医学協会が主催する「波動医学連続講義3」の第一回がいよいよ開催されます。
 
 長谷川先生の著書は、腰痛に悩まれている方は本当に必読です。
 実際に私の友人のひどい腰痛の痛みが、本を読んだだけで三分の一になったのです。

 「心とからだがどれだけ密接に繋がっているか」についてさらに理解が深まる講義と
 なるでしょう。

 ■講師:長谷川淳史 TMSジャパン代表

 ■日時:5月18日(木)午後七時〜八時半

 ■会場:(株)I.H.M.セミナールーム 東京都台東区柳橋 1-1-11-1F Tel:03-3863-0211 
 http://www.hado.com/info/newmap.htm
 
 ■参加費 一般 当日5000円 前売り 4000円 のところを風水通信読者の方は
        当日4000円 前売り 3500円

 ■講義内容: 

 医学界にEBM(根拠に基づく医療)という治療戦略が導入されて以来、
 さまざまな分野で診療ガイドラインが作成されるようになりました。

 腰痛疾患については現在、少なくとも14の診療ガイドラインが世界各国で発表されています。
 こうした医学史に残るようなうねりの中で、いつしか腰痛概念に劇的な転換が生じました。

 世界の専門家はこれを「腰痛革命」と呼んでいます。

 そこで今回は、どんな過程を経て腰痛概念が変化していったのか、
 腰痛革命によって診断と治療がどのように変化したのかについてお話させていただきます。

 今までと同じことを続けていたら、今までと同じ結果を受け取り続けるだけです。
 21世紀の腰痛医療は、治療者と患者の意識改革が鍵を握っていることを
 理解していただければ幸いです。

 ■略歴:

 1960年生まれ。北海道旭川市在住。TMSジャパン代表。
 ニューヨーク大学医学部教授のジョン・E・サーノが提唱したTMS理論をさらに発展させ、
 EBM(根拠に基づく医療)とNBM(物語に基づく医療)の統合を目指す腰痛治療プログラム
 「TMSジャパン・メソッド」を開発し、各地でセミナーや講演などを行なっている。

 著書に『腰痛は終わる!』『腰痛は<怒り>である』『腰痛は<怒り>である・CD付』、
 監訳書に『サーノ博士のヒーリング・バックペイン』『心はなぜ腰痛を選ぶのか』、
 共訳書に『代替医療ガイドブック』がある。
 中でも『腰痛は<怒り>である』は好評を博し、韓国と台湾でも翻訳出版されている。 

 ※この講義への参加及びDVDのお申し込みは下記HPよりお願いします。
 http://www.broadfilm.net/hadou4/

●後書き
 
 先月末に、私の大恩人でもある米国在住の伯母が来日し、今週月曜日に無事帰国しました。

 その伯母と、先週末に奥多摩の御岳山という山の山頂にある民宿で一泊しました。

 山々の濃い緑の中にいると、まさに「緑に包まれている」という感じで
 
 「癒される」とはこのことか! と心の中で叫んでいました。
 
 伯母も大喜びでした。

 やはり大自然とのアクセスは欠かせませんね。

 激動の時代を駆け抜けるための最も重要なポイントのひとつは、
 自分自身のパワースポットを持つこと。

 そう、改めて強く思いました。 

※風水環境科学研究所・株式会社エンライトメントハートコーポレーション(EHC)
 及び松永修岳代表は、営利目的の勧誘は一切行っておりませんし、推奨もして
 おりません。当研究所・(株)EHC及び松永修岳代表の名において、そういった
  勧誘があった場合には、お気をつけ下さい。

■ 風水通信: 発行者:井上祐宏 風水環境科学研究所(C)Copy right2006
■ 監修:風水環境科学研究所代表 松永修岳 
■ http://www.fusui.co.jp/ 
■ ご意見・ご感想等:
   fusui@big.or.jp
---------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは下記の発行所より毎週1回発行しています。

まぐまぐ(http://www.mag2.com/)
E-magazine(http://www.emaga.com
melma!(http://www.melma.com/)
メルマガ天国(http://melten.com/)



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-06-12  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 64 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。