投資

相場生活者の100日戦争〜勝てば先生。負ければ・・

「年間500〜1000万円の利益」を出す発行者が、「一日三冊の読書」の中から生み出すメルマガです。貯金・株式・為替・資産疎開・生命保険等での蓄財術・自分年金作りを紹介します。


全て表示する >

「貴方が淀殿だったら、徳川家康に騙されなかっただろうか?」 ・・・ 相場生活者 31日目

2004/09/10

★★★ 相場生活者の100日戦争 〜勝てば先生。負ければ・・★★★
発行部数 471(+1)(mag415+melma56)     2004.9.10                 vol.31
***********************************
● このメルマガの目的

 これから投資を始め、生活費を稼げるくらいになりたい!
 そんな方のためのメルマガです。

  「誰もがお金の心配をしないで好きな事に専念出来る」

 それが、私の理想とする社会です。そのために一人でも多くの方に”お金の
 力”を身に付けて頂こうと考えています。
   
***********************************
目次

 【1】 戦況報告
  【2】 相場生活者の一日
 【3】 淀殿と徳川家康に学ぶ
 【4】 キヨヒサの本棚

***********************************
【1】 戦況報告 (9月10日7:00)

  昨日の利益                  +9,872円
  本年度の累計利益            +1,490,174円  
  含み損                −5,122,400円
  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−  
  現在の収支状況            −3,632,226円

  今日の朝は嫌な事件から始まりました。

   キヨヒサ:(・_・;) うっ・・・・・・。

   弱美  :(・_・;) どうしたの?

   キヨヒサ:(・_・;) インドネシアでテロ。豪大使館を狙って!

   弱美  :(>_<)  まずいじゃない。

   キヨヒサ:(>_<)  まずいよ。こういう事件があると必ずその
            国の通貨が安くなる。

   強吉  :(*^。^*) まあまあ、一時的なことだから。

  ・・・ さてさて、キヨヒサの運命やいかに?      ・・・ 


 *本日初めての方のために登場人物解説
   キヨヒサ    :このメルマガの発行者
   強吉(ツヨキチ):キヨヒサの強気の心(男性♂)
   弱美(ヨワミ) :キヨヒサの弱気の心(女性♀)
  
 ◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

 ● 参考:現在の建て玉(通貨証拠金取引)    
  現在の為替運用資金               2,000万円
  豪ドル買          90万ドル      80.88円
  本日の値段                    75.46円
  米ドル買          14万ドル     111.22円
  本日の値段                   109.50円
   
     
 ◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎  
************************************
【2】 相場生活者の一日

  ・・・   相場生活者キヨヒサの一日を紹介しています。 ・・・
  ・・・   ノンビリ好きな事をしながら暮らしています。 ・・・

 ★ 今日も株を買う。

  欲しかった株が安くなっているので今日も買います。

  (*^。^*)
  ちょっと、買いすぎかな?

  

  本日現在の株式部門の余裕資金率 65%
 
  例:預入金1000万円  余裕資金率70%
    これは、300万円分株を買って、700万円が現金の状態をいい
    ます。

*********************************** 
【3】 淀殿と徳川家康に学ぶ

  関が原の戦いから豊臣家を滅ぼすまでの徳川家康の策略は素晴らしいもの
  があります。豊臣家の力は強大であり、徳川家康に取っては大きな脅威で
  した。

  そこで・・・。

  徳川家康は、策をしかけます。
  豊臣方の実質的な大将の淀殿は、その策に見事にはまり、滅亡への道を進
  んでいきます。

  この淀殿の姿はよく似ています。
  「詐欺でお金を失ってしまうケース」
  「損を積み上げ、資産がなくなっていくケース」

  そんな目で読んでみて下さい。

  登場人物の紹介
 
  徳川家康 ・・・・ いわずとしれた、徳川幕府の創設者
  豊臣秀頼 ・・・・ 豊臣秀吉の子。豊臣秀吉の死後、豊臣家を継ぐ。
  淀殿   ・・・・ 豊臣秀頼の母。必死で豊臣秀頼を守ろうとする。
  真田幸村 ・・・・ 軍略の天才。徳川と豊臣の戦いで豊臣方につく。
  後藤又兵衛・・・・ 全国に名の知れた知勇兼備の将。徳川と豊臣の
            戦いで豊臣方につく。

