国際情勢

Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

全て表示する >

JOG-mel No.947 「在日特権」という不幸

2016/04/17

■■ Japan On the Globe(947) ■■ 国際派日本人養成講座 ■■

         Common Sense: 「在日特権」という不幸
           
「在日特権」が在日の人々を「宙ぶらりん」の不幸に追いやっている。
■転送歓迎■ H28.04.17 ■ 45,516 Copies ■ 4,169,671Views■
無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/


■1.「我々虐げられてきた在日同胞の権利拡大の始まり」!?

 数年前からネットで話題になっている「怪文書」がある。民主党が平成19(2007)年の参議院選挙で大勝した際に、ヤフー掲示板に「スヒョン」という名の在日の人によって投稿されたとされる「スヒョン文書」である。その一部を紹介しよう。

__________
 計画通り民主党が参院選で過半数を獲得。いよいよ始まりますね。自民党独裁弾圧政治の終わりの始まり。我々虐げられてきた在日同胞の権利拡大の始まり。・・・

・・・生活保護に関してはもうすでに問題なく支給してもらえる状態を勝ち獲っています。同じ条件の日本人がいたら我々の方が有利なやりかたです。これは申請の時にどうやればいいかがマニュアルになっていますからまだ知らない人がいる地域は各支部から配布をお願いします。[1,48]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 在日を貶めるための「偽文書」だという声もあるが、その真義は不明にしても、上記の「生活保護に関してはもうすでに問題なく支給してもらえる状態を勝ち獲っています」という記述をデータで検証してみよう。


■2.在日世帯の15.1%が生活保護を受給

 在日の総世帯数は約19万(平成22年度「国勢調査」)、そのうちの生活保護受給世帯数は2万9千弱(平成23年度「被保護者全国一斉調査」)で、15.1%の世帯が生活保護を受けている。日本の総世帯数5195万余世帯のうちの受給世帯数163万2千世帯、受給率3.1%の約5倍である。

「在日は国籍で差別されて職に就けないから、生活保護受給率が高くなるのは仕方がない」と主張する向きがあるが、在日中国人は1.9%、在日外国人全体は3.9%なので、在日韓国人・朝鮮人の受給率15.1%は、在日中国人の約8倍、在日外国人全体の4倍近くにもなる。

 生活保護は在日韓国・朝鮮人だけでなく、どこの国からの在留外国人も受給することができるので、それ自体は「在日特権」ではないが、この受給率の異常な高さには、それを生み出している特殊な構造があるはずだ。

 この点で「生活保護に関してはもうすでに問題なく支給してもらえる状態を勝ち獲っています。同じ条件の日本人がいたら我々の方が有利なやりかたです」というのは、現実を反映していると考えられる。


■3.生活保護の不正受給

 さらに問題なのは、所得が十分あるのにそれを隠して、生活保護を不正受給しているケースだ。厚生労働省の発表では、平成23(2011)年に摘発された不正受給件数を3万5千余件、金額にして173億円。平成19(2007)年は1万6千件弱だったので、民主党政権期を主としたわずか4年で2.2倍にも増えている。[2]

 不正受給のうちのどれだけかが在日によるものかは、厚生労働省の統計では報告されていないが、「関係者は最低でも在日生活保護受給者の3割は不正受給だろうと推測する」[3,p83]。たとえば以下のようなケースが紹介されている。[1,30]

__________
 2008年6月、埼玉県深谷市の元暴力団員で韓国籍の崔鳳海(チェ・ボンヘ)が、生活保護を不正受給していたとして逮捕された。崔鳳海は職員を暴力行為で脅して、約1800万円の生活保護費を不正に受給していた。

 2013年5月、東京都新宿区歌舞伎町で韓国人クラブを経営する許愛栄(ホ・エヨン)(韓国籍)が収入のあることを隠して生活保護費総額1390万円を不正受給していたとして逮捕された。

 2015年7月、無登録で営む貸金業(闇金融)の収入があるにもかかわらず生活保護費を不正受給したとして、詐欺容疑で神戸市東灘区の康貴人(韓国籍)が逮捕された。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 元暴力団員、クラブ経営者、闇金融など、闇社会に生きる在日が収入を隠して、生活保護を受けていたのである。


