トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



JOG-mel No.629 新幹線を創ったサムライたち

発行日:12/27

■■ Japan On the Globe(629) ■■ 国際派日本人養成講座 ■■

           国柄探訪: 新幹線を創ったサムライたち
    
                    世界初の高速鉄道は、無数のサムライ達の
                   献身的な努力で実現した。
■転送歓迎■ H21.12.27 ■ 38,573 Copies ■ 3,232,326 Views■
  無料購読申込・取消: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/

    --------------------------------------------------------
     本年最終号をお届けします。一年間のご購読ありがとうござ
    いました。新年は1月10日から発信を再開いたします。皆様
    と我が国にとって良い年となるよう祈念しております。
                                               (伊勢雅臣)
    --------------------------------------------------------

■1.新幹線開発は日本の不朽の功績■

     温室効果ガスを排出する自動車や飛行機に替わって、高速
    鉄道がグローバルに広まりつつある。現在、アメリカ、ブラ
    ジル、ベトナムなどが導入を計画している。

     この高速鉄道の先駆者が日本の新幹線である。新幹線が開業
    したのが昭和39(1964)年だから、すでに45年前になる。日
    本の新幹線の成功に刺激されて、その6年後に建設が始まった
    のがイタリアのディレティッシマ、さらにその6年後にフラン
    スのTGV、ドイツのICEの工事が始まった。[a]

     1960年代と言えば、鉄道は自動車と飛行機にとって替わられ
    つつある斜陽産業だと考えられていた。また鉄道技術で先進の
    欧州諸国では、試験走行でこそ300キロ以上のスピードを記
    録していたが、一度走ると線路が壊れてしまうので、営業運転
    などとても無理、と考えていた。

     日本が新幹線を成功させて、そんな常識をひっくりかえさな
    かったら、今でも世界は石油をがぶ飲みし、温室効果ガスをま
    き散らす自動車と飛行機に頼るほかなかったであろう。

     新しい地球環境文明の大きな柱として高速鉄道を開発した我
    が国の貢献は不朽である。そして、それは戦後の復興を賭けて
    常識に挑戦したサムライたちの功績なのである。

■2.「線路をまくらに討ち死にする覚悟で」■

     サムライの筆頭が、新幹線建設を推し進めた国鉄総裁・十河
    (そごう)信二である。十河は71歳の高齢で、昭和30
    (1955)年5月に国鉄総裁に就任したのだが、それには事情があっ
    た。

     その数日前、国鉄宇高連絡船が同じく国鉄の貨車航送船と衝
    突して沈没、168人の死者が出て、前任の国鉄総裁が辞任し
    ていた。当時の国鉄は大量の戦後復員者を抱え、改善の見込み
    のない赤字体質、さらに大事故のたびに総裁の首が飛ぶとあっ
    ては、誰も進んで総裁になろうという人はいなかった。

     国鉄出身の十河が心配して、民主党総務会長の三木武吉など
    に後任総裁を進言していたが、誰も引き受け手がおらず、三木
    は「十河さん。そんなにいうんならあんたがやったら」と言い
    出した。十河は高齢と健康を理由に固持したが、

         君の祖国である国鉄は苦難つづきで、いま危機に瀕して
        いるではないか。君は赤紙(召集令状)を突きつけられて
        も祖国の難に赴くことをちゅうちょする不忠者か。[1,p42]

     とまで言われると、明治生まれの十河は返す言葉もなく、
    「俺は不忠者にはならん」と引き受けてしまった。

     十河は総裁就任の記者会見でも「国鉄のため、国民のため、
    最後の御奉公と思い、線路をまくらに討ち死にする覚悟で」と
    思いを述べた。

■3.十河総裁の「討ち死に」■
    
     十河は総裁に就任するとすぐに、国鉄再建の目玉として、東
    海道に広軌新線を敷く案の検討を命じた。東京−名古屋−大阪
    を結ぶ高速鉄道こそ、日本の経済発展を支える大動脈になる、
    との考えである。それは明治の終わりから大正の初めにかけて、
    十河が満鉄時代に仕えた後藤新平の構想だった。

     しかし、今後は飛行機と自動車の時代で、鉄道の衰退は世界
    的な流れと考えられていた。たしかに東海道線は切符もなかな
    か買えないほど混み合っていたが、それは翌年秋に全線電化が
    完成すれば輸送力が増して解決できる問題だと考えられていた。
    国鉄内部で広軌新線の案に賛成したのは一握りの人々だけで、
    十河は内部の説得に努め、同時に政治家や官僚、財界人にその
    必要性を説いて回った。

