国際情勢

Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

全て表示する >

JOG-mel 特別号外 渡部昇一「歴史講座」これだけは知っておきたい「ほんとうの昭和史」

2010/10/13



■■■ Japan On the Globe ■■■ 国際派日本人養成講座 ■■■

        渡部昇一「歴史講座」
        これだけは知っておきたい「ほんとうの昭和史」

                                                  伊勢雅臣
■■■■■■■■■■■【特別号外】■■■■■■■■■■■■■


 渡部昇一氏の講演CD「これだけは知っておきたい『ほんとうの昭和史』」を聞いていて、次のような歌を思い出した。

    囲炉裏(いろり)のはたに 縄なう父は
    過ぎしいくさの手柄を語る
    居並ぶ子供は ねむさ忘れて
    耳を傾け こぶしを握る
    囲炉裏火はとろとろ
    外は吹雪

「冬の夜」という文部省唱歌である。

「歴史」(History)とは「物語」(Story)と同じ語源である。祖父や父が一族の物語として、子らに物語ったのが、「歴史」の原型だろう。子らはそれを「自らの物語」として受けとめ、それを自らの拠り所としていくのである。

 渡部昇一氏の講演を聞いていて、この歌にあるように、「耳を傾けこぶしを握る」という思いをした。渡部氏には優れた著書が多数あるが、実際に話される内容を肉声で聞くのは、文字を読むのとまた違う味わいがある、と思った。

 たとえば、尖閣諸島付近の我が国領海内で違法操業をしていた中国漁船が、停船させようとした海上保安庁の巡視船に体当たりした事件で、逮捕した中国人船長を、日本政府は中国の圧力に屈して保釈してしまった。

 渡部昇一氏が物語る次のような歴史を知っていたら、国民はこれが「いつか来た道」だという事を理解するだろう。
[第1巻 「昭和日本に押し寄せる東西の暗雲」後編]

__________
 シナはアヘン戦争以来、屈辱を舐めさせられているので、これを煽るに一番良い手はナショナリズムを興させる手ですね。そして方々で(外国人の)租界を攻撃させました。イギリスの大使館もやられましたし、アメリカもやられましたし、フランスもやられました。昭和2年頃ですね。

 その時に、イギリスの船もアメリカの船も、暴れているシナ軍に対して、揚子江から艦砲射撃をやっているんですよ。ところが日本だけは、幣原内閣の絶対平和主義で絶対、大砲を撃っちゃいかん、ということで、大砲を撃たなかった。

 そのためにどういうことになったかと言うと、上海公使館は徹底的に略奪され、公使夫人も丸裸にされた、ということです。そこにもちろん、多少の海軍軍人がいたわけですが、これも抵抗するな、という命令ですから、完全にみな剥ぎ取られてしまった。

 そうしますとですね、この辺がシナ人なんですね。大砲を撃つ国は止めておこう、大砲を撃たない日本を集中的に襲え、ということになって、いつのまにか、それまではアメリカとかイギリスも襲ってたんですよ。ところが、その後は日本だけが襲われるようになり始めるんですね。

 だから、あの国はこちらが抑制したということは、抑制と見ない。弱さとしか見ない国であると、考えるべきですね。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 こちらが善意で抑制すれば、相手も善意で応えてくれるだろう、というのは、まさに日本社会でしか通じない思い込みであり、戦前の幣原外交はそれで失敗した。今、その歴史を学ばずに、同じ失敗を繰り返したとしたら、まさに愚か者である。

 こういう先人の「物語」に「耳を傾け こぶしを握る」所から、「賢者は歴史に学ぶ」のである。

 渡部昇一氏は、まさに、こういう「いつか来た道」を繰り返させまいとの覚悟で、我々に物語っているのである。


□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

これだけは知っておきたい「ほんとうの昭和史」(全5巻セット)
http://shop.chichi.co.jp/item_detail.command?item_cd=8050&category_cd
                                            
                ※10月31日(日)までの特典アリ(詳しくは下記にて)

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■


このCDは、平成19年に致知出版社主催で開催された、
「渡部昇一「歴史講座」子々孫々に伝えたい『日本の昭和史』」
での講演を収録したものです。

5巻とも、それぞれ一部試聴ができますので、ぜひお試しください。

【ご注文・試聴も併せてこちらからどうぞ】

=> http://shop.chichi.co.jp/item_detail.command?item_cd=8050&category_cd



………………………………………………………………………………
■□■□■□ 渡部先生の歴史講座がCDで新発売! ■□
………………………………………………………………………………


【CD】 これだけは知っておきたい「ほんとうの昭和史」

【講師】 渡部昇一(上智大学名誉教授)

【内容】 ◇第1巻 「昭和日本に押し寄せる東西の暗雲」
―アメリカ移民法とロシア革命

◆第2巻 「ホーリー・スムート法とオタワ会議」
―英米のブロック経済政策と日本の大陸政策

◇第3巻 「右翼という名の左翼」
―統帥権干犯と2・26事件

◆第4巻 「大東亜戦争」
―何故始まり、何故敗れたか

◇第5巻 「東京裁判とその後遺症」

【価格】 25,200円(税込)


………………………………………………………………………………

戦後65年、いまこそ正しい歴史認識を。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■□■□ ご注文はこちらからどうぞ □■□■
(海外在住で商品を購入をされる方へは別途海外便での対応となります)

=> http://shop.chichi.co.jp/item_detail.command?item_cd=8050&category_cd


▼「国際派日本人養成講座」読者様への特典として、
  全員にもれなく、麻生首相(当時)が書店で購入したことが話題になり、
『TV教えてMr.ニュース 池上彰のそうなんだニッポン』でも取り上げられた

『強い日本人への発想』渡部昇一/日下公人/竹村健一(著)をプレゼント!

http://shop.chichi.co.jp/item_detail.command?item_cd=833&category_cd
 
 締め切り10月31日(日)まで



★渡部昇一公認ファンクラブ昇一塾★
会員限定の第4回渡部先生を囲む会が
2010年11月27日(土)に開催されます。
詳しくは「昇一塾」ホームページをご覧ください。
http://www.shoichi-juku.com/



============================================================
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
姉妹誌「国際派日本人のための情報ファイル」JOG Wing
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
購読解除:   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
==========================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-02-06  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2010/10/14

    何時も自分にとっては耳目に新しい貴重な知識を勉強させて頂いて感謝しています。

    処で、今日のメルマガを読んで、下記のことを思い出しました。

    つい最近出版された、藤原正彦著『大いなる暗愚』に、“人は歴史に学ばない”と言うエッセイがありますが、その中にペテルブルグ大學を卒業して現地の新聞社に勤める日本人のNと言う男が、ベルリンの日本大使館に赴任して来たFを訪れ「ロシアとの交渉で一番重要なことは何か」と尋ねたところ、Fは「・・・、誠意を示し信頼を勝ちうるのが基本」と応えたら、「普通の国ならそうかも知れんが、ロシアはその基本が通じない。信頼を築いたと思ったり、約束をしても直ぐ破る。ヨーロッパ諸国や支那にはそれで何度煮え湯を飲まされたことか」・・・「こちらが相手に対して好意を示せばいつかあちらも好意で答えてくれるだろう、と言うのは日本人の考え方だ。 処がロシア側は、日本が譲歩したのは日本に弱みがあるからだ、威圧すれば直ぐ譲歩する国だと受取る」と大体こんな件があって、この会話は明治20年になされたもので、Nは駐露公使後の西徳二郎、Fは駐ベルリン武官、西島安正陸軍少佐のことだと言う。

    だから今も昔も日本人は歴史に学ぼうとしない。 以上です。