経営

経営革新羅針盤−経営サポートNPO TASKS発行

経営サポートNPO法人TASKSがお送りするメールマガジンです。専門家集団である弊会が経営革新の「気づきの源泉」、企業経営の開運の扉を開く呪文となる「開けゴマ」となるような情報をご提供します。経営革新の始まりはここからです。

全て表示する >

経営革新羅針盤−TASKS発行-消費税の軽減税率制度

2019/04/10


◆  今回の目次  ◆                                  Vol. 519  2019/04/10
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

[[ コラム ]] 消費税の軽減税率制度

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[[  コ ラ ム  ]]
  消費税の軽減税率制度
────────────────────────────────────

                       中小企業診断士 武田圭子

  1.いよいよ今年の10月1日から消費税の税率が8%から10%に
   引き上げられます。
   そして一部の取引については軽減税率8%が適用されます。
   消費税は平成元年4月1日に3%の税率から始まりましたが、
   平成9年4月1日に5%となり、平成26年4月1日からは8%となって、
   現在に至っています。
   消費税の歴史はそのまま平成の歴史といえます。

  2.年号が平成から新年号に代わるタイミングで、消費税の複数税率が
   スタートします。
   今までは消費税がかかる取引なのか、非課税なのかそれとも対象外
   なのかを判断すればよかったのですが、これに軽減税率なのかどうか
   という判定も加わり、消費税申告の計算がますます複雑となります。

  3.それでは、軽減税率の対象品目はというと、一つは酒類・外食を
   除く飲食料品、もう一つは週2回以上発行される新聞(定期購読契約に
   基づくもの)となっています。
   このうち飲食料品(食品表示法に規定する食品をさします。)がわかり
   にくくなっています。

  4.まず酒類は軽減税率の対象外です。外食も軽減税率の対象外ですが、
   テイクアウト・宅配などは軽減税率の対象です。ケータリング等も
   対象外ですが、一部例外があり、有料老人ホーム等で行う飲食料品の
   提供は軽減税率の対象となります。

  5.また食品と食品以外の資産があらかじめ一体となっている
   「一体資産」というものがあります。
   例えばおもちゃ付きのお菓子など、一体となっている資産の価格のみ
   提示されているもののうち、税抜価額が1万円以下で、食品の部分の
   価額が3分の2以上のものに限り、全体が軽減税率の対象となります。

  6.軽減税率の対象となる商品を販売する事業者は、現行の請求書に、
   税率ごとの区分を追加した区分記載請求書等を売上先に交付すること
   となります。

   具体的には、
   イ.軽減税率の対象であることが明らかになるよう「軽減税率対象」
     などを記載
   ロ.税率ごとに区分して、合計した課税資産の譲渡等の対価の額
     (税込み)を記載
   となります。

   帳簿の売上も税率ごとに区分して記載することとなります。
   免税事業者であっても、課税事業者に軽減税率の適用となる商品を
   販売する場合、相手から区分記載請求書等の発行を求められる場合が
   あります。

  7.一方購入する側が消費税の課税事業者の場合、帳簿の仕入れや
   経費を税率ごとに区分して記載し、区分記載請求書等を保存する
   必要があります。

   ただし、3万円未満の少額な取引や、自動販売機からの購入など
   請求書等の交付を受けなかったことについてやむを得ない理由が
   あるときなどは例外となります。

  8.4年後の2023年10月1日からは、適格請求書等保存方式(いわゆる
   インボイス制度)が導入される予定です。

  今免税事業者の方も、課税事業者を選択する必要になる可能性が
  あります。

  以上


━編集後記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  軽減税率が導入されることで非常に複雑な経理を強いられる可能性が
  出てきています。消費経済のためにということですが、事務的には
  中小企業にとって負担感がありますね。(佐川)

━次回予告━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

次回の発行は、2019年4月20日を予定しています。


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-05-24  
最終発行日:  
発行周期:旬刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。