     ようやく策定された建設計画の投資規模は3千億円を超えて
    いた。国家予算が4兆1千億円程度の時代である。またすでに
    計画が進んでいた東京−神戸の高速自動車道(後の東名、名神)
    の総建設費が約15百億円だった。十河は「すこしぐらいの赤
    字ならあとから俺が責任をもって話をつけてやるから」と無理
    矢理、投資額を2千億円以下に下げさせた。

     昭和33(1958)年12月、3年間の努力が実を結んで、新幹
    線の着工が正式決定となった日の夕方、十河は青山墓地に行き、
    広軌鉄道の先覚者だった後藤新平の墓に、その実現の日がつい
    にやってきたことを報告した。

     十河は総裁を2期8年務め、昭和38(1963)年5月に退任し
    た。せめて1年4ヶ月後に迫った開業式まで留任させてテープ
    カットをさせてあげてはという同情論もあったが、工事費は物
    価上昇も含めて38百億円に膨れあがっており、総裁の責任と
    してそれは許されなかった。

     総裁在任中、政治家たちが地元利益のために新線建設をさか
    んに依頼してきたが、十河はそのような票目当てで経済効果の
    ない建設計画を抑え込み、真に国家が必要とする新幹線建設に
    予算をつぎ込んだために、敵が多かったのである。

     昭和39(1964)年10月1日の新幹線開業式に十河は招待さ
    れなかった。十河はその覚悟通り「線路をまくらに討ち死に」
    したが、その志は立派に果たされたのである。

■4.島秀雄の「あえて火中の栗を拾う」決意■

     十河に任命されて、副総裁格の技師長として新幹線建設の技
    術開発の指揮をしたのが、島秀雄である。実父が戦時中に弾丸
    列車の設計に携わった縁で、「親父さんの弔い合戦をやらんか?」
    と十河に誘われたのである。

     島は電車列車方式、ATC(信号方式)、CTC(列車集中
    制御方式)など画期的な技術開発を成功させ、欧州の鉄道界が
    不可能としていた時速200キロ以上での営業運転を実現した
    ばかりか、開業以来今日まで45年間、一度も大事故を起こし
    ていないという驚くべき安全性をもたらした人物である。その
    足跡は[a]で述べたが、ここでは十河からスカウトされた時の
    逸話のみを紹介しておこう。

     島は終戦後、工作局長として国鉄の近代化に辣腕を振るって
    いたが、昭和26年8月に国鉄を退職した。その4ヶ月前、京
    浜東北線桜木町駅構内で、電気工事のミスから車両火災が発生
    し、106人もの焼死者が出るという大事故が発生した。島は
    その責任をとるとともに、これだけの大惨事に国鉄内部で責任
    のなすりあいをしている姿に嫌気がさして、辞職したのである。

     島はその後、住友金属工業に入り、その技術的手腕で大きな
    成果を上げて役員にまでなった。そんな矢先に十河から、新幹
    線をやるので、戻ってこいと誘いを受けたのである。

     島は「住友金属にお世話になっているから」と固持し続けた
    が、十河は住友金属の社長に会って、島の説得と譲渡方を頼ん
    だ。社長からも勧められては、島も断り切れず、「あえて火中
    の栗を拾う」決意を固めた。住友金属の役員から国鉄技師長に
    転任すると、収入もかなり減ったが、島は冗談交じりに十河に
    語っただけで、以後、二度とそのことを口にしなかった。

     十河が総裁を退任した際に、島も一緒に国鉄を退職した。石
    田礼助・新総裁から「技術面の責任者としてぜひとどまってい
    ただきたい」としきりに慰留されたが、「私は十河さんに呼ば
    れて国鉄に入ったのだから、十河さんがお辞めになるんなら私
    も辞めます」と断った。新幹線も技術的には99%目処がつい
    たという思いがあった。

     島も開業式には招待されず、高輪の自宅から一番列車の出発
    を見送った。
    
■5.零戦の技術が新幹線開発に生きた■

     陸海軍には飛行機や軍艦、兵器などの研究開発に携わってい
    た技術者が大勢いたが、終戦後、そのほとんどが軍の解体で職
    を失い、路頭に迷うところだった。それを見た当時の鉄道技術
    研究所長・中原寿一郎は、運輸次官に対して、

