投資

桜井信一郎の株式フリーウェイ「道」

桜井信一郎が投資の「道」を独断と偏見でわかりやすく解説。テクニカル分析の使い方から心理分析、注目個別銘柄や今後の動向など盛りだくさん。ビジネスの発想転換のヒントにも。

全て表示する >

桜井信一郎の株式フリーウェイ「道」

2004/06/25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
桜井信一郎株式フリーウェイ「道」 2004年6月25日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ なんて簡単なのだ!「株式投資の成功法則」とは?
  http://www.greencard.co.jp/tousi.html

○ 桜井信一郎のホームページ(デイトレード特集です)
  http://www.greencard.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さんお元気ですか。「元気があれば何でも出来る」桜井信一郎です。

今回は、偉大な投資成功者の本をなぜ買ってはいけないかについての考察です
初回ですので、気分を害した方はすぐに解約して下さい。解約場所は最後にあ
ります。

○ 氾濫する偉大な成功者の物語

世の中には投資で成功した人が沢山の書籍を発表しています。書店に行けば、
投資成功に関する書籍とノウハウは巷に溢れ返っています。こうしたものは一
攫千金を狙うギャンブラーあるいは落ち込んだ者の気付け薬のようにがんがん
消費されては消えていきます。バフェットとソロスという2大投資スターの本
だけでどれだけのものが登場しては忘れ去られて行ったか想像もつかないくら
いです。

いろいろな成功者がそれぞれ違うことを言ってそれぞれ説得力があります。ま
た、いろんな手法や技巧が「キャバ嬢」のようにあなたの心をつかまえにやっ
てきます。果たしてあなたはこれまで何人のキャバ嬢に心を奪われたことでし
ょうか。

これだけ情報が氾濫すると何がいいのかわからないばかりか、いろいろ見てい
くうちに自分の頭の中が複雑怪奇となって「今自分はこんなところで何をやっ
ているんだ?何を目指しているんだ?」となってしまいます。しかし、これは
実は当たり前の現象なのです。普通にやっていたら大概こうなります。


○ 偉大な成功者の物語が我々を迷わせる、そして蟻地獄へ。

なぜこんなことになってしまうのでしょうか。答えは簡単です。

まず、偉大な成功者の書籍に書かれていることの多くのことは建前が多すぎま
す。まるで道徳の授業を受けているようなものだからです。キャバクラに興味
を引かれてしまうような我々凡人の英知からは百億光年くらい離れている話を
聞いてもなかなかうまくいかないのです。

成功者が高い次元から語る思考は、成功者の膨らんだ巨大な資産を増殖させる
ための成功者自身に対して自らを正すような高潔なアイデアです。つまり、慢
心したり油断したりあせったりすると富が減少していまうことをよく知ってい
る成功者が「世間に受け入れられる言葉」で「謙虚に」なってまるで遺言を書
くように慎重に文脈を選んだものがほとんどです。真実の一部は含まれていま
すが、「始めはキャバクラ通いをした」という部分は語られていません。

それでは、「射幸心」を刺激する軽薄な投資本はどうでしょうか。「こうして
1億ゲット!」みたいなことを言われて、おいそれと真似する馬鹿はまずいな
いでしょう。これはキャバ嬢にほれ込むことと同じくらい馬鹿であると無意識
レベルで気づいているからです(しかし実際にはキャバ嬢に入れ込む人が後を
断ちません。男の元気の源であるキャバ嬢への需要は株式市場に常に新規参加
者がいるように決してなくなりません。風俗産業へのの需要は永遠に高いので
す)。ただ、射幸心を高めアドレナリンの分泌をよくするのには大変効果があ
ります。

とすると、良書、悪書を問わず多くの書籍やノウハウには実際に役立つ知恵が
一切流通していないことになります。おまけに皆が違うことを言えば、更にわ
けが分からなくなる・・・となります。これでいいのです。なぜならこれが
「世の男の普通のパターン」だからです。

そしてここに第二の問題の構図があります。ここは蟻地獄で、頭が良くてプラ
イドが高い人ほどなかなか抜け出せない、努力すればするほど深みにはまるデ
フレ・スパイラルが恐ろしく働くところです。

投資家は皆「自分は普通じゃない」と思っています。だから投資をやろうと決
意します(どちらかというとちょっと賢いと思っている)。「凡人」なら相場
で勝てないからです。しかし、自分は普通のパターンにはまっていると気が付
いている普通じゃないはずの投資家は何人いるのでしょうか。ここで高潔な思
索ばかりに傾注すると一気に抜け出せなくなるばかりか、恐ろしいくらいの時
間が浪費されることになります。

実はここが大矛盾なのです。

偉大な投資家の「高潔な精神」を真似る努力は一般常識「道徳」です。これら
を極めることは一見素晴らしい努力のように思えますが、実は基礎練習をすっ
飛ばした「恐ろしく怠惰」な方法です。達人の建前を勉強してもそれは、自分
が成功者になって世間にどういうアナウンスをするかという勉強以外にはなら
ないのです。このアナウンスのための勉強は、投資の成功とは無関係と割り切
っていいといえます。


○ では、蟻地獄から這い出して、成功者の列に並ぶためには?