■4.「住民税半額」という特権

 生活保護の不正受給と並んで、脱税の問題もある。三重県伊賀市は在日のみ「住民税半額」という措置をとっていた。

__________
 事件の経緯はこうだ。伊賀市在住で住民税半額という在日特権の恩恵を受けていた在日韓国人が、日本に帰化すること検討していた。しかし日本国籍を取得して在日の身分を失えば、同時に在日特権も失うことになり、これまで半額だった住民税が本来の金額になってしまう。

そこでこの在日韓国人は、市役所の総務部長だった長谷川に「帰化して日本国籍になった後も住民税半額の在日特権を使い続けたい」という趣旨の相談をしたという。・・・

長谷川はその要求を受けて「帰化後も住民税は半額のままでいいが、直接自分のところに来て納税するように」と指示し、それをそのまま着服していたということだ。[1,34]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 この長谷川が「納税」分、約1800万円を着服していた事が発覚して逮捕され、「住民税半額」が明るみに出た。

 伊賀市によると、詳しい記録は残っていないが、1960年代後半には在日本韓民団(民団)、在日朝鮮人総連合会(総連)との交渉で始まったようだ。その後の調査で、三重県桑名市や三重郡楠町(現・四日市市楠地区)でも、同様の特権があったことが明らかになっている。

 住民税半額の在日特権は現時点では三重県以外には見つかっていないが、全国規模の民団や総連が関わっていただけに、「全国規模で住民税減免を要求する在日特権獲得運動が展開されたと考えるべきだろう」と[1]は述べている。


■5.「約200人の朝鮮人が区役所に乱入、、、」

 在日がどのように生活保護や住民税半減という特権を獲得していったかについては、いくつかの事件から推測できる。[1,p29]

__________
・長田区役所襲撃事件(1950年11月20日〜27日)
 生活保護などを要求する約200人の朝鮮人が区役所に乱入し、警官隊と乱闘。約900人の朝鮮人が朝鮮学校に武装して終結し、警官隊と衝突。

・下里村役場事件(1951年10月22日)
 兵庫県河西郡の下里村役場に押しかけた約200人の在日が生活保護などを要求し、職員を取り囲んで集団暴行を加えた。

・半田・一宮事件(1951年12月3日〜11日)
 愛知県の半田税務署に朝鮮人集団が乱入し税務署長らを監禁。半田市役所、名古屋市港区役所、一宮税務署、名古屋市役所なども襲撃を受けた。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 この時期に在日韓国・朝鮮人の生活保護受給者は激増している。厚生省社会局の発表では、1951年の6万2千余人が、1955年には13万9千人弱となり、在日の4人に一人が生活保護を受給していた事になる。その後の調査で不正受給していた在日が大勢いたことも発覚している。[1]では次のように総括している。

__________
 在日は暴力的手段、あるいは「強制連行の被害者」「差別をやめろ」などと恫喝して、職員に圧力をかけて日本各地で生活保護を認めさせていったのだ。実際に在日に監禁されたり、暴行されて重傷を負った職員が何人も存在しているのだから、全国の生活保護担当の職員などは在日が来ただけで恐怖に震えてしまったろう。[1,p26]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 こうした暴力行為は現在も尾を引いてる。平成20(2008)年には山口県の下関市役所で、朝鮮学校への補助金削減に抗議する約60人の在日集団が乱入し、市役所施設の一部を占拠するという事件が発生している。[1,p27]


■6.「国籍以外は日本人と変わらないのに」

 平成26(2014)年、中国籍の80代女性が永住外国人にも生活保護を支給すべきとして裁判を起こしたが、最高裁は「永住外国人は生活保護の対象ではない」との判決を下した。

 この女性は日本で生まれ育ち、中国語も話せないことから、代理人弁護士は「国籍以外は日本人と変わらず、きちんと生活してきた人には法律上の保護も認めるべきだ」と語った。こういう意見が出ること自体、現在の日本社会が国籍の本質を忘れている証左である。

 生活保護は、憲法第25条の「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」に規定された「国民の権利」を保障するための手段である。