         陸海軍の優秀な技術者をみすみす散逸させてしまうのは
        国家にとって大きな損失。国鉄で引き受けましょうよ。

    と口説き落とし、約1千人の技術者たちを研究所に採用してし
    まった。当時5百人だった研究所が、一挙に3倍以上に膨れあ
    がった。

     海軍航空技術廠で飛行機の振動問題を研究していた松平精も
    その一人であった。世界有数の研究設備と工場も含めて3万人
    もの人員を擁していた海軍航空技術廠にいた松平は、木造のバ
    ラック3棟からなる研究所を見てがっかりした。しかし鉄道で
    の振動の研究論文を読んでいくと、お粗末なものばかりで、
    「これならやることはいっぱいある」と思った。

     この頃の国鉄は脱線事故は珍しくなく、時には100人以上
    もの死者が出ていた。昔からの鉄道技術者たちは、レールの蛇
    行が脱線の原因と考えていた。それに対して、松平は零戦がフ
    ラッター現象(空気流によって機体の振動が増幅していく現象)
    で空中分解した事故を研究した経験から、同じ事が列車で起こ
    り、それがレールを曲げて、脱線にいたると考えた。

     松平がいくら説明しても、フラッター現象などという新しい
    概念を鉄道技術者たちは受け入れなかった。論より証拠と、松
    平は円形の無限レールの上で車両を高速走行させ、その振動状
    況が観察できる試験装置を開発した。ある速度になると突然、
    車輪が左右に揺れだして、松平の仮説が正しかったことが誰の
    目にも明らかになった。

     この試験装置から、高速走行しても横揺れしない車両の開発
    につながった。かつての零戦の技術が、新幹線の誕生に役だっ
    たのである。
    
■6.新丹那トンネル工事に挑む■

     路線建設工事は工期が長く、技術的にも難しいトンネルや橋
    梁から始められた。新幹線ルートはできるだけ最短距離を通る
    ようにしたため、トンネルが多くなった。総延長515キロの
    うち、トンネルの総距離は69キロに達した。

     なかでも最長は熱海の先の全長8キロの新丹那トンネルで、
    最初に着工された。近くを通る東海道本線の丹那トンネルは、
    大正7年に着工されて16年近くを要し、67名もの犠牲者を
    出して、完成されたものである。

     戦争中の弾丸列車計画で、昭和16(1941)年から新丹那トン
    ネルが着工されたが、戦局の悪化に伴い、昭和19(1944)年6
    月に工事が中止された。戦後の新幹線では、この未完成の新丹
    那トンネルでそのまま工事が再開されることになった。

     戦争中のトンネル工事で熱海側の工事区長だった青木礼二は、
    工事中断後もずっとトンネルの保守を続けてきた。新幹線建設
    で15年ぶりにトンネル工事が再開されると、今度は三島側の
    工事区長として、取り組んだ。

     工事途中で、断層から大量の出水があり、掘削中止に追い込
    まれたが、水抜き坑を別途掘るなどして、半年後に工事を再開
    し、4年4カ月で完工にこぎ着けた。青木はこう語っている。

         新丹那トンネルは旧丹那と50メートルしか離れておら
        ず、地質もよく似ている。そこで私は新丹那トンネルの工
        事を再開する際に、『丹那隧道工事誌』という旧丹那トン
        ネル工事の精密な記録をくり返し熟読し、難所や問題点は
        すべて頭の中に入れておいた。このため工期はわずか4年
        そこそこで、直接の事故は全くなかった。これは全く丹那
        トンネルを完成した先人のおかげだ。[1,p219]

     ちなみに、新丹那トンネルから出る大量の水は熱海市の水道
    に利用され、その3分の2ほどをまかなっているという。

■7.「鉄道に入って糞尿の調査とは」■

     新幹線の開発に必要だったのは、こうした最先端の技術ばか
    りではない。もっと泥臭い開発も必要だった。その一つが糞尿
    の処理である。

     当時は、乗客の糞尿は走行する車両からそのまま線路にまき
    散らされていた。そのため、飛散する汚物で沿線の民家の洗濯
    物が汚れるなどの問題が起きていた。このまき散らしの方式だ
    と高速の新幹線では、どれだけ被害が広がるか分からない。