***********************************
 
        徳川家康が、豊臣氏を滅ぼした方法

***********************************
 ● 関が原終了

  関が原で、石田三成の率いる大阪方が負ける。
  大阪城には、豊臣秀頼を守るために3万人以上の軍がいました。 

  ここで、立花宗茂や島津義弘は篭城を主張します。ところが、城の中の総
  大将の毛利輝元は、徳川家康と繋がっていました。
 
  徳川家康も、淀殿にこう約束してきます。
  「今回悪いのは石田三成だけです。豊臣秀頼殿は悪くはありません。
   大丈夫、何もしませんので安心して下さい」
 
  どう、考えても嘘っぽい。
  しかし、淀殿は信じてしまいます。
  こういう気持ちもあったのでしょうね。

  「戦争をすればもしかしたら死ぬかもしれない」

  淀殿は、恐怖心とそれを取り払う徳川家康の優しい言葉に惹かれてしまい
  ます。結局、淀殿は篭城しないことを決定する。

  その後の徳川家康の演技も憎いものがあります。
、 ”徳川家康の後は豊臣秀頼”というスタンスを取り続ける。
  それを見た淀殿は、徳川家康を一応信頼し続ける。

  これは、勿論策略であり、徳川家康は豊臣秀頼に天下を渡す気は無かった
  ようです。

  *もしこの時、大阪方が篭城していれば、江戸時代はこなかったかもしれ
  ないのです。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ● 大阪冬の陣

  戦争で負けたとはいえ、豊臣氏の力は強大でした。
  その力を弱めるため、徳川家康はいろいろ仕掛けて豊臣秀頼の力を弱めて
  いきます。

  そして、徳川家康がいちゃもんをつけて戦争を仕掛ける。
  それでも、豊臣秀頼の力は強かった。
  真田幸村・後藤又兵衛らの天才達の活躍により豊臣秀頼方優勢だった。

  徳川家康は困った。このままでは、豊臣に負けてしまう。

  そこで、淀殿に話しをもっていく。
  手順
  ・大阪城に向かってい掘っている穴を見せる(その下で爆弾を仕掛けると
  強迫する)
  ・淀殿ビビリまくる。
  ・そこで、もう一言。
   今、仲良くすれば何もしない。外掘りを埋めるだけで許してやろう。
   (やさしく話す)
  ・淀殿は、安心と思われる徳川の条件を呑む。
   (真田幸村と後藤又兵衛抜きで決めてしまう)

  * ここで、和睦をしなかったらもう一度関が原が起きたかもしれない。
  
  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ● 大阪夏の陣

  外掘りだけのはずが、全ての掘りを埋め立てる。
  これで、かなり豊臣秀頼方の力は弱まります。
  この時点で徳川家康に対抗する力は無くなったのです。

  でも、淀殿はそれがわからない。
  淀殿は、怒って戦争を始める。
  (これは、徳川家康の思い通り)

  真田幸村は、豊臣秀頼が陣頭に立ち戦うことを提案。
  しかし、淀殿の”豊臣秀頼が危ない”という理由で却下される。

  *この時、豊臣秀頼が大将として戦いに参加していたらどうなったであろ
  うか。そうでなくても、真田の猛攻は徳川家康を苦しめた。

  また、柴田錬三郎氏によると、真田幸村がこんなことを提案したという。
   「豊臣秀頼がタイに移住する」
  当時、山田長政がタイで活躍していたことを考えると、嘘ともいいきれな
  い。
   「豊臣秀頼が、タイに行って王様になっていたかもしれない」
  いずれにせよ。様々な豊臣家の可能性を淀殿は潰してしまった。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ● 淀殿は、豊臣家を潰すつもりだったのだろうか?

