国際情勢

Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

全て表示する >

JOG-mel No.1061 公民教科書読み比べ(4):伝統文化を実感する

2018/05/06

■■ Japan On the Globe(1061)■■ 国際派日本人養成講座 ■■

          公民教科書読み比べ(4):伝統文化を実感する

 グローバル化時代には、まず自国の伝統文化の有り難さを実感することが大切。
■転送歓迎■ H30.05.06 ■ 50,795 Copies ■ 4,483,290Views■
無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/

__________
■記念講演 伊勢雅臣『世界が称賛する 日本の教育』■
 「教育を良くする神奈川県民の会」定期総会・講演会
・平成30年5月19日(土)14:00〜
 第1部 定期総会 14:00〜14:50
 第2部 講演会 15:00〜16:30
・かながわ労働プラザ(L プラザ) ホールA
 JR根岸線「石川町」駅北口(中華街口)から徒歩3分
 https://www.zai-roudoufukushi-kanagawa.or.jp/l-plaza/access.html
・会費 1000円
・会場にて伊勢雅臣著書『世界が称賛する 日本の教育』他を定価1,620円→1,000円で販売します。
・申し込み 不要。直接、会場にお越し下さい。
・問い合わせ information@教育神奈川.jp
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■1.「伝統文化の継承と創造」を押しつけられても、、、

 東京書籍版(東書)公民教科書の「1 私たちの生活と文化の役割」では、文化の記述が表面的な次元に留まっていることを前回[a]、指摘した。

 次のセクションは「2 暮らしに生きる伝統文化」だが、ここでの伝統文化の記述も表面的である。伝統文化の例として能と茶道、初詣、ひな祭りなどの写真を掲載する程度の紹介に留まり、その意味する所は説明されていない。

 これで1ページを費やした後、次のページでは「日本文化の地理的多様性」と題して、雑煮における餅の形、汁の種類の地理的分布を地図によって示している。さらに「特徴的」なのは、アイヌ文化と琉球文化について、半ページ近くを使って紹介している。

 生徒たちにとっては、伝統文化を実感する機会もないまま、雑煮の分布やアイヌ・琉球文化の紹介をされても、知識として学ぶだけだ。その後に、「私たちには,伝統文化を継承していくとともに,そこから新しい文化を創造していくことが求められています」と押しつけられても、どうしてなのか、得心がいかないだろう。


■2.「深めよう 伝統文化の継承と私たち」

 この後で「深めよう 伝統文化の継承と私たち」という2ページのコラムがあり、以下の4つの取り組みについて半ページずつ紹介している。

1.日本の伝統文化の魅力を伝える一石川県小松市の全国子供歌舞伎フェステイバル in 小松ー
2.地域の伝統芸能を未来に受けつぐ一宮崎県の子ども神楽一
3.復興への願いを地域芸能にたくす一宮城県石巻市の復興輪太鼓−
4.世界遺産を自分たちの力で守る一島根県大田市の世界遺産学習−

 伝統文化を子供たちの手で継承する取り組みという興味深い内容ではあるが、伝統文化の大切さに関する実感のないまま、これらの記事を読んでも、一部の物好きな子供たちの同好会的な活動として捉えられてしまう恐れがある。

 東書の記述は、文化の表面的な説明に終始していて、文化そのものへの切り込みがない。やはりまずは生徒たちに、伝統文化は自分たちにとって何なのかを、実感を持って理解させることが不可欠なのではないか。


■3.「もったいない」に込められた日本人の「価値観や心情」

 東書の記述にも生徒たちの実感に訴える事例が一つある。「世界に広がる日本文化」のセクションで、次のように述べている。

__________
「もったいない」という日本人の価値観を表す言葉は,ケニア出身の環境保護活動家でノーベル平和賞を受賞したワンガリ・マータイさんによって, ごみの減量(リデュース),再使用(リユース),再生利用(リサイクル)の3Rの考え方を全てふくんだ言葉として高く評価されました。[1, p20]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 その横には、「国際連合本部で演説するワンガリ・マータイさんと演説の内容」と題して、マータイさんの写真とともに、次のように演説の一部を引用している。

