哲学・心理学

問題解決 『意識』と『無意識』使いこなしマニュアル

言葉はよく聞くけど、イマイチ良く解らない『潜在意識』と呼ばれる『無意識』の世界。これを知って、人生の問題解決!!

全て表示する >

『意識』と『無意識』使いこなしマニュアル Vol.005

2004/08/23

┌┬ 人生の問題を解決する────────────────── vol.005
├┼┐  『意識』と『無意識』の使いこなしマニュアル
└┴┴───── http://resonance-field.com──────────────

言葉は知ってるけど、なかなか知る事が無かった『潜在意識』と呼ばれる『無意
識』の働きを知り、使いこなすためのメールマガジンです。
特に、『意識』と『無意識』の関係など、一般にはあまり詳しく触れられる事が
無かった内容を、出来るだけわかりやすく、使える形でいろんな角度から表現し
て行きたいと思います。


=== 今日のお題 ========================================================

              『無意識』

========================================================================

皆さん、今日は、発行者の古川 日呂之(フルカワ ヒロシ)です。

5回目の発行です。

『意識』の世界は、いつも『認識』しているので、何となく解りますが、『無意
識』の世界はとにかく奥が深く、とても広くて様々な様相を呈します。
また、言葉をあまり理解しない領域なので、文章で表現するのはなかなか難しい
ものがあります。

しかし、皆さんの中にあり、常に影響を受けている場所なので、皆さんの一人一
人の経験と照らして、イマジネーションを膨らませると、何となく見えてきます。

最初は、難解におもえるかもしれませんが、細かいところは理解しようとせずに、
全体像を眺めるような気持ちで読んで下さい。

大まかな概要と、それを表現するための共通の言葉を最初は説明していきます。
全体像を浮き彫りにし、その後で、あらゆる方向からディテールを掘り下げてい
こうと思います。

シリーズを通して読み続けることで、次第に自分自身の中に在って、なかなか
認識できない『無意識』と、それがどのように『意識』に影響を与えているか
が『気付き』と言う形でやってくるでしょう。

ボーっとして読んで下さい。

また、途中から読んでいる方はバックナンバーを参照してください。
http://resonance-field.com/MM/index.html
↑のページの、購読・解除フォームからバックナンバーを見ることが出来ま
す。
今回は、『暗示』に付いて書いてみます。

─────────────────────────────────―――
─────────────────────────────────―――
                『暗示』

『暗示』と言う言葉を聞いて、皆さんはどのような事を連想されるでしょうか?

暫くは、『無意識』の方からの目線でこのメルマガを書き進めていくので、今持
っている言葉に対するイメージなどを、一度、白紙に戻して読んで頂きたいと思
います。

そうしないと、前回説明した『理性のフィルター』が情報に色付けしてしまいま
す。
つまり、自分が理解したいようにしか情報が入ってこないので、新しい概念を学
ぶのには大変不都合になります。

人間は、外から入ってくる情報を『理解』しようとします。
いろんな出来事に、とにかく『理由』を付けようとします。

これは、大変悪い癖であるとおもいます。

つまり、『正解』を見つけようとするんです。

今まで経験してきた『体験』や、勉強してきた『知識』で、物事を『判断』しよ
うとするんです。

だから、生まれ育った環境や時代が違うと、それぞれ違った『答え』を出してし
まいます。

つまりこれは、『意識』の働きで、主に『認知脳(大脳新皮質)』を使っています。
この働きが強すぎると、『偏見』が出てしまい、なかなか情報を正しく受け取る
事が出来ませんよね。





これに反して、『理性のフィルター』の影響を受ける事無く、五感を通して入っ
てくる情報がダイレクトに『感情脳』に到達する事があります。

これを『暗示』と呼びます。

この情報を、『意識』が認識している場合もありますが、認識していない場合も
あります。

『感情脳』とは『無意識』の脳で、ここに刻まれた情報は、自動制御装置のよう
な役割をして『価値観』や『人格』に組み込まれ、様々な『感情』や『反応』を
引き起こす原因になったりします。

つまり、『潜在意識』を動かすための『プログラム言語』だと思ってください。

暗示となる情報は、『言葉』だけではありません。

『感情脳(大脳辺縁系)』は旧哺乳類の脳と言われていて、言葉をほとんど理解
しないんです。
だから、『潜在意識を活用する』などといったタイトルの本をいくら読んでも、
なかなか潜在意識が思ったように動いてくれないのは、あたりまえすぎる事なん
です。

沢山本を読んでその気になっても『認知脳』しか動いていなかったりして、全然
意味がありませんよね。

どんなものが『暗示』と成り得るのでしょう?
それを知るためには、『無意識』=『潜在意識』=『感情脳+脳幹』の性格を知る
必要が在ります。

今回は、ヒントだけ記しておきます。
次回(約1週間後)のメルマガ発行まで、いろいろ思いをめぐらして考えてみてくだ
さい。

※ヒント
・『感情脳』には、五感(つまりセンサー)が直結しています。
・旧哺乳類と共通の『脳』であるため、言葉をあまり理解できません。
・『感情脳』と言われるだけあって、主にここで感情が必要に応じて作られます。
・人が考え出した『概念』もここはあまり理解しないでしょうね。
・それどころか、時間や自他の区別もあまりしないようです。
・しかし、『感覚』に関することには非常に敏感です。
・『行動』を司ります。

まだまだありますが、この辺にしておきます。
これを知ると、『意識』で、『無意識』をコントロールする事が容易になってきま
す。
これを知らないと、『無意識』が『意識』をコントロールしている事に気付かず、
大変辛い人生になってしまいますよ!

次回も、『暗示』の続きをお届けします。
効果的に『暗示』を使いこなす方法に迫りたいと思います。

楽しみに待っていてくださいね!

それではまた!!!

─────────────────────────────────―――
─────────────────────────────────―――
感想や、ご意見、御質問をメールでお寄せ下さい。
少しでも皆様の健康で豊かで幸せな生活を実現するお手伝いをしたいと考えてお
ります。

御相談などもお寄せ下さい。
遅くなる事も有りますが、極力お返事いたしたいと考えております。
また、発行者のホームページにも、是非お立ち寄り下さい。

それでは次回をお楽しみに!

●=====================================================================●
  発行元:〒850-0853
     長崎県長崎市浜町2-18 クリエート長崎302
     Ressonance Field (レゾナンス フィールド)
 代 表:古川 日呂之(フルカワ ヒロシ)
 E-Mail:mail@resonance-field.com
  HomePage:http://resonance-field.com
  登録・解除:http://resonance-field.com/MM/index.html
●=====================================================================●

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-07-29  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。