  そんなはずはないのです。
  彼女は彼女なりに必死だったのです。
  
   「何とか、我が子豊臣秀頼を確実に将軍にしたい」
   「何とか、豊臣秀頼の安全を図りたい」
   「何とか、うまい方法はないのだろうか」
  
  こんな気持ちで一杯であり、必死だったのでしょう。
  その心を一番理解していたのが「徳川家康」だった。

  だからこそ、その心に合う提案をし、裏をかき、追い詰めることが出来
  たのですね。

  彼女にとって本当に為になる提案は、真田幸村や後藤又兵衛の提案でし
  た。しかし、それは彼女の”安全・確実”の心とは、程遠いものだった
  のです。

                     以上、参考文献
                     「真田幸村」 柴田錬三郎
                     「乾坤の夢」 津本 陽
                     「真田太平記」池波正太郎
                     「立花宗茂」 童門冬二

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ● 淀殿を”貴方”、豊臣秀頼を”お金”として考えてみましょう。

  淀殿は、勝てる可能性の高い戦いを2度まけてしまいました。
  (関が原・大阪冬の陣)

  そして、最後は負ける可能性の高い戦いを自分から始めてしまったので
  す。それらは、すべて徳川家康の意のままに動かされてしまった結果で
  す。

  考えて見ましょう。

  皆さんの周りの”徳川家康”は誰でしょう。
  皆さんの周りの”真田幸村”は誰でしょう。

  気が流行る時こそ、”どうかな?”と考える余裕を持っていますか?
  もし、あせって行動していると”徳川家康”の策にはまります。  
  ”徳川家康”は、少しづつ貴方の”お金”の力を削いでいきます。

  気づいた時には、無くなっている。
  それが、代表的な詐欺の手口です。
  また、あせって売買をして損を積み上げる投資家のたどる姿です。 

  そんな、流れにのっているとしたら、要注意です。 
  
 
         ★★★  質問メールはこちら  ★★★ 
         説明がわからない時は、すぐこちらに!
           mametoninzin@yahoo.co.jp
                ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
     
   ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲       
   
    ● 本日のまとめ

     貴方が淀殿ならば、徳川家康に勝てただろうか?      
            

   ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ 
************************************
【4】 キヨヒサの本棚
 
  私の目から見て、”売買手法”の取得・上達に役立つと感じる本を紹介さ
  せて頂きます。参考にして下さい。

 ★ 相場生活者の手法を集めた本です。自分に合う手法探しに役に立ちます。

  「脱アマ相場師列伝」                〜林輝太郎
  ◇購入&詳細↓
  http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4496027801/nihonititisai-22/

 ★ 「3種の神器」の下き方・使い方。
  月足の書き方・場帖の書き方・カラ売りのやり方等。
  ”グラフを書くときのメモリの取り方はどうすればいいの?”  
  実際に実践していくと、こういう悩みが出てきます。
  そんな時に役に立つ本です。 

  「やさしい低位株投資」               〜 旭 洋子
  ◇購入&詳細↓
  http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4496030608/nihonititisai-22/ 

 ● 始めてアマゾンを利用される方へ(500円券プレゼント)。

  始めてアマゾンを利用される方には、もれなく500円の商品券をプレゼ
  ントさせて頂きます。下記アドレスに題名”500円券希望”として、メ
  ールを下さい。必要なのは、”名前・メールアドレス”のみです。

  2日以内に”500円商品券付きアンケート”がアマゾンより送信されま
  す。それに答えるだけです。

             mametoninzin@yahoo.co.jp

************************************
 ● このメールマガジンは、「まぐまぐ」と「メルマ」より発信しています。

  解除はそれぞれ、以下よりお願いいたします。
   まぐまぐ
   http://www.mag2.com/m/0000135701.htm 
   メルマ
   http://www.melma.com/taikai/

************************************
 ● 投資の判断はご自身でお願いします。

  ここで、紹介する銘柄・手法についてはご自身の判断で実行お願致します。
  そこから生じたいかなる損害にも応じることは出来ません。ご理解をお願い
  致します。

 ● このメルマガの廃刊のルール
  このメルマガは、以下の基準のどれかを満たした時廃刊します。

  1、損が膨らみ、預入資金の2,000万円(只今の預け金)が無く
    なった時。

  2、「現在の収支状況」が、プラスになって30日経過した時。

************************************

 【発行者:投資商人 横澤 清久】

 ● 運営HP

  海外移住準備隊
   只今、「読書千冊」挑戦中。
  http://plaza.rakuten.co.jp/homeru/

  日本一小さい歴史書店
   只今、「三国志」連載中。
  http://blog.livedoor.jp/kyohisa1/

  アマゾンへのレビューも提供しています。
  レビュワー名は、これです。
  「日本一小さい歴史書店」

   現在、2338位

************************************
 知人・友人への転送・社内での回覧はご自由にどうぞ。
 (c) Copyright 2004


 
      

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-07-12  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。