__________
 地球温暖化の影響は世界各地ですでに現れています。ケニアでは,1000万人が飢えに苦しんでいます。土地は干上がり,作物はかれ,家畜は死に,子どもたちはおなかをすかせています。これは,何十年にもわたって環境問題を放置し,対応を誤り,地域社会が弱体化してしまったからなのです。
 私たちは,日本語の「もったいない」という言葉にこめられた,物に感謝し,大切にし,無駄にしないようにするという精神で,ごみを減らし,物を再使用し,さらにリサイクルしていかなければならないのです。[1, p20]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 その2ページ前の「伝統文化とは」のセクションでは、以下の一節もあった。

__________
「おかげさま」や「おたがいさま」,「おもてなし」といった言葉にこめられた価値観や心情も,日本の風土の中で形成された伝統文化といってよいでしょう。[1, p18]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「もったいない」という言葉は、「おかげさま」「おたがいさま」,「おもてなし」と並んで、日本人の「価値観や心情」をあらわす重要なキーワードだ。その「価値観や心情」こそが様々な伝統文化を生み出す「根っこ」となっているのである。

「もったいない」を、「世界に広がる日本文化」の文脈で語る前に、まずは、その言葉から日本人の「価値観や心情」を深掘りしていけば、生徒たちが自分の「根っこ」を実感する事ができたはずだ。せっかくの良い入り口を示しながら、そこに立ち止まっているのは、まさに「もったいない」記述である。


■4.グローバル化の中での伝統文化の持つ意味は?

 育鵬社版(育鵬)は、伝統文化そのものに関して、はるかに大きなスペースを割いている。「2 日本の伝統文化」ではまるまる2頁を使って伝統文化を論じ、紹介するとともに、さらに「理解を深めよう 日本の伝統文化」と題して2ページのコラムを設けている。

 この節の冒頭の「伝統文化とは」と題したセクションで、伝統文化を「親から子へ,子から孫へ,長い歴史のなかで形づくられ,伝えられてきた文化」と定義した後で、グローバル化の中での伝統文化の持つ意味について、次のように述べている。

__________
 グローバル化が進み,世界の人々との交流が活発になればなるほど,一人ひとりが,どのような伝統文化をもった社会環境に育ったかがとても大切になってきます。自分の国や郷土の伝統文化に誇りをもち,未来につなげていくこと,そして,それを世界の人々にも伝えることが,私たちに求められています。[2, p26]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 この指摘は、弊誌が「国際人養成講座」ではなく「国際派日本人養成講座」と題している考えにも通ずる、きわめて重要なポイントなのだが、この一文だけで生徒たちに「なるほど」と納得させるのは難しいだろう。もう少し具体的な説明が欲しいところだ。

 グローバル化に関して、東書は浜松市のブラジル人によるサンバフェスティバルや京都での在日韓国・朝鮮人による東九條マダンと呼ばれるお祭りなどを写真入りで紹介しており、これに関連して次のように述べている。

__________
 私たち一人ひとりには、異文化を理解しようとする態度(異文化理解)が求められます。異文化を理解することは,自分の文化に対する理解を深めることにもつながります。[1,p21]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「異文化を理解することは,自分の文化に対する理解を深める」というのは知の次元ではその通りだが、もっと深い情意の次元では、自国の文化への愛着を持てば、他国の文化を尊重する姿勢も育つ。

 たとえば、日の丸に愛着を持つ日本人なら、外国人も自国の国旗に愛着を持っているだろうと察して、そこから自然に他国の国旗を尊重する姿勢も育つ。文化も同様である。グローバル化が進むほど、「自分の国や郷土の伝統文化に誇り」を持つことが大切だ、と育鵬が指摘するのは、こういう意味も含んでいるのである。


■5.自然信仰と祖霊信仰を基底とした日本文化

 育鵬は次の「日本の伝統文化の特徴」のセクションで、以下のように説明している。

__________
 日本人は古くから自然を信仰し,祖先の霊をまつる神道を大切にしてきました。狩猟・採集の時代から,食物をはぐくむ山や海,太陽や水などの自然を「神」として,おそれと感謝の念をいだいてきました。
 のちに,仏教が伝わると,その教えを融合し,お盆や春・秋の彼岸に祖先を祭るようになりました。
 これらは,神社の祭礼や民俗信仰,年中行事だけでなく,皇室の文化や祭祀(神仏や祖先をまつること)の大きな特色でもあります。その土壌の上に,能や歌舞伎などの芸能や相撲や柔道などの武道,そして茶道,書道なども生まれました。[2, p26]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 この一文は日本文化の「根っこ」に自然信仰と祖霊信仰があり、そこから年中行事や芸能、武道、芸道などが生じていったという日本文化の構造を簡潔に言い表しているが、これだけでは、まだ抽象的で生徒の実感には届かないだろう。