「国民の権利」であるから、外国民に同じ権利を保障する義務は日本国にはない。韓国籍の人々は韓国政府が面倒を見るべき、というのが国際社会の常識である。

 これは次のような例で考えれば、分かりやすいだろう。ある家に、そのうちの子どもと下宿人が同居していたとする。子どもが困窮すれば親は助ける義務があるが、下宿人が食うに困っても、大家として助ける義務はない。「下宿代を払っているのに」とか「戸籍以外には、そのうちの子どもと違いはないのに」と言っても通らない。

 親は戸籍上の子どもを扶養する義務はあるが、戸籍上、赤の他人である下宿人を養う必要はない。戸籍の違いが、扶養の義務の有無を決める。下宿人が生活に困ったら、自分の戸籍上の親に助けを求めるべきなのだ。

 国家も家族も、お互いに助け合うべき共同体である。日本で生まれようが、税金をいくら納めようが、共同体の一員でなければ、助け合いの義務は生じない。

 この意味で、在日韓国人・朝鮮人が韓国籍・北朝鮮籍のまま、日本国民と同様の生活保護を受けているのは、日本政府や地方自治体の「義務」ではなく、「善意」によるものに過ぎない。そして不正受給している輩は、その善意を悪用しているのである。


■7.国籍をとるという事

 日本で生まれ、日本語しか話せず、「国籍以外は日本人と変わらない」のなら、日本国籍をとって帰化すればよいはずである。しかし、国籍をとるという事は、どういう事かを我々は理解する必要がある。

 たとえば、世界中から移民を受け入れているアメリカで国籍をとろうと思ったら、次のような要件を満たさなければならない。

__________
1. 永住資格を取得後5年間居住すること
2. 道徳的人格を備えた者であること(素行が善良であること)
3. 米国文化を理解するために必要不可欠な読み、書き、話し、聴く、という英語能力を身につけていること
4. 国旗に敬意を払う、国歌を歌う、戦没者に追悼の意を捧げるなどの米国文化と米国政府の仕組みの知識を取得すること
5.「母国への忠誠を放棄し、もし要請があれば武器を持って合衆国軍の一員として戦うことを誓う」忠誠宣言をすること
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 特に5項は国籍の本質を表している。すなわち、ある国の国籍をとるという事は「その国への忠誠を誓う」ということである。

 東日本大震災で、福島原発の危機が伝えられると、大勢の在日外国人が引き揚げた。外国人ならそれで良い。日本国民には、何が起ころうと共同体としての日本と命運を共にするという覚悟が求められている。


■8.どちらの国を選ぶのか、という覚悟

 当然の事ながら、在日には脱税や生活保護の不正受給をせずに真面目に生活している人々の方が多い。在日の15.1%が生活保護を受給をしているという事は、逆に言えば84.9%は自立してやっているのである。すでに日本国籍をとって、日本国民として生きている人も多い。

 脱税、生活保護の不正受給などで、一番迷惑しているのは、真面目に生きている在日や帰化した人々だろう。課税や生活保護支給での法や行政の抜け穴が、一部の在日を不正行為に走らせ、その「在日特権」が多くの真面目な在日の人々にも汚名を着せている。

 そういう意味で、現在、法や行政の抜け穴を小さくするという措置が採られつつあるのは正しい方向である。たとえばマイナンバー制度によって、在日が複数の通名による銀行口座を使い分けて資産や収入を隠す事ができなくなり、脱税や不正受給の道を塞ぐ。

 我が国は法治国家である。在日という特殊な立場を利用して不正な脱税や生活保護受給をする道は許してはならない。法や行政の抜け穴で、一部の在日を犯罪に誘導するような事があってはならない。

 同時に、我が国は古来から、南北端、そして朝鮮半島を経由していろいろな民族を受け入れてきた、いわば多民族国家であったことを思い出そう。

 我が国は、出自は問わず、日本への忠誠、具体的には国家統合の象徴たる皇室を仰ぐ人々を日本国民として受け入れてきた。現在も大陸や半島出身で日本国民として活躍している人も多い。

