住宅・不動産

このメルマガは現在休刊中です。
風水通信

住環境を整えることで、運命をえ、自分らしく生きるための具体的な方法と最新の探究・研究の成果をお伝えします。
環境や健康、建築等についての最新お役立ち情報、イベント情報等も同時掲載!
自宅の新築・改築・転居等を検討している人、必読!



全て表示する >

風水通信295 2006年どんな人が幸福になれるのか?

2006/01/27

----------------------------------------------------------------------
--------------- ◎週刊◎メールマガジン『風水通信』-------------------
--------住環境を整えることで、運命を変え、自分らしく生きるための------
----------具体的な方法と最新の探究・研究の成果をお伝えします。--------
--------------------環境や健康、建築等についての----------------------
--------------最新お役立ち情報、イベント情報等も同時掲載!------------
------------自宅の新築・改築・転居等を検討している人、必読!----------
--------------------------2006/01/27 vol.295--------------------------
----------------------◇http://www.fusui.co.jp/◇---------------------
■目次

●購読者の皆様へ

●風水環境科学講座 第272回
「2006年、いつ、どの方位で何をしたら成功できるのか」
■2006年どんな人が幸福になれるのか?

●風水特別講演会開催!2/4(土)神戸・2/10(金)東京
 ★★★諸葛孔明奇門遁甲開運術 第6弾 
  皇紀2666年 変化動乱の年 幸運の方角を目指して行動せよ
  「富と財を得る思考と行動をプログラムする場の法則」
    成功する人は場と脳が違う
 
●後書き
-------------------------------------------------------------------------------
●購読者の皆様へ

  ホリエモンが逮捕され、株価が急落している今日この頃。
 まさに変化動乱の世がやって来たのかもしれません。
 ピンチとチャンスが迫り来るスピードが幾何級数的に高まろうとしている今年。
 運の強さが問われる状況の中で、奇門遁甲風水術の重要性もまた高まっています。
 2月の風水特別講演会はまさに必聴!のものとなるでしょう。


●風水環境科学講座 第272回

「2006年、いつ、どの方位で何をしたら成功できるのか」
「強運到来成功する行動術」あなたにも夢のような出来事がやってくる!

 ◎その4

 以下の文章は2005年12月に東京で開催された松永師の講演を編集したものです。

 ■2006年どんな人が幸福になれるのか?

 1、心の枠組みを変えられるかどうか

  つまり「今までの固定観念、考え方で、物事をやっている人は終わり」という事です。
  「枠組を変える」
  仕事も自分の枠と違う人の枠をぶつけさせて、新しく枠組みを作っていくのです。
  「これしか出来ない」とか「無理だ」という人のビジネスは終わりです。
  「自分の状況を変えられますか?」という事です。
  「売り手から買い手、買い手から売り手へと考え方を変えよ」という事です。
  マイナーチェンジをしても成功しません。

  2006年に必要なのは思考のフルモデルチェンジです。

 2、非日常体験をする

  運の良い人も悪い人も加速します。ですから良い運を集めることが
  重要となります。その為には、徹底して運の良くなる事をやるのです。

  その始めとして、非日常体験をするのです。
  思考システムを変える事が出来るからです。
  成功した人の多くは、非日常体験を多くしています。
 
  日常的なこと、見飽きた住宅、そういう家に住んでいる人は、そんな
  家はすぐ壊すか、退散することです。そうしないと運が逃げる。
  見飽きた住宅には運はやってきません。
  つまらない部屋には住んではいけないのです。
 
  玄関の顔つきが悪いマンション、住宅に住んで居ると良い運は来ません。
  脳が活性化しません。

 3、感覚で学ぶ人は運を味方につける

  鈍感になってしまう最も大きな理由は、抑圧です。
  自分の感情を抑圧すると病気になります。
  不運にもなるのです。
  何でも否定して抑圧すると病気になる。
  病人は何かを抑圧しています。

  例えば
  笑う事を抑圧していると、心臓が悪くなる。
  泣く事を我慢していると、肺が悪くなる。
  楽しみを我慢していると、胃、脾臓が悪くなる。
 
  感覚は、幸福を捉える力です。
  五感をとき澄ます事です。
  否定的な心になる環境があります。場がプログラムしていきます。
  ですから、住まいを改善することによって、抑圧して暮らす
  ライフスタイルを壊すのです。 

  自分を抑圧するのが、夫や奥さんならメンバーチェンジする事です。
  そうすれば運を感じる力が高まります。
  このまま居たら不幸になるな・・・と。
  そうであるなら、ですからフルモデルチェンジが必要です。