 伝統文化の具体例として、続く2ページを使って「日本の伝統文化」と題し、信仰(神道、ひな祭り、精霊流し、除夜の鐘等)、芸道(茶道、華道、書道、歌道等)、武道(剣道、柔道、相撲、なぎなた等)、美術・建築・工芸(絵画、彫刻、社寺、料理等)、芸能(雅楽、能、狂言、歌舞伎、文楽)と、それぞれ写真を示し、一大絵巻物のようにしている。

 この一覧からは、これだけ多彩多様な分野の文化を育ててきた日本人の創造性の凄さが感じられる。ただ、これらの多彩な文化要素の中から、一つでも良いから、生徒が愛着を感じられるような学習が望ましい。そのためには生徒のグループ学習として、特定の1つの文化要素を取り上げ、それがどのように生まれて、継承されてきたのか調べるのが良いと思う。


■6.「世界に類のない国民参加の文化行事」

 その一例となるのが、横のコラムで、歌道について「宮中歌会始」が写真とともに紹介されている内容である。

__________
 毎年1月に皇居では新年最初の歌会が開かれ,日本国民だけでなく海外からも選ばれた和歌が,天皇皇后両陛下・皇族の詠歌とともに紹介されます。
 短歌は,日本のあらゆる伝統文化の中心をなすものの一つといわれていますが,長い歴史を有する宮中の歌会始は,明治と戦後の改革によって世界に類のない国民参加の文化行事となりました。
 2013(平成25)年には東京都練馬区の中学一年生の歌「実は僕家でカエルを飼ってゐる夕立来るも鳴かないカエル」が戦後史上最年少で入選しました。[1, p26]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 同じ中学生の和歌まで選ばれていることで、生徒たちにも歌会始を身近に感じとることができよう。さらに国語の時間で、名歌の鑑賞をしたり、和歌創作の経験でもすれば、神話時代からの和歌の伝統に自分も加わっていると実感できるだろう。

 同様に、「理解を深めよう 富士山−信仰の対象と芸術の源泉」のコラムでは、富士山が「万葉集」以来の歌に詠まれ、浮世絵などに描かれ、また古来からの山岳信仰で畏敬の念を集めてきた事を説明している。

「富士山のふもとにある静岡県富士宮市では,小中学校で富士山学習に取り組み,郷土に誇りをもち,郷土を愛する子どもを育てる教育を行っています」と結んでいるが、このような郷土の文化を学ぶことも伝統文化を実感する方法であろう。

 育鵬では、このように伝統文化を「知」のレベルで説明するだけでなく、「情」のレベルで実感し、愛着を持たせようという方針が際立っている。その情があってこそ、伝統文化を継承しようという「意」が育ってくる。


■7.伝統文化とは先人からの贈り物

 育鵬は最後に「これからの伝統文化」と題して、「さまざまな職業の中にも伝統文化に専門に取り組む」職業があるとして、こう述べる。

__________
 また,日本には大阪にある寺社建築の会社の金剛組(578年創業)をはじめ,千年以上続いている老舗が七社,三百年以上の老舗が三千社以上あり,百年以上の老舗は十万社以上と推定されています。[2, p27]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 老舗企業の多さは国際社会においてもわが国がダントツであり、かつその中には、伝統技術を現代の最先端技術商品に応用している企業もあることを、拙著『世界が称賛する 日本の経営』[b]で紹介した。

 育鵬でも、法隆寺五重の塔の耐震構造が東京スカイツリーに応用された事例も示しているが、単に「伝統技術は大切だから継承を」とお説教するよりも、伝統技術がわが国産業の強みを生んでいる事を生徒たちが実感できれば、自ずから「継承しよう」という意志も湧いてくる。

