金融・保険

リアルタイム破産申請!〜ヤミ金行く前に読んでみな〜

この度破産申請する事となりました。これから何が待ちかまえているか、それは私も分かりません。 今困ってる人の参考に、そうでない方も読んで損はありません!

メルマガ情報

創刊日:2004-05-23  
最終発行日:2005-07-18  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

リアルタイム破産申請!最後は誰にも分からない・・・

2005/07/18


 
  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

          
       リアルタイム破産申請!

             〜ヤミ金行く前に読んでみな〜             

                       発行担当 たりらりら

  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


          
          

   ★★今日までの流れ★★  



      ここでは今日までの相談・手続きの流れを書いてみようと思います。


      今後は、弁護士などを通さず、自力で解決するための

      ボランティア団体「つくしの会」の手順に則ってすすめます。

 
   ▲7月×日▲

    
      「よく考えてみて」と帰された前回。
    
      何となくわかっちゃいたんです。

      年明けからやっと仕事見つかって、借金さえなければ

      何とかトントンの暮らし。これからまた調停して

      支払い考えたら、やっていけんのは明白。

       しばらく悩みはしたけれど、その間にも督促は続き・・・。


      「お願いします。」と答えるしかなかった。


   ◆◆破産とは?◆◆

      ここでは破産に関する法律の紹介・説明をしていきます。

  
     今回は「破産・免責」について・その2です。


     破産に関しては色々誤解されている様なので、それについて

     書きましょう。


     1,  戸籍には載りません。載るのは官報です。市役所の外に

        ある掲示板に細か〜い字で書かれた新聞みたいなもんが

        貼ってある、あれです。

         読んだ事あります?官報ってもん自体知らんかった人の方が

        多いでしょう。つまり誰にも知られません。


     2,  選挙権、被選挙権はあります。


     3,  家財道具は守られます。90万相当まで再建費用として

        認められていますので、普通の家財道具は先ず

        手放さなくて済みます。


     4,  会社、辞めなくて良いです。

        まず、上記の通り、知られる事はありません。そして、

        例え知られたとしても破産を理由に解雇する事は法律違反に

        なりますから出来ません。

         ただし、破産者が就けない職業というものがあります。

        そこら辺が誤解されたんだと思います。

        以下に挙げる職業がそれに当たりますが、これも免責決定

        されると解除となります。つまり、この職に就けないのは

        破産決定から免責決定までの2,3ヶ月と言う事になります。


      −公法上の資格制限− 

    弁護士、公認会計士、税理士、司法書士、弁理士、公証人、

    人事院の人事官、国家公安委員会委員、都道府県公安委員会委員、

    金融先物取引所会員(法人)、国民金融公庫役員、教育委員会委員、

    検察審査委員、公正取引委員会委員、不動産鑑定士、陪審員、通関士、

    社会保険労務士、土地家屋調査士、宅地建物取引業者、商品取引所官員、

    証券会社外交員、有価証券投資顧問業者、質屋、

    生命保険募集委員及び損害保険代理店、警備業者及び警備員、

    建設業者および建設工事紛争審査会委員、

    風俗営業者及び風俗営業の管理者、卸売業者、アルコール普通売捌人、

    塩販売人、製造たばこの特定販売業者、旅行業者、

    一般労働者派遣事業者、地質調査業者、著作権の仲介人、鉄道事業、

    索道事業、一般廃棄物処理業者、産業廃棄物処理業者等。 


     −私法上の資格制限− 
 
   代理人、後見人、後見監督人、保佐人、遺言執行者、

   合名会社及び合資会社の社員、株式会社及び有限会社の取締役や監査役。 



    主に他人の金銭や財産を扱う職業なので当然ではありますね。

   塩販売人が入ってんのが驚きです。専売公社だった頃の名残でしょうね。

   時代に合ってないもんもある様な気がしますが法律ですからね。




    〜〜あとがき〜〜

     いかがでしたかしら?

    質問などありましたら下記アドレスまでメール下さい。

          rererenore4989@hotmail.co.jp



      ちょっと愚痴・・・。

     少子化対策したいのか、富国強兵したいのか。

     この国のしたい事はよくわかりません。

  
     産むだけ産まして、生き残れる奴だけ残そうか、いう話かの。

     そう解釈すれば納得行くがの・・・。
        

    次回発行予定は多分2週間以内位で・・・気長にお待ち下さい。


      それでは。




最新のコメント

  • コメントはありません。