ビジネス一般

人生勝ち組への法則

現在の世の中を暗いと読むかチャンスとみるかで、これからの人生が変わってきます。独自の哲学を持ち、夢を持つ人が勝ち残っていく。まずは、自身を冷静に見つめて、勝つためのロジックを組み立てていきましょう!

全て表示する >

人生勝ち組への法則

2005/03/31

<<==========================================================================>>

          ●○● 人生勝ち組への法則 ●○●

<<==========================================================================>>

先の見えない混迷の時代。あなたが暗いと読むか、チャンスとみるかで、
これからの人生が変わってきます。

一億総自信喪失の中だからこそ、
独自の哲学を持ち、夢を持つ人が勝ち残っていく可能性が高くなっていくのです。
いつ、どんな場面においても、成功するチャンスは必ずあります。

まずは、自身を冷静に見つめて、勝つためのロジックを組み立てていきましょう!

------------------------------------------------------------------------

【【【 月々家賃なみの支払いで夢のマイホームが買えますよ!! 】】】

不動産屋のセールスで衝動的にマンションを購入しました。
(カモがかかったと思われていたのでしょう・・・涙)。

残ったローンは約3000万円以上。(←がび〜ん!)

自己破産予備軍の一員になっていました。

何とかしなければと、思ったのですが
何の能力もない私は 急にお金持ちになるわけありません。

しかし、クリックしたその日から人生が踊りだしました♪

 -----------------------------------------------------------
⇒ http://prsdtsi.web.infoseek.co.jp/kisf/01/tsi/c/index.htm
 -----------------------------------------------------------

 人生失敗しないと学べない事があるんですね!!ヽ(^o^)丿

------------------------------------------------------------------------


第9回 あなたは部下に夢を与えているか? 未来(将来)が見える話をしなさい。
    自分に未来かなければ、部下に未来は語れない。

 もし、あなたが組織の人間で部下がいるとしたら、このことをしっかりと心に
言い聞かせる必要がある。

 これは企業人に限らず、チームで勝敗を競うスポーツの世界であったり、
あるいは家族の主人という立場にも共通する考え方である。

 何人かの人々と一緒になって、ある目標の成果を出すことが要求されている時に、
あなたができることというのは全体の何分の一の比率でしかない。
組織が大きくなればなるほど、あるいはあなたの地位が高くなればなるほど、
あなた自身、直接手を下せることは逆に少なくなっていく。
したがって、部下や仲間がどのように手足となって、あなたを助けてくれるかが
成功の鍵になる。

 松下電産の創業者である松下幸之助さんやホンダの本田宗一郎さん、
ソニーの井深大さんは日本のというより世界の産業史に残る偉大な経営者である。
彼らが会社を始めた頃というのは、どこにでもある町工場からのスタートだった。
松下さんにしても本田さんにしても自らが電球のソケットをつくつたり、
オートバイを修理したのだ。井深さんにしても小さな鉱石ラジオを数人の仲間と
つくる一技術者に過ぎなかった。

 しかし、会社が大きくなり従業員が増えてくると、松下さんはいつまでも現場で
電球のソケットをつくっているわけにはいかない。本田さんも井探さんも同様に、
部下に実際の仕事の大部分を任せなくてはならなくなる時がきた。
そして、彼らは自分の夢を部下に伝え、実現していくことに成功したのである。

 ヤクルト監督を辞任し、請われて阪神の監督になった野村克也さんは、
小さい頃、グローブも満足に手にできない家庭に育ちながら、親孝行をしたい一心で
プロ野球球団と契約し、三冠王を取るまでに精進した。現役時代の彼は貧しくとも
夢を持ち、その夢を具体化するために人並み以上の努力と情熱を注いで夢を現実化した
人である。

 ところが、自分でプレーをして成績を上げていた選手時代を卒業して、
監督業になると自分のやりたい野球のスタイルを、今度は若いプレーヤーに託して
実践してもらわなければならなくなる。

 経営者や監督がどんなに高邁な考え方やすばらしい戦術を持っていたとしても、
実際に動いてくれる従業員やプレーヤーたちがその通りに動いてくれないことには、
結果的に何も彼らの功績にはならないのである。

「部下が思う通り動いてくれなかったから…」よくある上司の弁解であるが、
こんな言い訳はリーダー失格の意味しか持たない。
部下が思う通りに働いてくれなかったのは、部下が動くような夢を与えられなかった
からである。リーダーの夢が部下のモチベーションになるほど強いものでなかった
ということにほかならない。「敗軍の将は兵を語らず」。負けてから何を言っても
人はそれを認めてはくれない。それが現実である。 これは、何も大会社の社長、
プロスポーツの監督に限った話ではない。部下を数人でも持った上司であるあなた。
あるいは家族の大黒柱のあなた。どんな組織でもいい、人をリードしなければならない
立場にいる方には、ぜひ考えていただきたい組織を勝たせるための
重要な要素の一つである。

------------------------------------------------------------------------

【【 この冬に肥えた、あなたの体!どうします!?(≡д≡) ガーン 】】

だんだんと暖かくなってきましたね〜!春はもうすぐです!

この冬においしいものを食べ過ぎて、体が肥えてませんか!?

いつまでも厚いコートは着ていられませんよ〜〜〜!( ̄▽ ̄) ニヤ

 -------------------------------------------------
⇒ http://glk.tsukaeru.jp/achieve/tar/top.htm
 -------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------

<<==========================================================================>>

●○● 人生勝ち組への法則 ●○●

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-06-11  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。