経営

経営革新羅針盤−経営サポートNPO TASKS発行

経営サポートNPO法人TASKSがお送りするメールマガジンです。専門家集団である弊会が経営革新の「気づきの源泉」、企業経営の開運の扉を開く呪文となる「開けゴマ」となるような情報をご提供します。経営革新の始まりはここからです。

全て表示する >

経営革新羅針盤−TASKS発行-リーダーシップについて考える

2017/07/10


◆ 今回の目次 ◆                 Vol. 456  2017/07/10
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

[[ コラム ]] リーダーシップについて考える

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[[  コ ラ ム  ]]
  リーダーシップについて考える
────────────────────────────────────

                       中小企業診断士 宮坂芳絵

  リーダーシップ。

  皆さんは、リーダーシップのある人というと、どんな人を思い浮かべる
  でしょうか。
  多くの場合、ビジョンを描き、 強烈な影響力で人々を引っぱっていく、
  そんなカリスマ的なリーダーの姿が思い浮かぶようです。

  リーダーやリーダーシップについては、多くの人が興味を持ち実証
  研究を重ねてきました。

  その歴史は、100年近くにもなります。優れたリーダーと言われる
  人から特質を導き出そうとした資質論(特性論)。そしてリーダーの
  行動に焦点を当てて、リーダーの取るべき行動を研究した行動論、
  状況によって求められるリーダー像が変わると考えた状況論・・・。

  様々な研究で人や組織を動かすフレームワークが提供されましたが、
  一方で現実的には課題が見つかるなど、いまだ定説的なセオリーは
  わかっていません。

  「最もよく研究されているのに、最も何も分かっていない分野」と
  言われる所以でもあります。

  ところで、近年注目されているのが、リーダーシップ開発論です。
  これは「リーダーには何が必要なのか」ではなく、「どうしたら身に
  つけられるのか」に軸足を置いた考え方です。

  リーダーシップ開発の中で、有名なのがマッコールの研究。この
  研究で得られたこと(研究の結論)は次のようなものでした。

  「リーダーは、自分で実行し、他人が挑戦することを観察し、
  失敗することによって学ぶ。リーダーシップは、天賦(天から
  賦与されたもの。生まれつきの資質。)ではなく、後天的に
  学習・開発可能なものである」

  ちなみに、リーダーシップは一日や二日で身につくものでは
  ありません。リーダーシップ開発のための基礎となるものには、
  業務経験、上司からの学び、研修の3つが挙げられます。

  それぞれのウェイトは、70、20、10です。つまり、自分の普段の
  業務経験がリーダーシップ開発に大きく役立ちます。

  ただし、普段の業務経験の中で大事なことは、単なる経験ではなく、
  一歩踏み出す「ストレッチな経験」である点です。
  ストレッチな経験とは、毎日の業務の中で「ちょっと頑張る」と
  いったもの。

  例えば、普段なら発言しない会議の場で発言をしてみるとか、
  環境を意識して早めに手を打つような報連相を行う・・などの
  身近なものでも良いのです。

  ストレッチ経験をすることはいくつか効果が実証されています。
  一つは、成功の可能性が高いため自己効力感が高まる点。そして
  その結果「継続できる」ため、結果的に小さな一歩を踏み出して
  いくうちに、行動が習慣化され将来的な積み重ねから「リーダー
  シップ行動」が身につくという点です。

  最後にもう一つ、リーダーシップには様々な形があることを忘れては
  いけません。

  強烈な影響力で人々を引っぱっていくカリスマ的なものだけが
  リーダーではありません。言葉は少なくても鋭い洞察を示す
  リーダー、弱々しくても何か助けたいとメンバーに思わせるような
  リーダー、そこにいるだけでホッとする雰囲気を与えるリーダー・・
  など。

  そういう「自分らしいリーダーシップの形」を模索していくことも
  大切です。

                             以 上


━編集後記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  以前、サーバントリーダーシップの考え方に触れたとき、そういう
  リーダーの下で働きたいものだと思ったものです。メンバー側にも
  求めるリーダー像がばらついているようなとき、どうするのかも
  考えたいところです。(佐川)

  佐川は文具を売っています→ http://www.slide-techo.com/
  ※すごい文房具、GetNavi、趣味の文具箱、STATIONARY magazine等に
   掲載され、TBS、テレビ朝日にも取り上げられています。


━次回予告━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

次回の発行は、2017年7月20日を予定しています。



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-05-24  
最終発行日:  
発行周期:旬刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。