出産・育児

子育てのための本棚

少年犯罪、不登校等、学校教育の問題、子どもの周辺で、不安が増えています。将来後悔しないためには、どうしたらよいのか、そのヒントになる本をご紹介します。

メルマガ情報

創刊日:2004-07-29  
最終発行日:2005-01-28  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

国語のできる子どもを育てる

2005/01/28

                                      2005/01/28
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

          子育てのための本棚          

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

とうとう、子どもにうつされ、インフルエンザにかかってしまいました。
でも、今年はなんだか軽くてすみました。

地震だ、津波だと、殺人だと、ぶっそうな世の中におびえる昨今、
インフルエンザの軽さに、妙な気分でおります。

皆様はいかがおすごしでしょうか?
::::::::::::::::::::::::::::::
◆本のなまえ

国語のできる子どもを育てる
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆ちょっと紹介

長年さる進学塾で国語の読解問題を作り続けてきた著者による
国語の勉強法とは?

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆著者

工藤順一著

立命館大学卒。
「国語専科教室」を主宰。女子美術短期大学で情報媒体論。
芝浦工業大学で空間論を教える。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆出版社

講談社現代新書、218 p ; サイズ(cm): 18、
講談社 ; ISBN: 4061494686 ; (1999/09)、¥735 (税込)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆内容と感想

子どもに、どうやって書かせる練習をさせるのか?
著者は、そのためにコボちゃんのマンガを記述することをすすめている。

やってみるとわかるが、話のオチまでを明確に記述することは
大人でも案外むづかしい。

これは確かに子どもが面白がるし、良い訓練になりそうだと、しきりに
うなづいてしまった。(うちでも、やってみようっと。)

また、文章の達人とは、実は文章構成の達人であり、そのために
思い浮かんでくる事柄を如何に構成するか、

そのための工夫(具体的には思い浮かんでくる事柄を、つぎつぎに
記し、あとで構成するという)にも、まあ、そうだろうなという気がした。

特に面白かったのが、学校の国語の授業に対する批判だ。

読解問題にしても、授業にしても、指示語のひつこい確認ばかりであり、
一時間でできることを、一週間かけて教えているというくだりには、
爆笑してしまった。(ったく、そのとおり!)

もっと沢山読ませて、書かせて、話をさせて、本当にリテラシーを高める
授業に、ワタシも出会いたかった。

途中の、中学生への読書アドバイスぐらいから、なんだかアブナイ方向へ
行くようなカンジを受けたが、まあ、おっしゃっていることは、よくわかります。

終わりのほうに載っていた、麻布中の入試問題に対する解説も、
なるほどーと思いました。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆オススメ度

★★★★★(国語教育がきになる親御さんに!)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
♪ 買いたくなってしまった人

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061494686/kosodate0f-22
:::::::::::::::::::::::::::::::::
☆このメルマガは、アマゾンのアソシエイト・プログラムに参加しており、
リンク先ページもAmazon.co.jpになっております。
----------------------------------------------------------------------
お問い合わせ: o_mama81@yahoo.co.jp
 ----------------------------------------------------------------------
  発行者Webサイト: http://popup15.tok2.com/home2/omayumi3/
  ----------------------------------------------------------------------
無料メールマガジン「児童文学の本棚」も、併せてご利用ください。
----------------------------------------------------------------------



最新のコメント

  • コメントはありません。