経営

経営革新羅針盤−経営サポートNPO TASKS発行

経営サポートNPO法人TASKSがお送りするメールマガジンです。専門家集団である弊会が経営革新の「気づきの源泉」、企業経営の開運の扉を開く呪文となる「開けゴマ」となるような情報をご提供します。経営革新の始まりはここからです。

全て表示する >

経営革新羅針盤−TASKS発行-働き方改革で兼業副業解禁?

2017/05/10


◆ 今回の目次 ◆                 Vol. 450  2017/05/10
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

[[ コラム ]] 「働き方改革」で兼業・副業解禁の動きがあることを
         ご存知ですか

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[[  コ ラ ム  ]]
  「働き方改革」で兼業・副業解禁の動きがあることをご存知ですか
────────────────────────────────────

                       中小企業診断士 溝口 晃子

  1.「働き方改革」の一環としての兼業・副業の推奨

  昨年末、政府が「働き方改革」の一環として、正社員の兼業や副業を
  後押しする方向にあるとの報道がされました。
  厚生労働省は、毎年「モデル就業規則」を公表していますが、これは
  企業が就業規則を策定、改定する際の参考になるものですが、その
  「モデル就業規則」から兼業・副業禁止規定を廃止し、「原則禁止」
  から「原則容認」に転換するとみられています。

  時代はまさに様変わりしつつあります。
  外資系企業等の中には、実際に原則容認する企業も出てきており、
  こうした変化は、次第に現実味を帯びつつあります。


  2.兼業・副業推奨の意味するところ

  安倍総理は、「兼業・副業はオープンイノベーションや起業の手段と
  しても有効である。わが国の場合、テレワークの利用者、兼業・副業を
  認めている企業は、未だ極めて少ない。普及を図ることは重要である。」
  と発言しています。

  そのうえで、企業等とも連携し、兼業・副業の普及を図っていくこと
  が必要であるとされています。


  3.兼業・副業のメリット・デメリット

  兼業・副業のメリット、デメリットは働く人と企業とで、それぞれ
  あります。

  働く人にとっては、失業リスクの回避、収入増、人脈が広がる、
  新たな技術の取得等がメリットであり、デメリットとしては、二重労働に
  伴う健康や時間管理の問題、休業補償や労災の問題があります。

  企業側のメリットは、副業の経験を本業に活かす、優秀な人材を維持
  することが可能等であり、デメリットとしては、本業に支障が生じる、
  転職されてしまう等が指摘されています。

  それぞれに検討すべき事柄は多いものの、終身雇用が過去のものと
  なりつつある現在、中高年齢層の新たな選択肢としても注目される傾向が
  みてとれます。

  これらを考え合わせた場合、今後は、兼業・副業を認め、それをどの
  ように取り込んでいくのか、企業にとっても大きな課題となるものと
  思われます。

  なお、国は「兼業・副業を通じた創業等を促進するパイロット事業
  (案)」により補助金の交付も検討しており、今後、その動向が
  注目されます。

                             以 上


━編集後記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  兼業、副業は悪いものとして認識されていた時代は終わりを迎えようと
  しているのですね。積極的に、兼業、副業する必要のないケースも
  あろうと思いますが、選択肢が広がるのは良いことでしょう。(佐川)

  佐川は文具を売っています→ http://www.slide-techo.com/
  ※すごい文房具、GetNavi、趣味の文具箱、STATIONARY magazine等に
   掲載され、TBS、テレビ朝日にも取り上げられています。


━次回予告━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

次回の発行は、2017年5月20日を予定しています。



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-05-24  
最終発行日:  
発行周期:旬刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。