コスメ・美容

恋も仕事も若返りも思いのまま

皮膚トラブルと悪徳エステに泣き、本物に出会って人生が変わり、12Kg減量と若返りを体験した発行者の経験とノウハウを発信する渾身のメルマガです

全て表示する >

HBI通信 11月号 風邪イ・ンフルエンザにかからない知恵

2005/11/11

HBI通信11月号
 風邪やインフルエンザにかからない方法
     ハーブ・アロマの自然の力で健康に!

----------------------------------------------------------------------------
----

立冬も過ぎて、秋から冬へ季節も変りはじめました。風邪や
インフルエンザのシーズンを目前に、「今年はかからない方法」
を自然の知恵を使ってお伝えします。

私達は、かれこれ20年近く病院にお世話になっておりません。
特に、この6年間は風邪もひかなくなりました。風邪やインフルエ
ンザとは無縁の生活を送っています。

それはなぜかと言いますと、免疫力を高める生活を毎日してい
るからです。
今のところ花粉症にもかかっていませんが、これから先もかからな
いと思います。
歯医者さんだけは、時々歯石を取ってもらうために行きますが、
怪我や外傷以外はすべて自然の力を活用する方法があります。
 ハーブやアロマには、治癒力を促す有効成分があり、副作用
もなく、依存性もありません。生体のシステムにマイナスのストレ
スを与えずに、免疫力を高めるもの選んでHBIでは扱ってきまし
たが素晴らしい効果をもたらしてくれています。

 サロンには、そこそこ風邪気味の方やお医者さんに見放された
病気をもっている方も見えますが、ウイルスや細菌達もどうやら私
達の身体に入ったとしてもすぐに場違いだと認識して退散してい
くようです。
食事から栄養もしっかり取っていますので疲れにくくなりまし
た。
この3年間は、意識的に酵素とアミノ酸を飲み続けて解毒力と
代謝力を上げてきましたので肩こりもほとんど無くなりました。
20代の頃、ムチウチ症をした辛い経験がありますので、病むほど
辛いものはないと思い、それ以来は、健康になるための生き方を
体験を通して模索し、実践してきました。
その結果、化学薬に依存しないで、自然な方法で根本から治す
ことができ、病気にならない身体が作れるようになりました。
 自前の免疫力を高めるには、エキナセアというハーブは最高で、
素早く元気になります。
 私達が風邪をひかなくなったのは、このハーブのおかげです。
旅行に行く時でも、自宅でもサロンでも、ちょっと喉が乾いた時には、
すぐにエキナセアを15滴飲用しています。
このハーブはインディアンが愛用していたハーブで、免疫強化作用
においては大変優れています。
エクレクティックのハーブはメディカル仕様ですから、ハーブのグレード
や抽出方法・保存条件なども厳しいチェックがされていますので、
効き目も高く、HBIで扱ってから6年経ちますが、数多くあるハーブ
の中でも一番需要も高く、飲用してから効果が出るのも早いのが
特徴です。
軽い喉の痛みなら飲用後、10分もすれば解消されていきます。

★風邪・インフルエンザの予防と対策には
!)免疫力を高めるメディカル・ハーブとしてはエキナセアが一番のお
勧めです。これらなら、幼児の方でも安心です。
ちょっと喉が痛い時に15滴飲むだけで治まりますし、熱が出た時や
風邪の薬とも併用が出来ます。熱は30滴を2時間置きに飲むと
6時間ぐらいで下がります。熱を抑えるのではなく、免疫力が強まる
ので短時間で戦って熱が下がっていくのです。
抗生剤などの服用は、免疫力が落ちますので、化学薬を飲用し
した時も、併用して飲んだほうが回復が早いのです。

形態はチンキ剤とカプセル剤と2種類ありますが、チンキ剤のほうが
吸収が早いので、早く効き目が現れます。
エキナセアに関してはチンキ剤のほうが、抽出する範囲が広いため
若干勝っているようですがカプセルがお好きな方はカプセルをお使い
ください。

一度、お試しされた方からは、効果の早さと副作用なく安全で、し
かも元気になるとのことで大変喜ばれています。
1オンス 2,940円 2オンス5,355円 
一家に1本は必須アイテムです。
☆ハーブの詳細や購入は下記アドレスからお入りください。
http://www.hbi-salon.com/img/index_new/shopping.gif


