経営

経営革新羅針盤−経営サポートNPO TASKS発行

経営サポートNPO法人TASKSがお送りするメールマガジンです。専門家集団である弊会が経営革新の「気づきの源泉」、企業経営の開運の扉を開く呪文となる「開けゴマ」となるような情報をご提供します。経営革新の始まりはここからです。

全て表示する >

経営革新羅針盤−TASKS発行-誰のためにホームページを作る!?

2017/06/20


◆ 今回の目次 ◆                 Vol. 454  2017/06/20
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

[[ コラム ]] 誰のためにホームページを作る!?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[[  コ ラ ム  ]]
  誰のためにホームページを作る!?
────────────────────────────────────

                       中小企業診断士 村上知也

  ◯ 全員に喜ばれるページはできない

  ホームページの中身の作り方について考えていきたいと思います。
  ホームページを作る時に一番に考えるのは、誰に向けて情報を発信
  していくかです。取引先の事業者に向けて情報を発信するのと、
  一般の消費者にむけて発信するのでは、発信する情報の中身は
  変わってきます。

  事例で紹介すると、木工製作の会社に伺った時のことです。事前に
  ホームページを拝見すると、木工細工で作った筆箱や、収納ケース等の
  小物がホームページに並んでいました。

  消費者向けに、そういった木工の小物を販売したいのだろうと見え
  ましたが、実際にお伺いしたところ、対象としたいのは、消費者
  ではなく、事業者でした。

  事業の内容を確認すると、木を中心としたデザインのレストランや、
  展示物の飾り付けをしておられました。

  取引先を確認すると、消費者ではなく、レストランでもなく、
  レストランの設計・施工を行う設計会社や工務店でした。

  上記の木工会社の方向性をまとめると、以下のようになります。

  【対象とするお客さま】 木の店舗設計に強い設計会社・工務店
  【提供したい製品】デザイン性に優れた木工細工をつかった
            レストラン・店舗等の装飾工事

  そうすると、ホームページに木工の小物を並べても、対象とする
  お客さまも違えば、提供したい製品も違い、意味はなかったという
  ことになります。 木の店舗設計に強い設計会社・工務店さんに向けて、

  自社のデザイン力や技術力を伝えるホームページにした方が良かった
  わけです。


  ◯絞った方が、メッセージは届く

  情報発信の方向性として、 誰向けに何をどのように伝えるか?
  といったコンセプトを明確にすることは重要です。

  一方で、明確にして、決定していくのは、なかなか大変なものです。
  うちのお客さんは、消費者も事業者もいるし、提供している商品や
  サービスは、あれやこれやと一杯あるし・・・となる場合は多い
  でしょう。

  しかし、通販の商品カタログを思い出してみてください。たくさんの
  商品が羅列してあるだけで購入したいという気持ちは高まるでしょうか?
  結局、その中で買いたくなるのは、特集されて目立つ商品だったりします。

  自社のホームページも同じです。たくさん商品・サービスがあるなら、
  掲載するのはよいでしょう。
  だたし、並べるだけでは意味がありません。どれが一押しなのか明確
  にして、「あなたにはこれがいいよ!」「御社にはこちらが最適な
  商品です」といったページにする必要があります。

  先ほどの木工会社の例であれば、トップページには、ステキな木の
  レストランの写真を掲載し、そこで当社のデザイン・技術力をアピール
  すべきでしょう。

  誰向けに何を伝えるか、メッセージはお客さまと商品を絞って伝える
  ことを意識していきましょう。


  ◯絞ったほうが検索順位も上がる

  検索順位を上げるために一番重要なことは絞ることです。情報を発信
  したいお客さまを絞り、発信する情報のテーマを絞ります。

  例えば、村上は、「中小企業診断士」なので、「中小企業診断士」で
  検索順位が1位になるとうれしいです。
  しかし、資格の予備校や、診断協会などが上位を占めており、1位を
  取るのは困難です。
  では諦めるか・・・ そうではなく、もう一単語足すと、十分に上位を
  狙えます。

  村上の場合は、ITとか川崎などのキーワード関連が検索上位に出てくる
  ことが多いです。

  村上はIT企業に以前勤めておりましたので、今でもIT関連の仕事をする
  ことが多いです。
  そのため、「IT 中小企業診断士」と探して検索上位に出ると仕事にも
  つながってきそうです。
  同様に、現在、川崎に住んでいるので、「川崎 中小企業診断士」でも、
  上位表示されると仕事につながってくるのではないでしょうか?

  このように絞るとライバルは減ります。減ったところで、確実に検索
  順位を上げ、お客さまに見つけてもらうことを心がけましょう。

                             以 上


━編集後記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ホームページは今や、持っていなければ、会社が存在しないと
  同じくらい重要になっていますね。法務局への登記と同じレベルと
  言ったら言い過ぎでしょうか。(佐川)

  佐川は文具を売っています→ http://www.slide-techo.com/
  ※すごい文房具、GetNavi、趣味の文具箱、STATIONARY magazine等に
   掲載され、TBS、テレビ朝日にも取り上げられています。


━次回予告━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

次回の発行は、2017年6月30日を予定しています。



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-05-24  
最終発行日:  
発行周期:旬刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。