 こうして伝統文化を実感した後なら、育鵬の以下の結びは中学生たちにも説得力を持つだろう。

__________
 現在,新しい文化を創造し世界に発信し,活躍している日本人はいろいろな分野にたくさんいます。そのすそ野は広く,アニメから科学技術までさまざまな分野におよんでいます。日本の伝統と文化を土台として,そこからはぐくまれた成果が,世界の国々で高く評価されています。
 私たちは,日本の伝統文化の守り手であるとともに,創り手でもあるのです。[2, p27]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 伝統文化とは、先人からの贈り物だ。その贈り物を我々は大切に継承し、より良い物として子孫に残していかなければならない。そのリレーに生徒たちを参加させるには、まずは贈り物の有り難さを実感し、それに愛着と誇りを持つ所から始めなければならない。
                                        (文責 伊勢雅臣)

■リンク■

a. JOG(1056) 公民教科書読み比べ(3):寛容性と多様性の宗教観
 世界では宗教的な対立紛争が絶えないのに、なぜ日本ではいろいろな宗教儀式が共存しているのか?
http://blog.jog-net.jp/201804/article_1.html

b. 伊勢雅臣『世界が称賛する 日本の経営』、育鵬社、H29
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4594076858/japanontheg01-22/
アマゾン「日本論」カテゴリー 1位(H29/3/6調べ)

__________
■伊勢雅臣『世界が称賛する 日本の経営』に寄せられたアマゾン・カスタマー・レビュー 計37件、5つ星のうち4.9

★★★★★ 「三方良し」の「日本的経営」を行うことこそ企業繁栄の源である(織田多宇人さん、ベスト1000レビュアー)

 日本には創業百年を超える老舗企業が十万社以上あると言われている。その中には創業1400年の建築会社「金剛組」、創業1300年の温泉旅館「法師」などもある。それに対して、韓国は創業80年ほどの会社がいくつかあるにすぎず、中国でも創業300年の漢方薬メーカー等百年以上の老舗が数件ある程度である。
 老舗企業には、「革新を続けて来た」、「本業から離れない」、「大自然の不思議な力を引き出し革新的な製品開発に繋げている」の三つの共通性が見られる。

★★★★★ 日本人が本来持つ崇高な理念を再認識させる良書(Amazon カスタマーさん)

 本文で社名と設立年が紹介された企業は、1700年の福田金箔から1949年のソニーまで二半世紀半(見落としご容赦)。長年にわたり常にその底流を流れる理念は、私利私欲に囚われず、縁のある周りの人を幸せにする理念や使命を持って、社会に尽くしてきたことにあります。
 その多くの実例に光を照らした本書は、改めて長久の歴史を経た日本が、今の時代も世間で高い評価を受けることを再認識させてくれました。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 『新編新しい社会公民 [平成28年度採用]』、東京書籍、H27
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4487122333/japanontheg01-22/

2. 『新編新しいみんなの公民 [平成28年度採用] 』、育鵬社、H27
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4905382483/japanontheg01-22/


■前号『ガラパゴス化した日本のマスコミ』へのおたより

■中国では「紅衛兵」世代が70代となって、老人による詐欺事件が多発している(お茶馬鹿さん、中国出身)

 孔子は「三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る、六十にして耳順がう」と「論語」に書かれました。人の考え方は年齢により必ず変わってしまいます。

 この変わり方とは、若ければ若いほど、新しい事に興味があり、既存の社会の枠を打ち破りたい傾向があります。一方、歳を取ると、既存の環境を守り、新しい事をできるだけ拒みたいという傾向があります。

 今回の年齢層別のアンケート結果では、やはり若年層では、日本を新しくする、安倍首相の改革を擁護する人は比較的に多いでしょう。同時に、人が歳を取っていくと、自分の地位、財産、家族を守るという考え方は自然に生まれてきます。これは、年齢層別のアンケート結果に表れています。

 但し、人間には、歳を取っていても、変わらないものがあります。それは、「素質」です。この素質とは、考え方でもなく、性格でもありません。簡単にいうと、身にしみた一種の生き方です。

 五十年前まで、中国は文化大革命のどっ真ん中に陥っていました。その時、社会は無秩序になって、若い「紅衛兵」は平気で人の家に乱入し、破壊や略奪をしていました。

 そして、今の中国では、七十代の年寄りは車に当たって、運転する人から金銭を強請り取る詐欺事件が多発しています。年齢から計算して見ると、この七十代の人達の五十年前では丁度、文化大革命時代の「紅衛兵」です。これは、年寄りは悪人になったのではなく、「悪人」が歳を取ったのです。