!)アロマ好きな方は、免疫力を高めるティートリーの精油をお勧めし
ます。
うがいなどは口に入りますので飲用可能な医療用精油をお選びくだ
さい。飲用される場合は1日6滴までとなります。
日本の法律では、精油は食品添加物として、飲用が認められてい
ますが、品質の優劣の差が激しいため、アロマの協会などでは飲用
を禁止しています。精油の飲用は自己責任となります。
精油を飲用する場合は、必ず、アロマセラピストにご相談ください。
適切な方法をご指導いたします。
HBIでは、HEBBDの医療用精油のを扱っています。
ティートリーは15mlで 3,570円です。
☆精油の詳細や購入は下記アドレスからお入りください。
http://www.hbi-salon.com/img/index_new/shopping.gif

ティートリーは芳香剤としても活躍しアロマポットなどに入れておいて
も空気中のウイルスや細菌などを抑えますので、効果が期待できま
す。
香りは爽やかですが、匂いになれていない方は、エキナセアをお勧め
いたします。

★風邪にかかりにくい体質を作るために・・・・
 最近、若い方でもお年を召された方でも疲れている方が多いのが
気になります。
 多くの方は、ストレス社会で消耗し、おまけに食事は便利さを求め
すぎたあまり、カロリーはあるけれど、必要な栄養が取れない状態に
なってしまっています。貧血とドロドロ血液の方がほとんどです。
3年前からは、体質改善が急務だと実感し、栄養補給しながら、解
毒力を高める酵素飲料をお勧めしています。
1回約40CCの飲用で、血液が30分できれいに変化しますが、食
事の改善とセットで体質改善をはかっていくことで、血液の汚れや貧
血を改善していきます。
健康な血液を造ることが、健康の基本的です。
 酵素は体内に溜まった毒素を解毒し排泄しながら、栄養の消化吸
収を高めますので、水で薄めて飲用していくだけで、お肌、体調も
スタイルや精神面での改善も期待できます。
 はじめのうちは、毒素が溜まっていますので、1日50CCを目安に飲
用していきます。
だんだんと体調が整ってきましたら、1日30CCにして毎朝飲む習慣
をつけてみてください。半年、1年で別人のように細胞レベルから若返
ります。

酵素を飲用すると、味覚が変わります。身体にとって良いものが食べ
たいと思うようになります。
そして、心が穏やかになり、幸福感が湧いてきます。
免疫力があがって健康になるので、精神的な余裕も出て、人にも優
しくなれます。そして、地球にもやさしいことを考える人になっていくので
す。食べ物は人間の意識を変え、人生までかえる力をもっていると実
感しました。
酵素飲料を飲み始めると、野菜や果物が好きになります。類は類を
引き寄せるのです。
ケミカルなものや加工食品や化学調味料の味が苦手になります。
身体が健康になるものが好きになります。結果的に、心身が健康に
なり、心も前向きになってくるので運が良くなってきます。

☆酵素飲料のもっと詳しい内容はこちらをご覧ください。
http://www.hbi-salon.com/img/index_new/shopping.gif

あるクライアントさんからのお話ですが
「父が癌でなくなる1年前は肉と油ものを好んで食べていました。
痛みがひどく検査した時には、末期癌で身体の11箇所に癌細胞が
広がっていたのです。」とのこと・・・
癌が出来ると、癌が増殖するために必要な栄養が無性に食べたくな
るそうです。癌細胞の生命力に脳が動かされていくんですね。

生活習慣病を予防し、肥満の改善や予防し、免疫力を高め、心身
ともに内面から輝く人になりたい方は、食事のアドバイスもセットでアド
バイスをさせいただきます。3キロ、5キロ、10キロと具体的な数字の
目標をもったダイエットも確実にきれいに健康的に痩せる方法が確立
されています。
どうそ、お気軽にご相談ください。tomiko@hbi-salon.com

私(竹下登美子)は、酵素飲料に出会って、12kg前後スリムになり
ましたが、体重が落ちたこと以上に運が良くなったこと、心が軽くなった
こと、体調が良くなったことが素晴らしかたと思います。

私達は、ありとあらゆる情報や物に囲まれて生きています。
どう生きるか、選択はご本人次第ですが、知らないと損をすることや
無知ゆえに、不幸になるケースも少なくないのです。
お釈迦様は「無知は悪」と言っていますが、知らないことによる悲劇は
知っていて行うよりもコントロールがきかないのでダメージが大きいという
ことだと思います。
HBIでは、現代栄養学や自然療法などをベースに、自分達やクライ
アントさんががトライしてみて感動したこと、良い結果がでたことをお伝
えしていきます。

この度は、ご購読ありがとうございました。
皆様のますますご健勝をお祈りしています。

☆・・☆・・☆       ☆・・☆・・☆
HBIサロン  鈴木清和&竹下登美子
TEL:03−3425−3758
e−mail:tomiko@hbi-salon.com
URL :www.hbi-salon.com

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-07-20  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。