 在日という特殊な身分の解消には、あと数世代かかるだろうが、いずれ日本国民として生きていくのか、あくまで祖国への忠誠を誓って祖国に帰るのか、どちらかの道を選ぶよう決断を求めて、この宙ぶらりんの不幸な立場を無くしていくのが原則である。
(文責:伊勢雅臣)

__________
週刊メール入門講座「韓国問題−現代編」 「反日ナショナリズム」という病/「日韓友好」に隠された欺瞞/「嘘も百回言えば真実となる」/近くて遠い国 http://bit.ly/19iiKMD
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■リンク■

a. JOG Tweet 韓国(15) 在日特権
生活保護/奨学金差別/大学教員採用差別/パチンコと刑務所/在日特権を生み出したもの/半島に帰れるのか?
http://blog.jog-net.jp/201505/article_11.html

b. JOG(945) 『そうだ難民しよう!』の衝撃
 サヨク・プロパガンダの嘘を暴き、真実を伝えるホワイト・プロパガンダ。
http://blog.jog-net.jp/201604/article_1.html

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 余命プロジェクトチーム『余命三年時事日記ハンドブック』★★★、青林堂、H28
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/479260544X/japanontheg01-22/

2. 厚生労働省社会・援護局保護課『生活保護制度の概要等に ついて』、H25.10.4
chrome-extension://ecnphlgnajanjnkcmbpancdjoidceilk/http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000025830.pdf

3.余命プロジェクトチーム 『余命三年時事日記」★★、青林堂、H27
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4792605369/japanontheg01-22/


■前号「国史百景(19): ウズベキスタンの桜」に寄せられたおたより

■ウズベキスタンの女性に助けられた(ベル子さん)

 ウズベキスタンの桜の話ですが、私はアメリカでウズベキスタンからの移民の女性に聞かされておりました。

 彼女とは、移民向けのESL(英語を教えてくれる学校)で出会いました。ウズベク語とロシア語を話す彼女は、クラス内でグループ分けをする際にいつも私のそばに来て、「私は日本人が好き。あなたと一緒がいい!」と言ってくれました。

 アジア、ヨーロッパ、南米など、地域で分かれる際にも、「ウズベキスタンはアジアです。日本人と一緒です。」と言ってくれました。

 なぜそんなに日本人を好いてくれるのか、ゆっくり話す機会がなかなかなくて聞けずにいたのですが、ある大雨の日に彼女を家まで私の車で送ってあげることになり、その際に教えてもらいました。

 彼女のおじいさん(年齢的に考えると、ひいおじいさんかもしれません)や親戚の人たちは、昔 戦争の後に日本人と一緒に働いていたそうです。(具体的にどんな仕事をしていたのか、というのは彼女は英語で説明が出来ずはっきりしませんが、しきりに耕す、運ぶというジェスチャーをしていました。)

 その日本人たちがとても素晴らしい人たちだったこと、親切だったことを彼女は何度も聞いて育ったのだそうです。その時に、「日本人の場所には花があった。きれいな花 、沢山の木。とてもきれいだった。」と一生懸命に教えてくれました。

 その後、ESLで出身国の文化を紹介する行事があった際、桜の造花や写真を私は持参したのですが、ウズベキスタン人の彼女が「この花!ウズベキスタンにあった花!日本人の花!」ととても喜びました。

 彼女が言っていた「日本人の場所の花」のことを詳しくメルマガで教えていただけて、彼女との会話の中ではわからなかった歴史的な事情も理解出来、本当にありがたい気持ちです。

 東欧・モルドバからの移民は、何故かアジア人蔑視が酷くて 私も嫌がらせをされたことがあったのですが、ウズベキスタン人の彼女がロシア語でモルドバ人を撃退してくれたことがありました。

 立派な日本の先人達のおかげで 、海外に出て困ったときに助けてもらえたのです。本当にありがたいことです。

■編集長・伊勢雅臣より

 立派に生きた御先祖様の余慶ですね。


■「異国の岡」の収容所生活(Tetsuroさん)