■伊勢雅臣より

『お茶馬鹿の「ためになるお話」―中国古典から学ぶ人生の智慧と現代ビジネス』
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4434232096/japanontheg01-22/
は、現代ビジネスでも、中国の古典が重要な知恵を授けてくれる事を示した、興味深い体験記です。

 中国の「紅衛兵世代」と日本の「全学連世代」は同じなのですね。しかし、「全学連世代」に生まれても、きちんとした「素質」をもって、若い頃に当時の浮ついた教育や世相の影響を受けなかった人々もたくさんいます。


 読者からのご意見をお待ちします。
 本誌への返信にてお送り下さい。

====================
Mail: ise.masaomi@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/#!/ise_masaomi
Facebook: Masaomi Ise
Facebook page: https://www.facebook.com/jog.page/
姉妹誌「国際派日本人のための情報ファイル」JOG Wing 
http://blog.jog-net.jp/
購読解除:
・タイトルが「JOG-Mag No.xxx」または「JOG-mel No.xxx」の場合:
 => http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
・タイトルが「JOG(xxx)の場合:
 => http://1lejend.com/stepmail/dela.php?no=xxhsvm&a_mail=###mail###
====================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-02-06  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/05/12

    今後、解禁となるであろうネオ技術を挙げてみる。これらの成功は、まさに早いもの勝ちだ。日本で開発された技術も多い。



    シンラ・タービン→超小型でエネルギー変換効率7割以上。斎藤武雄東北大名誉教授が発明。太陽熱パネルと発電機を組み合わせれば卓上型発電機が可能。冷蔵庫と逆に熱を入れ、電気を出す。太陽熱は太陽光の約5倍密度がある。よって、パネル面積も5分の1。21世紀は太陽光から太陽熱利用に完全シフトする。同タービンは、海洋温度差発電や地熱など温度差さえあれば何でもエネルギー利用でき発電可能となる。



    日本は地熱だけで必要エネルギーはすべて自給される→レスター・ブラウン博士は断言する。さらに、超高率シンラ・タービンを活用すれば、日本は世界に冠たる地熱エネルギー大国になれる。



    風のレンズ発電→大田俊昭九大名誉教授らが提唱する洋上風力発電ファーム。浮体方式で次世代カーボンファイバーでハチの巣構造の浮体上にハゼのレンズをつけた風車を設置。風のレンズで発電効率は4倍。CF構造で寿命は3倍。世界最高性能を誇る。



    エアロ・トレイン→地上約1メートルを時速500キロで滑空する未来列車だ。東北大、小濱泰昭教授が開発。2020年、350人乗り、時速500キロ走行の友人期待の完成を目指している。建設費は新幹線と同じ。運行コストは3分の1以下。さらに、電源は風力と太陽の自然エネルギーで賄う。リニア超特急とは雲泥の差だ。



    エコ・シップ→気泡航行船は前方から気泡を出して海水との摩擦を減らす。海流活用船は凧の原理で船を索引。



    直流送電→エレクトロニクス文明の発達は深刻な電磁波による健康被害をもたらしている。その原因は、交流送電と交流機器にある。これを直流送電にすれば電磁波被害の9割はなくせる。



    無配線送電→二コラ・テスラは無配線送電にも成功している彼が設計。制作した送電塔はニューヨークからロサンゼルスまでの無配線送電実験に成功している。



    海洋温度差発電→佐賀大学を中心に推進している。超高性能マイクロ・タービンの導入で発電効率は飛躍的に向上する。



    砂漠緑化プロジェクト→海水淡水技術を温度差発電とリンクすれば中東砂漠地帯などを緑の沃野に変身させることができる。



    藻バイオマス発電→水草が発電資源になる。滋賀大、伴修平教授らが推進している。刈り取った水草をメタン発酵させ、それを発電に利用する。



    木材バイオマス発電→木材加工の木くずを、ペレット燃料に加工し、廃棄物処理がエネルギー資源となる。



    ローマン・コンクリート→ローマ時代に活用された建築材料を使う。現代のコンクリートの2倍以上強度があり、寿命は2000年である。



    超高速列車→イーロン・マスクが発表紙世界の度肝を抜いた。ジェット旅客機より早く、巨大な筒の中を空気圧で走る。掃除機のチューブを連想すればよい。列車は空気銃の弾ように猛スピードで飛ぶ。約10年で実現化する。