  ごちゃごちゃしている住環境にいると感覚が鈍ります。
  多くの自然住宅は素材は確かに良いかもしれませんが、色がありません。
  つまり豊かさがないのです。ですから貧しくなります。

  殺風景な部屋には住んではいけません。楽しくないからです。
  色どりが必要なのです。
  ベッドカバーが真っ白では駄目です。
  寝たいと思えるような寝室やベッドを作る。
  寝る事が喜びになるとメラトニンが多く分泌されます。
  快適なベッドは、セロトニンを増やし、セロトニンは脳の中でメラトニン
  に変わります。良く、深く眠れることとメラトニンの分泌とは関係します。

  また、出来る限り場の良い所に行って、仕事をしたりお茶を飲んだりする
  事です。感覚をとき澄ますことが大切です。

 4 変化が運を呼ぶ

  変化を起こせる人間になる事です。

  変化を起こせない人間は、2006年は成功しません。逆に窒息します。

  来年成功していく人間は、自ら変化を起こせる人です。
 

 5 行動の意味を明確にする

  行動する時に、いつ、どの場所で、何の為に、どんな理由で、誰が動くのか。
  これを常に明確にすることが必要です。
 
  例えば、「何の為に?」という問いかけをしたら、すぐにその目的にあった
  場所を選択する。

  多くの人は、時間を決めても場所の選択能力が低いのです。
  「誰に会うのかによって場所を変えなさい」という事です。

  良い話をしたければ、なるべくロケーションの良い所で感動させると心は
  緩むから契約は上手くいきます。

  汚い臭いところにいると、場が悪いから否定的な脳になってしまうのです。

 (続く)

●風水特別講演会開催!2/4(土)神戸・2/10(金)東京

 ★★★諸葛孔明奇門遁甲開運術 第6弾 
  皇紀2666年 変化動乱の年 幸運の方角を目指して行動せよ
  「富と財を得る思考と行動をプログラムする場の法則」
   成功する人は場と脳が違う 

 結果を出したければ、行動することだ。
 行動を決めているのは、心・感情だ。 
 心・感情を動かしているのは、脳の思考システムだ。
 脳の思考システムをプログラムしているのは、環境、つまり場の力と情報だ。

 環境を変えるとは、場の情報データを変えることだ。
 データを変えれば、未来の結果は変わる。
 結果が出せない努力、行動は人生を無駄にする。

 環境・場は、人生をプログラムしていることに気づくべきだ。
 富と財を得る思考と行動をプログラムすることができる。
 場の力を高めれば、脳と行動が変わり、結果を出せる人間になれる。
 そして幸運の方角に向かって行動すれば、流れは良くなる。

 ■講師 松永修岳(国際風水科学協会代表)

 ■日時

  ★関西:神戸地区 2月4日(土)

      開場午後1時 開演 1時半 終了 3時

  ★関東:東京地区 2月10日(金)

      開場午後6時半 開演 7時 終了 8時半

 ■参加費 前売2500円 当日3000円

  ※会場・申し込み方法等の詳細は下記HPをご高覧下さい。
   http://www.fusui.co.jp/guide/guide.html


●後書き

 私の周りで、風邪に罹って入院する人や寝込む人が目立ちます。
 私はどうやら「●●は風邪をひかない」のことわざ通り、至って元気です。
 風水住宅のおかげでしょうか?
 来週は初めて親しい友人を招いて、暖炉を囲んだミニ演奏会を催します。
 いよいよ風水住宅の真価が発揮されようとしています!
 つまり「愛と友情と親密さを育む場」としての機能です。

※風水環境科学研究所・株式会社エンライトメントハートコーポレーション(EHC)
 及び松永修岳代表は営利目的の勧誘は一切行っておりませんし、推奨もしておりません。
 当研究所・株式会社EHC及び松永修岳代表の名においてそういった勧誘があった場合
 には、お気をつけ下さい。

■ 風水通信: 発行者:井上祐宏 風水環境科学研究所(C)Copy right2006
■ 監修:風水環境科学研究所代表 松永修岳 
■ http://www.fusui.co.jp/ 
■ ご意見・ご感想等:
   fusui@big.or.jp
---------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは下記の発行所より毎週1回発行しています。


まぐまぐ(http://www.mag2.com/)
E-magazine(http://www.emaga.com
melma!(http://www.melma.com/)
メルマガ天国(http://melten.com/)



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-06-12  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 64 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。