 近年、大相撲でモンゴル力士が増えておりますが、その中に ウランバートル出身の方がおられます。ウランバートルと聞くと、ウランバートル捕虜収容所を思い出します。その収容所で我々同胞は苦労したのでしょう。
 
 それから、今は全く聴かれなくなりましたが、戦後の一時期、NHKのノド自慢放送等で良く歌われていた曲に「異国の丘」というのがありました。

 その曲のyoutube を添付しましたので、お聴きください。一つは作曲した吉田正さんの歌、もう一つはプロの歌手の方の歌です。収容された方々の過酷な生活の中のでの、気をまぎらわせる一時も画かれております。
 
YoutubeのURL
https://www.youtube.com/watch?v=DN3Kcl8Gs-I&nohtml5=False

http://bit.ly/1TbLVdF

■伊勢雅臣より

 収容所生活を懸命に明るく生きる先人達の光景が胸に迫ります。

 読者からのご意見をお待ちします。
 本誌への返信、またはTwitterで、@ise_masaomi あて、お送り下さい。

====================
Mail: ise.masaomi@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/#!/ise_masaomi
または本メールへの返信で
姉妹誌「国際派日本人のための情報ファイル」JOG Wing 
http://blog.jog-net.jp/
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
====================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-02-06  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2016/04/18

    在日という特殊な身分の解消には、あと数世代かかるだろうが、いずれ日 本国民として生きていくのか、あくまで祖国への忠誠を誓って祖国に帰る のか、どちらかの道を選ぶよう決断を求めて、この宙ぶらりんの不幸な立 場を無くしていくのが原則である。



    >.....7月9日以降の朝鮮人の扱いについては住民登録の際に国籍が特定される。韓国籍が基本であるが、登録時だけ朝鮮籍の選択が可能のようだ。兵役から納税、帰化については韓国は韓国の法律があり、日本には日本の法律がある。

      ご指摘のケース、つまり韓国が全朝鮮人に韓国籍を付与して無国籍朝鮮人や犯罪者も受け入れるというのは単なる表看板で、人道的改正はまやかしである。

      従前、片親が日本人の場合、未成年者に対しては18才までに選択の意思表示と手続きをしない限りは潜在的二重国籍で日韓どちらの国籍も選択ができた。

      ところが今回の日韓双方の法改正により、未成年潜在的二重国籍者にも登録の際、韓国籍が付与されている。これは日本側の問題ではないので、韓国の改正法の施行規則の扱いがどうなっているかは確認していないが、要するに選択できる権利が剥奪されたのである。 日本人になるには、従来は「日本国籍を希望する」と意思表示すれば済んだものが、韓国人として帰化の手続きが必要となったのである。そこに改正兵役法が絡む。つまり兵役義務が生じ、兵役義務の未履行者は国籍離脱ができないという縛りがかかってしまった。

    とにかく今の韓国は韓のつく者はみな韓国人にしてしまおうというスタイルである。

     未成年者の日本国籍申請についても韓国の相次ぐ法改正に日本も対応を迫られている。

      未成年者の帰化意思表示の年齢一つとっても何歳まで?何歳から?親が勝手に国籍の変更ができるか?等さまざまな問題がある。しかしながら、一連のこの関係は彼らにとっては大問題だが、日本人にとってはなんの関係もない。

      2010年から韓国は露骨な在日棄民法を施行しているが、誰も報じない。唯一、詳細な解説をしていたのは、なんと彼らの天敵、余命であったという皮肉。

      ご指摘の未成年者国籍選択など、露骨な人権侵害である。しかし、現状、日本人で、この問題を指摘して、在日韓国人を助けようなんて日本人がいるだろうか。少なくとも余命はゴメンである。何も書かなければデマだガセだと言われることもない。

      自業自得。在日諸君、勝手にやってくれ!

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/04/17/607-%e6%9c%9d%e9%ae%ae%e4%ba%8b%e6%a1%88%e2%91%ab/

  • 名無しさん2016/04/18

    【拡散希望】小坪慎也・行橋市議 『在日特権』は存在することを証明する! 

    http://togetter.com/li/738062

  • 名無しさん2016/04/18

    「在日特権」

    http://yomei-hanabishi.seesaa.net/article/430551075.html