経営

経営革新羅針盤−経営サポートNPO TASKS発行

経営サポートNPO法人TASKSがお送りするメールマガジンです。専門家集団である弊会が経営革新の「気づきの源泉」、企業経営の開運の扉を開く呪文となる「開けゴマ」となるような情報をご提供します。経営革新の始まりはここからです。

全て表示する >

経営革新羅針盤−TASKS発行-金融円滑化法の出口戦略

2012/08/30


◆ 今回の目次 ◆                 Vol. 293  2012/08/30
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

[[ コラム ]] 金融円滑化法の出口戦略


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[[  コ ラ ム  ]]
  金融円滑化法の出口戦略
────────────────────────────────────

                       中小企業診断士 豊田 信

  金融円滑化法が来年3月に終了します。この法律は、現下の経済金融
  情勢において、特に厳しい状況にある中小・零細企業の事業主の
  方々を支援するため、地域金融機関が、中小企業等に対する貸付
  条件の変更等を行うよう努力義務を定めたものです。

  以前は、金融機関は条件変更を応諾することにより、融資先企業の
  信用格付けが引き下げられ、貸倒引当金を積み増しする必要があり
  ました。

  金融円滑化法施行以降は、条件変更後1年以内に企業側が経営改善
  計画書を提出すれば不良債権とみなされないことになりました。

  こうした措置が来年3月に終了するため、中小企業は経営力を強化
  することが益々重要になってきます。そこで、国では、中小企業
  経営力強化支援法を今年6月に成立させ、現在、全国各地で支援機関
  等を対象とした説明会が開催されています。この法律は今秋に施行
  される見込みです。

  ポイントは、国が中小企業支援機関を認定する制度を導入すること
  です。中小企業庁のホームページによると、

  『既存の中小企業支援者、金融機関、税理士法人等の中小企業の支援
  事業を行う者の認定を通じ、中小企業に対して専門性の高い支援事業を
  実現します。また、中小機構の専門家派遣等による協力や信用保証の
  付与による資金調達支援を通じ、支援事業を支援します。これらに
  より、中小企業は質の高い事業計画を策定することが可能となり、
  経営力の強化が図られます。』

  とあります。中小企業支援機能を一層強化し、金融円滑化法の出口
  戦略を意識しています。認定支援機関には、地域金融機関や会計士・
  税理士法人、中小企業診断士や行政書士のグループ等の申請が
  見込まれます。

  中小企業の側から見ると、事業計画の策定や経営改善計画の実行を、
  こうした認定支援機関の支援を得ながら進めていくことになります。
  具体的な優遇措置は現段階では未確定ですが、信用保証の付与等の
  資金調達支援は確実に入ってくると思われます。

  中小企業経営力強化支援法は、中小企業支援の柱の1つになる施策
  です。支援者側、企業側ともに注視することをお勧めします。

(中小企業庁ホームページ)
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/2012/0302Kaigai-kaisei.htm

                             以 上


━編集後記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

早いところでは夏休みも終わり、学校がはじまっているようですね。
私のところの息子も、この週末には夏休みが終わります。

中小企業の方々にとっては、円滑化法は一種の夏休みだったのかも
しれませんが、夏休みに力をつけたか、それともそうでなかったかで
今後の差がつくのかもしれません。今からでも遅くないと思います。
宿題、やりきっちゃいましょう。    (佐川)

  佐川は手帳を売っています→ http://www.slide-techo.com/

━次回予告━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

次回の発行は、2012年9月10日を予定しています。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-05-24  
最終発行日:  
発行周期:旬刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。