経営

経営革新羅針盤−経営サポートNPO TASKS発行

経営サポートNPO法人TASKSがお送りするメールマガジンです。専門家集団である弊会が経営革新の「気づきの源泉」、企業経営の開運の扉を開く呪文となる「開けゴマ」となるような情報をご提供します。経営革新の始まりはここからです。

全て表示する >

経営革新羅針盤−TASKS発行-事業承継計画と経営改善計画

2019/08/20


◆  今回の目次  ◆                                  Vol. 532  2019/08/20
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

[[ コラム ]] 事業承継計画と経営改善計画

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[[  コ ラ ム  ]]
  事業承継計画と経営改善計画
────────────────────────────────────

                       中小企業診断士 小黒光司

  事業承継の重要性は以前から叫ばれていますが実態は遅々として進まず
  今後5年以内には多くの中小企業の廃業が予想されております。

  国はこの事態を打開するため、事業承継税制、事業承継補助金、事業承継
  を計画している企業に対する各種補助金申請における加点制度など、各種
  の支援政策を行っています。

  また、事業承継支援センターを始め各公的支援機関や民間コンサルタント
  会社において各種支援を行っております。

  これほど手厚い支援を行っているのに、事業承継がなかなか進まないのは
  なぜでしょうか。
  最大の原因は事業承継のみを見て、承継すべき会社の事業実態をしっかり
  把握していないことにあります。

  現社長は自社の経営状況を正確に把握していないため、将来に対する不安
  を抱えています。後継者としても今後自分が事業を引き受けて、安定した
  経営が出来るかどうか不安になっています。

  M&Aにおいても価値のある会社は少数で、ほとんどの会社は安い価格で乗っ
  取られるという結果になります。

  そこで最も重要なことは自社の経営状況を正確に把握し、将来においても
  安定して経営を継続できるような中期経営改善計画を作成することです。
  将来に明るい希望が描ける企業は、承継者としても安心して後を継げる
  ことになります。

  事業承継が必要な会社の社長はまず後継者候補とともに中期経営改善計画を
  作成してください。
  中小企業診断士は、事業承継計画、経営改善計画作成支援のプロフェッショ
  ナルです。

  お気軽の声をかけていただき、承継者、被承継者を交えた計画づくりを
  始めましょう。

  以上


━編集後記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  まだまだ暑い日が続いています。水分をしっかり取って、熱中症を
  防ぎましょう。(佐川)

━次回予告━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

次回の発行は、2019年8月30日を予定しています。


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-05-24  
最終発行日:  
発行周期:旬刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。