「急がば回れ」といいます。成功するためには、成功者が始めキャバ通いをし
たところを地道に着目して、ここからなぞるのが早道なのです。しかし、キャ
バ通いのコツを真摯に話す成功者が果たしているでしょうか?

もちろん、「投資には努力と勉強が必要だ」「投資では感情のコントロールが
必要だ」「投資には常に謙虚な姿勢が必要だ」。全てごもっとも!私も心底納
得します。そしてこれらの心を忘れるとまずいこともよーくわかります。でも
ここまでは、みなよーく理解しています。

本当に成功するためにはこれらとは「ちょっと違う発想」が有効です。そして、
本当に成功するための「知恵」は実に単純なことでいいのです。

「おいおいよしてくれ、またいつものパターンで売り込みか? 成功のための
知恵? イヤー、そんなものないよ」という意見が多いことは分かります。私
も「どの本がいいか」という書籍選択レベルの話や必勝法や手法レベルの技術
論の話では賛同します。

しかし「成功のための原理原則」というものは、投資に限らずあらゆる世界で
普遍性を持っています。なぜこういう基本的なことを指摘する人がこれまでい
なかったのか実は大変不思議です。それはきっと投資を何か特別なものとして
祭り上げて、自分を特別なものにしたいという欲求を投資家が本源的に持って
いるからでしょう。あとは成功者が自己資産防御のために「謙虚さ」を強調し
すぎることの結果からでしょう。

また、難解で高潔なコンテンツに対する需要は、投資家が「おれは何と素晴ら
しい英知に出会った」と自己満足を得る上で非常に高いことも背景となってい
るでしょう。


○ 高潔な成功論をひたすら極めることだけに未練がある人、やる気のない人
には意味がありません。

当サイトでは、成功者向けではなく、「これから」株式投資で成功を極めたい
と切に願い「成功のためなら多少の出費と努力を厭わない」という方のために
役立つ「シンプルな株式投資の成功法則」を提供しています。

しかし、成功者が自分のために語る道徳に未練たらたらの人には効果がありま
せん。なぜなら、内容は凡人(偉大な成功者も始めはそうだったはず!)でも
理解と実践が出来る非常にシンプルなことだからです。ここに未練のある人は、
崇高な理念を蓄積して成功後に語るであろう成功体験談のアナウンスの文脈の
練り方をしばし勉強してください。

頭のいい投資家の皆様には内容がすぐに想像できてしまう可能性が高いので
(内容が分かっても実践できるかどうかが重要、実はここがノウハウ!、理解
と実践はそれぞれ違う思考回路が必要!)、サイトでは理解の部分のわずかだ
けその片鱗をご紹介しますので、本気で成功したい方は是非購入して実践して
みて下さい。みるみる変化が現れてくることでしょう。

なお、投資の偉大な成功者の言葉はとても貴重であり素晴らしいことを、ここ
で再度表明しておきます。


○ なんて簡単なのだ!「株式投資の成功法則」とは?
  http://www.greencard.co.jp/tousi.html

○ 桜井信一郎のホームページ(デイトレード特集です)
  http://www.greencard.co.jp/

○ 当メルマガ、登録と解約はこちら
  http://www.greencard.co.jp/sample.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ ひまな方や少しでも興味を持たれた方はホームページもご覧下さい。
 桜井信一郎株式フリーウェイ  
 http://www.greencard.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━免責事項━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本メールマガジンは情報の提供を目的としており投資やトレーディングなどの
勧誘や推奨を目的とするものではありません。投資判断は読者自身の責任にお
いて行って下さい。従って当メールの受信と情報に関する一切の責任とそれに
関わる一切の損害賠償責任を発行元と執筆者及びそれに関わる一切の関係者並
びに法人は免れます。転載と転送は発行者の許可を必要とします。 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行者 GREENCARD.CO.JP   編集者 桜井信一郎 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-05-24  
最終発行日:  
発行周期:週間  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。