     そのために、糞尿を車両床下のタンクに貯め、それを車両基
    地で処理する方式が考えられた。これは日本のみならず、世界
    でもはじめての試みだった。

     糞尿処理施設の設計のもととなる基礎資料づくりを命ぜられ
    たのが、国鉄に入社して間もない鎌田覚だった。「鉄道に入っ
    て糞尿の調査とは」とぼやいたものの、誰かがやらなければな
    らない、と思い直して、調査に乗りかかった。

     東海道本線の列車のトイレに糞尿のタンクを仮設し、朝7時
    半に大垣を出てから、東京に行き、22時半に大垣に戻るまで、
    トイレのそばに陣取って、乗客の使用回数と時間を調べた。大
    垣ではタンク内の糞尿の量を量り、サンプルをとって、夜行で
    東京に戻り、内容の分析をする。

     こうした鎌田の献身的な調査から得られた基礎データに基づ
    き、世界で初めて列車の糞尿処理の問題が解決したのである。
    
■8.サムライたちの努力の結晶■

     このほかにも、地上げ屋との不眠不休の戦いを続けた用地買
    収係員、品川駅で新幹線のためのスペースを空けるために、複
    雑な在来線の線路や架線、信号、施設の付け替え工事を、まる
    で心臓手術のように、綿密に着実にやり遂げた工事担当者、等
    等、縁の下の力持ちの仕事に、無数の人々が寝食を忘れて取り
    組んだ。

     世界初の高速鉄道がいきなり登場して、驚異的な安全性と事
    業としての成功を達成したのは、ひたすら新幹線の成功のため
    に、それぞれの使命に献身的に打ち込んだ無数の人々の努力の
    賜物なのである。

     サムライを「公のために主体的、献身的に努力する人」と定
    義すれば、まさしく新幹線は無数のサムライたちの生き様の結
    晶である。

     JR東海は、超電導磁気浮上式リニア新幹線を2025年頃に完
    成させる計画を進めており、有人での世界最高時速581キロ
    を達成している。この壮大な計画には、また多くのサムライた
    ちが献身的な努力を続けているのだろう。その姿こそ「大和の
    国」すなわち「大いなる和の国」の強みである。
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(359) 島秀雄 〜 新幹線の生みの親
    それまでの常識を覆した新幹線は、世界の高速鉄道を再生さ
   せた。 
   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h16/jog359.html
b. JOG(145) 台湾の「育ての親」、後藤新平
    医学者・後藤新平は「生物学の法則」によって台湾の健全な
   成長を図った
   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog145.html

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 碇義朗『超高速に挑む―新幹線開発に賭けた男たち』★★、
   文藝春秋、H5
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163471901/japanontheg01-22%22

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■628号「学校の先生が国を救う(下)」に寄せられたおたより

■「ぴろ」さんより

     私にとって、国旗掲揚、国歌斉唱を当たり前、というか空気
    のような存在でした。改まった式典等ではなおさらです。

     でも、大学で知り合った友人から「式で国歌を歌わなかった。
    国旗も同じ。歌わない先生も、起立しない先生もいた」という
    言葉を聞いて大変ショックというか違う世界の存在を知りまし
    た。

     それから十数年。このような光景は当たり前のようになって
    いるようですね。でも私は、多感な時期に国歌と国旗を見てい
    たことで、日本人としての土台ができたような気がします。自
    己が確立していない時に、このような“ごたごた”を目にして
    しまうと、一種の“食わず嫌い”になってしまわないだろうか?
    国旗国歌の存在意義が歪曲してしまうような気がしてなりませ
    ん。

     それに比例するように増大する理解不能な事件の発端は、と
    思うと、日本人としての土台がぽっかりなくなっているからで
    はないでしょうか?国旗国歌への議論は悪いとは言いませんが、
    子供の前でしてしまうと、子供自身の価値観が歪んでしまうよ
    うな気がしてなりません。

■ 編集長・伊勢雅臣より

     サッカーや野球の開会式で、国旗掲揚、国歌斉唱をするのは、
    教育上とても良いことですね。

     読者からのご意見をお待ちします。以下の投稿欄または本誌
    への返信として、お送り下さい。
     掲載分には、薄謝として本誌総集編を差し上げます。
    http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P36920582

============================================================
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
姉妹誌「国際派日本人のための情報ファイル」JOG Wing
             http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
購読解除:   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
============================================================

| 次の記事>> | 最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/06/26
    読者数:
    3900人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17021人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24332人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/26
    読者数:
    5713人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/24
    読者数:
    7041人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

過去の発行記事