経営

IT会計事務所への道

会計事務所がIT化を通じ、顧問先の中小企業のIT化へのポータルサイトとして機能するためのノウハウやコラムなどを週刊で配信。

全て表示する >

【IT会計事務所への道 】 - レモンの原理 -

2004/08/06

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
IT会計事務所への道 http://kaikei.inst.jp/
8/6発行 Vol.5 電子メール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本メールマガジンでは会計事務所がIT化を通じ、顧問先のポータルサイトとして
機能するためのノウハウやコラムなどを配信いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●レモンの原理
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

レモンといえば日本ではおしゃれなイメージがある。これがアメリカの口語では
「欠陥品やはずれ」を指すことになる。逆に、「いかす物やすてきな女の子」はピー
チ(桃)と呼ぶのだそうだ。

レモンとピーチを例えにして市場経済の脆弱性を論じたものにジョージ・アカロ
フの『レモンの原理』がある。商品やサービスの品質はレモンなのかピーチなの
か。これをよく知っている売り手と何も知らない買い手との間には「情報の非対
称性」が存在する。商品に情報の非対称性があるかぎり効率的な取引は成立しな
いというのだ。市場ではレモンだけがレモンまたはピーチとして売り買いされる
ことになっていくことを説明している。

中小企業がIT化を計画するには情報の非対称性をよく認識しておく必要がある。
ここでいう情報とは経営戦略とIT要件である。企業はITの要件定義ができず、
ITベンダーは経営戦略を理解しないのが一般的なのだ。ITの売り手と買い手
には二つの情報の非対称が存在しているのにもかかわらず、安直にITを導入す
る企業が後を絶たない。その結果レモンのITだけが社内に残ることになる。

ピーチはピーチとして、レモンはレモンとして流通させるにはスクリーニングが
有効である。情報を持たない側が情報を多く持つ側に選択肢を示し、相手の選択
行動を通じて情報を明らかにするという手法のことだ。たとえば、入札や相見積
をすれば適正価格が求められる。また、買い手と競争させるオークションでは商
品の適正価値がわかるといったものだ。

スクリーニングが情報を持たない側の行動であるのに対して、情報を持つ側が取
る行動にシグナリングがある。よく知っている方が情報開示につながるようなシ
グナルを発して、商品が良質であることを証明する。たとえば、返品の自由やカ
ルテを開示するといった判断情報を顧客に伝えることで商品の客観性を高めるの
である。

IT化を行う場合、「何のために企業はあるのか」という経営戦略のシグナリング
が必要である。また、「情報を誰にどのように伝えるか」のIT要件についての
スクリーニングも重要になる。この意味において企業とITベンダーとの情報格
差を明確にする作業に税理士事務所の関与が期待されるのである。


…………………………………………………………………………………………………
▼お知らせ
…………………………………………………………………………………………………
IT会計事務所として、中小企業のIT化を真剣に考えられる先生方を募集して
おります。次の文章をお読みいただき、中小企業のIT化についての考え方に
ご賛同いただける先生は、kaikei@inst.or.jp までご連絡ください。


◇―――――――――――――――――――――――――――――――――――◇
▼本メールマガジンに関するご意見、ご感想
◇―――――――――――――――――――――――――――――――――――◇
本メールマガジンの記事に関しての質問、ご意見などございましたら、
kaikei@inst.or.jp までご連絡下さい。

発行元:ITインストラクト会計人会 http://kaikei.inst.jp/
発行担当:神田祐治
◇―――――――――――――――――――――――――――――――――――◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-07-02  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。